7

「ライトノベル作法研究所」は作家志望者が集まる単なる個人サイトであり、うっぴー氏は研究者でもプロ作家でもありませんのでご注意ください。


うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
「幸せは金で買える」 ただし他人のために使った場合に限る ハーバード大学の実験 学生にお金と 「このお金を自分のために使って」 「誰かのために使って」 のいずれかのメモの入った封筒を渡す。 すると、誰かのために使った学生の幸福度は増したが、自分のために使った子の幸福度は変化がなかった
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
ギャラップ社は、 「最近寄付しましたか? 自分の人生にどれくらい満足していますか?」といった質問を世界各国でしました。 その結果、ほぼすべての国で「人にお金を寄付した方が、幸せになれる」ということがわかったそうです。 つまり「他人を幸せにするために行動すると、自分も幸せになれる」
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
私の見解ですが「自分を犠牲にしない程度に他人を助けると幸福度が増す」のではないかと思います。 ハーバード大学の調査では、学生にお金を渡して5時までに使うようにうながしました。 あぶく銭なので、無くなっても痛くはありません。 痛みを感じずに他者貢献できたのではないかと思います。
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
なろう小説が人気なのも主人公が「自分を犠牲にしないで他人を助けているから」ではないかと考えています。 例えば、スライム転生のリムルは、ゴブリンの村を救って、彼らの支配者になりますが、リムルにとっては、なんのリスクもない簡単なことです。 自分を犠牲にするのはストレスになります。
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
少年ジャンプでは、ナルトやルフィのように「自分を犠牲にしても仲間を助ける」主人公が活躍します。 ラノベの場合は「読者=主人公」なので、自分を犠牲にするのはストレスが大きく、好まれないのではないかと思います。 漫画は理想的な英雄(主人公)を描き ラノベは理想的な自分(主人公)を描く
mizunotori @mizunotori
ラ研うっぴー、受け売りの知識をコピペしてライフハック系みたいなこと言ってるぶんにはまあ毒にも薬にもならないけど、少しでも創作論に踏み込んだ途端にすごいこと言い出すよな。
mizunotori @mizunotori
「阿良々木くんや上条さんのような自分を犠牲にしてヒロインを救うラノベ主人公が」云々とか言ってた人と対消滅しそう。
mizunotori @mizunotori
ラ研うっぴー、なろう系の例に転スラ出しすぎ問題。
黒彦 @chronocoffee
百合のときも大ボラ吹いてたけど、ほんとめちゃくちゃな嘘つくな
ふじみち @fujimiti_W
前も百合BLの話のときにリアルの同性が嫌いだから同性愛ものを好むみたいな無茶なこと書いてたよねこの人。

以前のツイート

うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
女性がBLを好きな理由とは? 1・女性が嫌い 2・真実の愛に憧れる 3・イケメンが好き 同性愛という社会から抑圧される関係に、女性は損得勘定抜きの真実の愛を見出しているようです。 百合が好まれないのは、女性が嫌いだから。大好きな物だけの世界に没入したい。 itsennryuu.com/whybl/public/bl

うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
主人公に対してヒロインがツンをすると、読者はストレスを感じるので、もうラノベではやってはいけないと言われます。 が、ダンまちのヘスティアのように、最初にデレてからツンするなら、ストレスが回避できるので、今は「ツンデレ」ではなく「デレツン」だと思います。
mizunotori @mizunotori
いつ言われたんだよ!w
キャラメル伯爵@コミケ金曜西お44b @gustav800
元々ツンデレは好きじゃないけどこういう時代なのかなぁ
十内 @vaiken65
今はそんな流れに? >RT
ペンキ @K_izumi_penki
RTはしないけどラ研の人、ラノベでヒロインのツンはやってはいけないって本気で思ってるの……? え、本気で……?
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
ヒロインAがヒロインBに対してツンデレをするなら、読者にストレスを与えないので、キャラ立ちに有効。 「理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?」の第一巻 2018年8月刊行に登場するヒロインはこのタイプ。
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
時代小説はおじいちゃんラノベとも呼ばれて、ラノベとの共通点が多いです。 ・主人公が最強 ・モテモテ ・配下からスゴイスゴイと言われる。 が、主人公が兄に裏切られて、最後に兄を斬るなど、ハードな展開があったりするので、時代小説の読者はストレス耐性が高いと思います。
うっぴー/ライトノベル作法研究所 @ranokenn
女性向けでは、ドアマットヒロインと言われる、とにかく虐げられるヒロインが主人公になる小説がたまに人気になったりするので(十二国記)、女性読者はストレス耐性が高いと思います。 おじいちゃん>女性>男性 の順にストレス耐性が高いように思います。
残りを読む(21)

コメント

ebxy @ebshrimp 2019年6月17日
漫画とラノベという形式の違うメディアの比較なのに、読者層の話になってる時点で手法として使えるような原理原則からずれてるなあ。ライトノベルマーケティング研究所じゃん。しかもどう見ても思いつきレベルなので参考にできない。まあ、プロは商業的な決断が必要だから、藁にもすがるのはわかるが。
spin_out @spin_over 2019年6月17日
なろうで人気の出るパターンの分析として考えると悪くないけど=ラノベ論はどうなんだろう。
ふぁむ氏 @phantom0730 2019年6月17日
「ラノベ読者はストレスを回避する傾向が強い」という結論が先にあって、それを補強する例をチェリーピックするから自家中毒を起こす
アロー@ここが†┏┛墓┗┓†だ @full_focearrow 2019年6月17日
何もかもが雑な気がする。転スラ途中までしか見なかったけどそこそこ自己犠牲場面あったし、BL好きで百合好きで少女漫画好きな人もザラにいるので女性が嫌いという結論は無理がある
ヒロセジロウ✏️ @denjiro13 2019年6月17日
寄付の幸せ度って報告読んだわけではないけど、「寄付できるほどに生活や気持ちに余裕がある=幸せ」ということではと邪推
此岸さくら🌸自炊と漫画 @Jack_O_Cherry 2019年6月17日
SAOとリゼロの時点で5秒破綻しない?って思ったけど彼の考えではラノベに含まれなかったりするかな…(それはそれとしてリムル自己犠牲サイドじゃない?)
イズミ @ni_to 2019年6月17日
まあ、色々と頭でっかちかつサンプル参照数の不足かなと。あとは論の展開の仕方を「私見」「私の仮説」と限定すればツッコミに揉まれて熟議になるのではと思う。
牧島師狼 @bokushisan 2019年6月17日
ライトノベル作法研究所とか言う仰々しい名前掲げてる割に、転スラについて全然読み込んでない感凄い。
牧島師狼 @bokushisan 2019年6月17日
ラノベ代表リムル様の所、赤ペン先生されたら真っ赤っ赤になるレベルやぞ!!
みもれっとぅーん @Mimolettoon 2019年6月17日
かつての利用者がプロデビューしても、ここを一度でも使ってたことをひた隠しにするくらいには恥ずかしいサイトだからな
しらすおろし @shirasuorosi 2019年6月17日
ラノベ=なろう ではないじゃろ?
Ukat.U @t_UJ 2019年6月17日
ゴブスレに至っては自分を犠牲にしない範囲どころかほぼ自分が存在しないレベルまで自らを追い込んでる。自分のものであれば命以外は簡単に投げ出すし、命を投げ出さないのは生きのびてゴブリンを狩るためぐらいの勢い。
denev @_denev_ 2019年6月17日
なろう作品の傾向としてなら、とてもよくわかる。
ニートその3 @apribi 2019年6月17日
主人公=読者ってどっちかっていうとなろう叩いてるやつらの方だぞw
T @FUNDOSHIMASK 2019年6月18日
「自分を犠牲にしても仲間を助ける」を(少年)漫画の主人公と規定するのちょっと筋が悪いぞ。単純にそいつが王道タイプってだけでは。夜神月が悪い顔して笑いそう。そしてまとめでも言われてるが、上条さんスルーは……。
あめかわ @ItiItikawa1 2019年6月21日
時代の価値観が大きいんじゃないかな。漫画家って嫌なことから逃げるな社会のために働けと言われて育てられた世代が多いし、ラノベ作家は社会のためじゃなく自分の夢を見つけろと言われて、なろう作家は嫌なことから逃げても良いんだよナンバーワンよりオンリーワンだよって世代
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする