昔の武士の、居合関係の日本刀の取り扱いに関するお話

侍がどんなふうに刀を使って稽古していたか。居合や柔術では模擬刀や真剣を使って稽古や演武をしますが、そういった武術や武道での日本刀の取り扱いに関する話題。
居合 柔術 日本刀 武士
51
野菜やくだものを試し斬りすること
みんみんぜみ @inuchochin
一応書いておきますけども、町井さんの事を「フルーツ侍」とかバカにする人がいますけど、少なくとも野菜は昔から切られていたので、私としては「なんでそこを批判するん?」という気分です。 twitter.com/inuchochin/sta…
みんみんぜみ @inuchochin
だいたい昔は試斬で人の死体切ってるわけだしな。野菜も藁もたいして変わらんと思うのだけども。
居合の形や礼法と現代での日本刀を扱う作法
みんみんぜみ @inuchochin
これは町井さんに限った話ではないけど、現代の居合(多くの古流居合も含む)をやってる人が稽古の中でも必要以上に刀を大事にするのは、江戸時代のように居合稽古刀や鞘木刀で稽古せず、侍が普段使っていたような拵や高価な芸術的な拵や刀を使うようになった弊害だと思う。
みんみんぜみ @inuchochin
「錆びないように刀身に触れないように納刀する」 「鐺に力をかけないようにする」 「刀が傷付かないように扱う(受けない)」 等々、それぞれは流義の考え方としてはあり得るけど 「これが一般的決まりだ」 「常識だ」 と言われても、それはある世界の奇習みたいなものでしかないです。
みんみんぜみ @inuchochin
「錆びないように刀には触れないで納刀する」 と言っても、流派によっては刃の棟を掴む中取の技がたくさんあって納刀で触らなくても刀に触りますし、 「鐺を付けてはいけない」 と言っても、鞘をしたまま飛び違い技や投げ技で受身したりする流派もありますし、鐺や鞘で当身する流派もあります。
みんみんぜみ @inuchochin
多分、江戸時代の人が見れば凝った拵の刀で居合を稽古してるのを見れば 「もったいないことをする」 と思うのではないでしょうか。 藩主の一族クラスの武士が稽古に使っていた居合刀の記録や実物がわずかですが残っていますが、どれも頑丈さしかし求めていない、飾り気ゼロの拵えです。
みんみんぜみ @inuchochin
で、何が言いたいかというと、 「居合は刀の作法のお勉強ではなくて、武術ですよ?」 ということです。 当然居合の礼法も武士一般の礼法ではなく、あくまでその流派、その地方の礼法です。
みんみんぜみ @inuchochin
(ただ、藩にもよりますが江戸時代にも居合に刀の扱い方一般の訓練という面があった事も事情です。これは居合だけでなく、刀剣目利きや試物(現在の試斬に似てますが別)、礼法流派などでも学べたようです)
みんみんぜみ @inuchochin
事情ってなんだ事実です。 居合の流派には介錯や切腹などの伝授が含まれている場合も藩によっては結構あって、刀に関する礼法や故実を教えることが流派の一部になっている場合もあります。これも藩によりますけども。
みんみんぜみ @inuchochin
たとえば肥後藩では伯耆流や関口流含む居合流派のほとんどに切腹や介錯の伝授があります。ですが私が見た範囲では、他藩の伯耆流や関口流居合には切腹や介錯の伝授が無い例も多い(無い方が普通?)のようです。恐らく肥後藩の文化として居合は切腹や介錯を教えるもの、という感覚があったのでしょうね
みんみんぜみ @inuchochin
前記の流派は現代でも見られる、真剣を使い、主に一人で形を稽古する流派です。 それに対して江戸時代の居合流派には、紀州藩の田宮流や東北や北関東に伝承されていた林崎新夢想流のように、剣術や柔のように相手を付けて稽古する流派や、剣術もしくは剣術的な試合をおこなう流派もかなりありました。
みんみんぜみ @inuchochin
先ほど紹介したリンク先で解説されている理方得心流は、片方は鞘木刀、もう片方は竹刀に防具着用で試合をおこなっていたそうです。つまり抜刀側と剣術側に分かれて試合していたとか。他にも、柳川藩の電撃抜刀流(抜討流)は帯刀するように左腰に竹刀を構え、膝を付いて構えて試合したそうです。
みんみんぜみ @inuchochin
現代的な感覚からすると、同じ居合といっても流派ごとにかなり多様で、異様な稽古をする流派は別に珍しくないようです。 尾張藩の関口流では、居合派と抜討派に分かれていて、居合派は長い刀を使い、敵の攻撃を抜付けに留める技。抜討派は短い刀を使い、先に切り付ける事を専らとしたそうです。

昔の居合があまり真剣を使っていないとすると、なぜ今の居合道が真剣を使うのか?

みんみんぜみ @inuchochin
現代の居合は真剣や江戸時代の普段の帯刀の拵えを真似たものを使う傾向があるけど、調べた範囲では現代居合の元になった英信流や伯耆流が真剣を使う流派だったからだと思う。(続く) 刀身の長さと拵の仕様 blog.goo.ne.jp/kelu-cafe/e/1d…
みんみんぜみ @inuchochin
江戸後期に田宮流師範家にうまれ、江戸でも修行し維新期から明治まで活躍された田宮流の剣道家がいるけど、その先生は 「戦場で使う刀、普段腰に差す刀、居合の刀ではすべて寸法も拵えも違う」 と書いている。 他の多くの流派でも稽古で使う刀の寸法と伝書の刀の拵えの寸法が違っていたりする。
みんみんぜみ @inuchochin
居合稽古用の刀(居合刀)は刃をつけないし、拵えも粗末で頑丈なものと残っている居合刀から分かってるそうです。多くの流派で居合刀は木刀や竹刀と同じく稽古道具だったわけです。抜刀納刀を繰り返し、流派によっては作った防具や打ち込み台に打ち込むわけですから高価なものは使えないですよね。
みんみんぜみ @inuchochin
比較して英信流は明治後半のいくつかの居合流派が演武した演武会の演武で新聞に「真剣を使った」と特筆されて書かれている。つまり他の流派は真剣を使ってなかった思われます。剣道家に土佐の居合が広く受け入れられた原因の一つに真剣の使用があるんじゃないか?という気もします。
稽古場に常備された稽古道具について
鍛屋 山源 @tonogen0805
この話から推測するには 江戸時代の道場は稽古道具は個人が所有するというより常備道場の備品としてあった可能性があるかもです 弘前藩の林崎新夢想流師範 常井喜兵衛も道場の三尺三寸を酒代ににしてしまい 門弟が稽古できないため門弟が買い戻したというのが史実にのってるほどですからね('ω') twitter.com/inuchochin/sta…
Toyosaka Laboratory @ToyosakaLabo
RT これは同意。南紀徳川史に書かれている諸流の稽古道具も、個人のものではなくて稽古場に置かれていたものではないかと思う。 twitter.com/toyosakalabo/s…
みんみんぜみ @inuchochin
RT、剣術でも藩校の流派で袋竹刀代が藩庁から出てる記録があったりするから、居合でもたぶん備え付けの道具あったんだろうと思う。
残りを読む(20)

コメント

義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2019年6月22日
5月に名古屋城でやった古武道大会を観に行ったけど、居合の人らの拵えは流派どころか個人個人で完全にバラバラだったな。晴れの舞台、ってことで綺麗な拵えで型のみを演武した人も居れば、試斬をやった中は柄にテニスラケットのグリップに巻くようなテープを巻いていた人も居た。
nekosencho @Neko_Sencho 2019年6月22日
統一ルールがあったわけでもなさそうだし、各種あったんじゃないの? 自転車レースでも決戦用超お高いのと性能も値段もそこそこの機材で使い分けの議論になったら止まらんしw
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2019年6月23日
「流派による」の一言だよなこれ…
枝豆歯車な緋蓮@低浮上? @hiyokurenri688 2019年6月23日
道着の着方、帯刀した際の紐の結びや位置。他にも色々流派によって違うよね。 それにしても「昔(四半世紀近く前)は5段持ちじゃなくても初心者でも真剣で活動してた」とOBの方々が仰ってけど、あれは比較的最近のことな上に英信流だからなのか。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2019年6月24日
ジョン・ベルーシの「サムライデリカテッセン」を思い出す。
みんみんぜみ @inuchochin 2019年6月24日
hiyokurenri688 英信流は明治末から大正あたりにかけて急激に修行者を増やしましたから、ここ百年近くは居合と言えば英信流、真剣を使うもの、となっていると思います。刃挽や木刀を使っていた流派は一人ではなく相手を付けて稽古していた流派がおおいですが、ほとんどが明治から昭和初期にかけて失伝していると思います。
枝豆歯車な緋蓮@低浮上? @hiyokurenri688 2019年6月25日
inuchochin 教えてくださりありがとうございます。 木刀を用いて相手を付けて稽古するというのは英信流の太刀打之位が思い浮かびますが、それとはまた違ったものだったのでしょうか。面白いですね。
UZIRO @UZIRO 2019年6月25日
結局値段よ。試し切りようだろうが練習用だろうが日本刀は高い。だから大事に扱わざるを得ない。
まとめ用 @togetter1105 2019年6月25日
UZIRO 普通に買えばそれなりの値段はするが、実は普段から日本刀を扱う業者ならタダに近い値段で日本刀を入手する方法があったりする。「どこかの民家から出てきた刀を、口八丁手八丁で巻き上げる」という方法が。
まとめ用 @togetter1105 2019年6月25日
たまに、亡くなった祖父の遺品整理してたら刀が出てきた、なんてのが出てくると、そのまま警察に届けたら警察が巻き上げて廃棄処分にするだけ、自分のところならちゃんと手続きして多少はお金に替えられる、なんて横からクチを挟んで来る輩が居たりする。日本刀が美術品として扱われるが故のことだが、そういうのにそのまま任せると、本当の刀の価値も知らぬまま二束三文で横流しされてしまうのがオチ。
まとめ用 @togetter1105 2019年6月25日
で、実は充分価値の高い刀だったりすると、それは相応の値段をつけて横流しするけど、そうじゃない本当に無銘で出来の良くない刀だった場合が、居合の試斬用に廻されて使い潰されたりする。居合をやっていて刀を使いまくる奴は、そういうルートを持っていても不思議じゃない。
まとめ用 @togetter1105 2019年6月25日
ぶっちゃけて言えば、まとめ内にも居る他ならぬM井こそが、そういう奴だという評判が結構前からある。https://togetter.com/li/1367174 ちょっと前のこのまとめでも、M井がすかさず名乗り出てよろしければご相談を、とかやってたが、もしそのまま任せてたら体よく言いくるめて巻き上げてたろう、と思う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする