編集可能

#DevLOVEX 中村洋「「正しいものを正しくつくる」を探索し続けてきた10年とこれからの10年」 #DevLOVEXE Day1-2E

devlovex devlove
1
yoh nakamura @yohhatu
セッション資料です(先に公開していましたが)「正しいものを正しくつくる」を探索し続けてきた10年とこれからの10年 speakerdeck.com/yohhatu/zheng-… #devlovexE #devlovex
kabukawa @kabukawa
ありたい姿を探し続ける  「正しいものを正しく作る」唯一の方法などない  探し続けること  常に選択肢を持ち続けるようにする #devlovex #devlovexe
NEXT・G・やなぎ @g_yanagi
妄想のリストを確実にするためにユーザーに会いに行く。 #devlovexE
ゆのんEMFM/EOF2019 @yunon_phys
「このバックログアイテムの妄想度ってどれぐらい?」 #devlovexE
FORTE @_FORTEgp05
Outputだけを評価の対象にしない。 これは当たり前のようだけど、組織の話なのでとても難しいと思う。 Outcomeを測るのが難しいが故にそれを評価にもし辛い。 そして評価しやすいOutputで評価される組織になりがち。 誰のための評価なんだろうか。 #devlovexe
kabukawa @kabukawa
知ったことを受け入れる勇気  仮設に固執しない  一方自分たちの意思も大事  わかったことと向き合い、学びを積み上げていく #devlovex #devlovexe
えひやん @efyaan
・もっとユーザーのことを知る エスノグラフィ、ユーザーインタビュー、ユーザーテスト 言語化が難しいニュアンスを共通認識としてチームが持てるように #devlovexE #devlove
えひやん @efyaan
・わかったことを受け入れる  モブプロのようにモブワークでユーザーのことを知る コードを書いている時間だけ、Outputだけを評価の対象にしない #devlovexE #devlove
えひやん @efyaan
・もっとユーザーのことを知る エスノグラフィ、ユーザーインタビュー、ユーザーテスト 言語化が難しいニュアンスを共通認識として#devlovexE #devlove
NEXT・G・やなぎ @g_yanagi
みんなでユーザーのことを知るモブワークを行う。そういう時間をとる。評価する。#devlovexE
kabukawa @kabukawa
モブプログラミングのようにみんなでユーザーのことを知るモブワークを行う #devlovex #devlovexe
このアカウントはフィクションです @kiris
(👁👄👁)NowBrowsing: アジャイルで目指した坂の上の雲 #devlove #devlovex #devlovexE / Clouds above the hill - Speaker Deck: speakerdeck.com/takaking22/clo…
FORTE @_FORTEgp05
事前にも、開発中にも、開発後も、Outcomeをどう測るか?どう確認するのか?を考え続けないといけないんだろうな。 そして想定と違った場合でも、それを受け入れて行動や自分達を即座に変えるのが大事なんだろうな。 #devlovexe
kabukawa @kabukawa
もっとユーザーのことを知り、わかったことを受け入れる。 利用者のことを知るやり方はいくらでもある  エンジニアも一緒にチームでみんなで行う  言語化が難しいニュアンスを共通認識としてチームが持つことでプロダクトが磨かれる #devlovex #devlovexe
NEXT・G・やなぎ @g_yanagi
UXデザイナーだけではなくエンジニアも一緒にUXDをやるとよい。 #devlovexE
花流@今日はもう寝ようぜ @karyu721
ビジネスのOutcomeと利用者のOutcomeのバランスをとる #devlove #devlovex #devlovexE
NEXT・G・やなぎ @g_yanagi
数字で簡単に表せるアウトプットより、難しいがアウトカムが大事。#devlovexE
kabukawa @kabukawa
Outputは計りやすいけど、Outcomeは計りにくい。 #devlovex #devlovexe
えひやん @efyaan
ビジネスのOutcome、利用者のOutcomeのバランスを考える。 両方をちゃんとモニタリングする方法を考える。 Outputの計測は簡単だが、Outcomeの計測は難しい。 #devlovexE #devlove
FORTE @_FORTEgp05
OutcomeとOutputの違い。 Outputは開発した機能。 Outcomeはその機能で利用者がどう変わったか?課題が解決したか?幸せになったか? "物"を作るだけなら当たり前にできる。 その"物"でユーザーが求めている価値を届けられたのか? (課題は解決したのか?売上は上がったのか?とか…) #devlovexe
残りを読む(63)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする