カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0
亜卍流 @Amanjiru2019
提示していた期限の5月が終わりました。悲しいことですが、再三の契約不履行に対する返金要請と、それに対して示された条件を飲んできたにも関わらず、返金の確認は出来ませんでした。 CryptoHedgeF,通称CHFへの言及を行っていきたいと思います。
亜卍流 @Amanjiru2019
このプロジェクトに対する私の経緯や所感、運営の対応などをスクリーンショットを元に纏めて行きます。私の人間的に不出来な面も垣間見れると思いますが、ご容赦下さい。私の失敗の経験が誰かの参考になれば幸いです。
亜卍流 @Amanjiru2019
私がCHFに参加したのは、increase@仮想通貨(@increas28939526 )というアカウントのツイートがきっかけでした。専用の登録フォームで登録すると 10万円相当のCHFトークンなるものをAirdropで貰える、という内容です。 そしてこれにはKYC認証、身分証明が必要とのことでした。 pic.twitter.com/ETDdDMPvYj
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
このツイートの頃に私はDMを送り、テレグラムでグループに参加しております。運転免許証をKYCとして提出し、この時点で私を特定する個人情報をCHF側に握られてしまいました。この頃に加工した偽の身分証明証を提出して様子見をされた方が、該当アカウントとひとバトルしていたことを覚えています。 pic.twitter.com/6aezFsgFzk
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
登録した事をこのアカウントへ報告すると、すぐに提示したMyEtherWalletへCHFトークン1万枚が入金されました。 その後もこのアカウントの方が行う配布キャンペーンに参加し、ERC20のCHFトークンを頂きました。尚、このトークンは現在時点で売買の術がなく、一般的には無価値と言えます。
亜卍流 @Amanjiru2019
桁を間違っておりました。10万枚のCHFトークンを頂いたようです。 pic.twitter.com/QmxbSJVJ3I
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
ここからCryptoHedgeFの仕掛けが始まります。「CHFトークンには下方条項買戻予約権が実装されました」とありますが、この後に入れられた他の参加者によるグループでは「今回の前にも一度払戻が実行された、私はそれに参加した」と言う方が2〜3名いました。 pic.twitter.com/nsjTRBcNbw
 拡大
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
続きはまたあとで。 少しずつ記録していきます。
亜卍流 @Amanjiru2019
なんか50ETH払ったら24時間以内に払いますとかなりふり構わんラスト集金始めたみたい。飛ぶ直前かな?1ETHなら10日以内とか。なんで配当貰うのに金を払わなあかんねん。えげつな。
亜卍流 @Amanjiru2019
みなさんスクショは必ず撮りまくっててくださいね。
亜卍流 @Amanjiru2019
@goodyear1212121 ありがとうございます😁 そのようですね。ICOでゴミ屑になったものが息を吹き返すかもと期待させておいて、本命はそれに絡めた配当話でのETH集金だったようです。ゴミ屑は集めてもゴミ屑だから、これはスキャムではないかもしれない!と考えてみた私も今となればアホでした😅
亜卍流 @Amanjiru2019
あとね。 払ったものは戻ってきません。私も再参の交渉を行いましたが、あーだこーだ理由を付けてお金は返しません。あまりに毅然とした態度で騙しかけてくるのでうっかり騙されそうになりますが、騙せる参加者はとことん騙してきます。
亜卍流 @Amanjiru2019
こちらと関係があるかどうかは分かっていませんが、CHFサイトと似た作りの仮想通貨が他にもあるようです。そしてそちらもまた…。 ここまで作り込まれているので私もうっかり騙されました。手が込んでいます。 cryptohedgef.com/home/ pic.twitter.com/QXzsUHDgC8
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
手口としてはまず、ICOでゴミ屑になった仮想通貨を、払戻しの特権を利用してICO価格で運営に買い取らせるので、みんなのゴミ屑をワイに任してくれ!的な話です。ここでアホな私は信じてしまったのですが、これこそが罠の餌でした。 pic.twitter.com/BObOW9wW7v
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
私はここで幾つかのゴミ仮想通貨を、運営と名乗る人間(以下運営人)に送金し、16万相当のBTCが🙂2018年12月20日以降に払戻されるという約束をします。 pic.twitter.com/Z5GavFbBgh
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
ですが、肝心の期日が近付くと「申込者が殺到してるので」などという理由で一方的に延期を申し渡されます。ここで少しだけ「あ、これやられたな」と思うわけです。 pic.twitter.com/udh51tcr0W
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
そしてここで運営人から「我々は今までのスキャムICOとは違うし、希望なら参加者を集めたグループに招待する」と持ちかけられます。もちろん入りますと回答。後述しますが、私は後にこのグループから運営人に蹴り出される(BAN)ことになります。 pic.twitter.com/tV445rwZdd
 拡大
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
この参加者グループにはかなりの数が参加していたような記憶があります。その中で古参と言う輩が数名「我々はこの払戻し案件は実は2度目だ、間違いなく1度目は実行された」と言う人がいたのです。一人は「独自にCHFについて調べた何でも質問しろ」という運営代理みたいな人もいました。
亜卍流 @Amanjiru2019
要するに「ポジティブな発言」を大きな声でする人が複数いたわけです。私は天邪鬼なので、その中でも「いやまだスキャムの可能性もあるから…」と慎重な姿勢を見せていました。中には「払戻し延期?」みたいな質問をしている人もいたので「子細の説明なく延期で次回の日程もアナウンスなしですわ!」と
亜卍流 @Amanjiru2019
誤った回答をしてしまった(正確には2月5日以降に延期と記載があった)のですが、これが運営人に目を付けられる理由になりました。
亜卍流 @Amanjiru2019
こんな状態にも関わらず、追加で配当話の一口3ETHで毎日〜毎月配当があるオプション話がありますと、運営から持ちかけられます。そして参加者グループの中では「私は全力で突っ込みます!」とか「100ETH行きます!」みたいな超ポジティブ発言で埋められるわけです。
亜卍流 @Amanjiru2019
3ETH(当時5〜6万円)が2,522,500円になるよ、と。今考えると、なるわけがねぇ!分かります。こんな話に引っかかる方が悪いと。私は素直な方ですが、かなり疑い深い方です。でもこの環境だと何故か信じて一口参加してしまったのです。人間心理を突いた、かなり巧みなやり方です。 pic.twitter.com/nPexpRuavJ
 拡大
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
その後も運営は「200ETH集まったよ」「1000ETHの枠が埋まったよ」などと仕掛けてきます。私は騙されませんでしたが、この頃にグループで異変に気付きます。前向きな発言をしていたとあるアカウントが突然消えたのです。アカウント詳細を見てみると、アカウントは削除されていました。 pic.twitter.com/bqTBMXdA30
 拡大
 拡大
亜卍流 @Amanjiru2019
オプションに参加したと言っていたのに、アカウントを消す?Telegramでしか運営のアナウンスないのに?消すのはあり得なくないか?そう思って過去の投稿に遡ると、他にも幾つかののアカウントが削除されていたのです。これはおかしくないか?そう発言した瞬間、グループから蹴り出されてしまったのです
亜卍流 @Amanjiru2019
運営は先の私の誤った発言を引き合いにだし「あなたは信用が無い」などと言ってグループへ戻すよう要求をしても聞き入れてくれませんでした。ならば私ももう用はないので「じゃあ返金してくれ」となるわけですが「検討します」等と言ってから放置プレイ。これが1月末の話。
残りを読む(95)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする