0
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)深夜にふっとこの曲が気になって、楽譜をひっぱりだしていろいろ脳内分析をしていました。youtu.be/NV10qjkl-II
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2)♪ミ、ミドシラソファラレ、シドレミミー♪ 並べ直すと、上から下に向かって「ドシラソファミレ」、それから上に向かって「シドレミ」の二つの音階でできているのがわかる。 pic.twitter.com/p9ADrVOVjn
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
3)出だしの和音、移動ドで解釈するとマイナー・トニック。どマイナーです。 右手で「ドシラソファミレ」と下降線で旋律を弾き、左手で「ド・ミ・ソ」の和音を鳴らしてみてください。「ラ・ド・ミ」和音に比べて、ニュアンスがぐっと変わるのがわかると思います。 pic.twitter.com/srdoLE1ED2
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
4)「ミ」で始まり「ミ」で終わるpic.twitter.com/xQPDMEvg1G
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5)旋律を確認してみましょう。♪ミ、ミドシラソファラレ、シドレミミー♪ 最初に「ミ」が鳴って、途中で一回「ミ」を通過すると思いきや迂回されて「ミ」に着地する。 迂回というのは「ソファラレ」の区間。♪ソファミレ♪と下降しないで♪ソファラレ♪つまり「ミ」の代わりに「ラ」が鳴る。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)♪ソファラレ♪ 区間での和音は REm7→REm7/fa つまり「ラ」はこの和音の構成音です。 こんな解釈はできないか。右手が「ミ」をミュートして、左手が「ラ」を1オクターヴ高く鳴らしてミュートぶんを補っている、と。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)和音進行に注目。赤で囲んだところはすべてマイナーコード。 青はドミナントですが、マイナー調における五度和音としてのドミナントなので、むしろマイナー調を強調している。 pic.twitter.com/7rquBGWhsn
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)出だしの和音が「ラ・ド・ミ」で、旋律の出だしが「ミ」。 終りの和音がやはり「ラ・ド・ミ」で、旋律がやはり「ミ」で終わる。 「ド」や「ラ」で始まり、終わると、ちょっと重すぎるわけです。「ミ」なら和音のトップの音なので、多少重さが和らぐ。上向きの引力を感じる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)それに「ミ↗ド」と旋律が上向きに動いて、それから「シラソファラレ」と↘に続いていく。 一回↗をばっとふって、続いて↘を順に続けていく。空を仰ぎながらも、次第に引力に引き戻されていく感覚。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)♪シドレミ♪ は↗ですが、それは和音がマイナー調五度のドミナントであることから生じた上昇パワー。気が沈んでいくのを、とりあえず薬物で食い止めてスタートラインの「ミ」に戻す…そんな感覚かな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)続くパートを見ていくと  ♪ミーミドシラソファラドシドレシミー♪ 先の旋律は  ♪ミーミドシラソファラレシドレミミー♪ 微妙に後半が異なるpic.twitter.com/GFouNYdAPL
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)最初の旋律は  ♪ミーミ↗ド↘シ↘ラ↘ソ↘ファ↗ラ↘レ↘シ↗ド↗レ↗ミミー♪ 続く旋律が  ♪ミーミ↗ド↘シ↘ラ↘ソ↘ファ↗ラ↗ド↘シ↗ド↗レ↘シ↗ミー♪
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)こんな風に違いが演出されています。 pic.twitter.com/f2Wz58IBxi
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)それから赤線部分、1オクターヴ違うのです。 最初のは低く、二度目のは1オクターヴ高いpic.twitter.com/5kAMW3A7va
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)こう色付けしたほうがわかりやすいかな。 旋律①は、始まりと終わりの「ミ」が同じですが 旋律②では、終わりの「ミ」が始まりのより1オクターヴ高くなる。 pic.twitter.com/TnehSW7fxK
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)同じ音型でも、締めが1オクターヴ高くなると、夜空を見上げて月に吠えるような、切なさが生まれてくる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)龍一先生はよくこの技を使う。代表的なものとしては「The Sheltering Sky」のあの旋律。  ド↘シ↗レ↘ド↘ミ これが第一小節の旋律で、  ド↘シ↗レ↘ド↗ミ これが第三小節の旋律。 ドレミ表記にすると同じ音型に思えるのですが
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)青で囲った「ミ」のほうが、赤のより1オクターヴ高い。 pic.twitter.com/gJpQgM55bD
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
19)同じ音でも、1オクターヴ上がるだけで、旋律のニュアンスががらっと変わるのです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
20)和声進行の分析をやってみましょう。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
21)じーっと眺めてみて、何か見えてきませんか。 pic.twitter.com/Z9QeX5ReaN
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
22)ラ↘ソ↘ファ↘ミ↘レ の下降ラインです。 これは定石というか定番の技で、龍一氏も「The Sheltering Sky」や「Energy Flow」等で使っています。 pic.twitter.com/e6rVzimEVf
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
23)そしてこれも定番。Ⅱ→Ⅴ→Ⅰ。 pic.twitter.com/M5nxwDZYyt
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
24)青で囲った「ミ」が、もし「ド」だったらどうなるか、実際に弾いてみてください。 ここで曲が(ほぼ)完結してしまって、ここから先に進まなくなってしまう感じがしませんか。 pic.twitter.com/6zRqk01NwB
 拡大
残りを読む(74)

コメント

KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年6月24日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年6月27日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年6月29日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年7月5日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年7月6日
まとめを更新しました。