カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

ツンデレと美少女ゲームの流行をふり返り、キャラクターとコンテンツ環境の関係を考察(と、TVアニメ『YU-NO』8、9話の感想)

「ツンデレ」と美少女ゲームの流行を軸にして、キャラクターとコンテンツ環境の関係を語ります。それと、(ほとんど澪の話だけですが)テレビアニメ版『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』8、9話の感想です。
アニメ 考察 感想 ゲーム セルフまとめ 創作論 YU-NO
21
しろうと @sirouto
togetter.com/li/1355873 二次創作(同人)市場を、「仮想的な分岐型コンテンツ」と捉えると、見えてくる未来の可能性(と、TVアニメ『YU-NO』7話の感想)
しろうと @sirouto
youtube.com/watch?v=sU7idr… 「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」 アニメPV 第1弾
 拡大
しろうと @sirouto
テレビアニメ『YU-NO』8、9話の感想と、ツンデレキャラについて。
しろうと @sirouto
同じ今期にTVアニメ『さらざんまい』があって、これの作画カロリーが高いので、そちらに時間を取られて、なかなか「YU-NO」の方が更新できなかった。そこで、2話まとめての感想考察だが、ご容赦いただきたい。
しろうと @sirouto
最終回前の「さら」があるので、軽めの話題にしたくて、ツンデレの話にする。ただ、(絶賛放置中の)「萌え理論」ブログの方でも、初期にツンデレの話から始めていたので、個人的には懐かしい話題ではある。
しろうと @sirouto
さて、今回の話題は、「ツンデレ」。なぜ、このお題を選んだのかといえば、本編の方で澪が前面に出てきた。だいたい洞窟が出てくる前後は、澪回と考えていいでしょう。原作でも洞窟が澪ルートだったはず。
しろうと @sirouto
代表的なツンデレキャラといえば、まず『ゼロの使い魔』のルイズが思い浮かぶが、彼女を演じた声優が、釘宮さんだ。そして、今回の澪も釘宮さんなので、ツンデレを話題にするのは、自然な連想だろう。
しろうと @sirouto
原作『YU-NO』からすると、キャラクターデザインも、ストーリーでのセリフなども、原作よりマイルドになっている。これも、時代の流れだろう。
しろうと @sirouto
テレビアニメ版『YU-NO』については、最初は原作のイメージと違っていたので、多大な違和感があったが、アニメが話数を重ねてくるうちに、アニメ独自の世界観に慣れてきた。
しろうと @sirouto
そして、「YU-NO」のヒロインである澪は、今期アニメの中で、かなり良ヒロインだと思うように感じてきた。
しろうと @sirouto
澪のどの辺が良いかというと、ベースはツンデレだろうけど、そのバランスが丁度良くて、心地よい感じ。いろいろなツンデレキャラをふり返ると、ヒステリックに思えたり、冷たすぎたりするキャラもいるから。
しろうと @sirouto
ユーノの澪は、「ツンデレ」と「チョロイン」の中間くらいだろうか? そして、その位置は一周回って、昔からよくあるヒロイン像に、先祖返りしてるような気もする。「好きな子に素直になれない」くらいな。
しろうと @sirouto
ところで、ツンデレキャラのブームは、最盛期が過ぎたように思える。ピークはゼロ年代? まあその時期は、人により実感が違うだろうが、「最盛期が過ぎた」という点については、そんなに違和感はないと思う。
しろうと @sirouto
ツンデレブームの流行が去ったのは、それが「流行りだから」「流行りが移り変わるのは世の常」みたいな、漠然とした印象論で片付けることもできるだろうが、ここでは、もっと踏み込んで考えてみたい。
しろうと @sirouto
ツンデレキャラのブームは、エロゲ/ギャルゲブームや、ノベルゲームの流行の時期と重なっていたように見える。そして、それには必然性があるのではないかと考える。どういうことか?
しろうと @sirouto
ツンデレキャラが有効に機能する環境は、「ストーリーが十分長いこと」だと考える。つまり、ツンデレは、尺が長いストーリーでこそ、有効だと言いたい。なぜ、そう言えるのか?
しろうと @sirouto
「ツンデレ」は、「ツン」から「デレ」に変化していくのが醍醐味だろう。その変化の時間が必要になる。逆に言うと、尺が長いストーリーがあったときに、その尺を有効に使えるキャラが、ツンデレキャラだ。
しろうと @sirouto
エロゲ、ギャルゲ、ノベルゲーム。いずれも、ストーリーが長いことが前提になっている作品が多い。「YU-NO」だって何十時間ものプレイ時間を前提にしているだろう。
しろうと @sirouto
長い尺でずっと同じ反応だと、読者や視聴者も飽きてしまう。そこで、ツンデレのように、反応が少しずつ好転していくキャラが、歓迎されるのは自然な流れだと思うわけだ。
しろうと @sirouto
逆に言うと、なぜ今はツンデレが廃れてきたかといえば、尺が短くなってきているから。基本無料のソシャゲや動画サイトなどがあるので、一本のパッケージを長く遊ぶエロゲのスタイルと、そもそも環境が違う。
しろうと @sirouto
理論を拡張すると、「ツンデレ」に限定されず、キャラクターには生態系があると考えている。それは、動物に生態系があるのと同じことだ。ただし、直接食物を食べるのではなく、市場の評価で淘汰されるのが違う。
しろうと @sirouto
なぜ、キリンの首が長いかと言えば、高いところの植物を食べやすいからだろう。ゾウの鼻も同じで、果実を鼻で取ったりできる。そういう風に進化論的には、環境に適応した生物が、淘汰に勝って生き残ると。
しろうと @sirouto
キリンの首が、高い位置の植物を食べるためにあるように、ツンデレの反応も、尺の長いシナリオ環境で、ユーザを飽きさせないようにするためにある。で、環境に適応してたから、キャラが流行してたと。
しろうと @sirouto
生物学ではなくて情報工学の方を見ても、「遺伝的アルゴリズム」というものがある。最適化問題などで使われる機械学習の一手法だ。そしてこれが、生物の遺伝の仕組みをマネている。
しろうと @sirouto
別の角度で見ると、「YU-NO」に影響を受けて、ループ系のノベルゲームというのが、平成時代にはたくさん出てきた。もちろん、YU-NO自体は、ループというより、パラレルワールドの方が近いけど。
残りを読む(22)

コメント

かりあげチャーハン @Kariage_Chahan 2019年6月17日
とりあえずパー子は、ツンデレ元祖の中でも、だいぶレジェンドだと思うの。
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2019年6月17日
まだ全然見れてないけど、原作のサターン版どハマりしたからどんな風にアニメになってるのか楽しみではある。
mee @mee76800317 2019年6月17日
尺がデレタイミングを決めている説、いい。相思相愛になるとストーリーが終わっちゃうからな。ツン期最長記録はうる星やつらのあたるではなかろか