カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

意外!戦慄!感嘆符を多用する戦前の新聞!

1928(昭和3)年から1938(昭和13)年の新聞記事の中から、見出しに感嘆符が用いられたものをいくつかまとめてみた。当時の新聞は出来事をセンセーショナルに書き立てる傾向にあったことがわかる。
昭和時代 歴史 政治 記事 戦前 人文
49

引用の際に、旧字旧仮名を新字新仮名に改め、送り仮名を適宜補った。他のまとめ作成時に引用した記事も含まれている。

まずは歴史に埋もれたと思われる記事から引用する。

谷山義彦 @jemappellety
「三人組自動車強盗 意外!主犯は少年」(『東京朝日新聞』1932年6月11日付朝刊7面)。17歳の少年が強盗の容疑で検挙されたとのこと。この当時、少年犯罪は決して意外な出来事ではなかったのだが……。 pic.twitter.com/JkJmtryYpU
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「強盗は意外! 十六の少年」(『読売新聞』1936年12月25日付朝刊7面)。この当時、少年犯罪は(繰り返しになるので以下略)。 pic.twitter.com/n515g6bUaR
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「上衣を脱げ! ネクタイはずせ 夏を快く、衛生的にと学者首唱の白シャツ連盟」(『大阪朝日新聞』1932年7月15日付朝刊11面)。戦前にもクールビズのような取り組みが行われていた。そんな“戦前版クールビズ”を広める「白シャツ連盟」という組織が発足することを伝える記事。 pic.twitter.com/JziyRORsx8
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「駐在所へ爆弾! 警官殺害を企つ」(『大阪毎日新聞』1932年10月31日付朝刊11面)。駐在所に爆弾を投げ込んだ輩は、理髪業の男とのこと。○○会のヤクザ顔負けである。 pic.twitter.com/Uhs3o6I589
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「さても皮肉!人智の未熟さ! 文明の舗装道路は焦熱地獄を倍加 之にコンクリート建築が応援し都は宛ら坩堝の中!」(『読売新聞』1935年8月5日付朝刊9面)。宛ら=さながら。坩堝=るつぼ。ヒートアイランド現象は戦前から発生していたのであろう。 pic.twitter.com/To27JZ90cF
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「子供を躾けるには叱るより褒めよ!」(『大阪朝日新聞』1935年10月29日付朝刊5面)。子供はほめて育てるべし、という考えは戦前からあった。 pic.twitter.com/6wfhUiehVm
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「無残!大破した白鷺城の石垣」(『読売新聞』1937年3月20日付朝刊7面)。映画撮影中の事故で損壊した姫路城の石垣。写真左端の建造物は、ろの門pic.twitter.com/idvCjZ0O62
 拡大

↑読売新聞によると、禁止されていたのにもかかわらず、某映画会社が爆薬を使用したとのこと。

読者の中には軍事好きの方もいると思われる。次は、旧日本軍関連の新聞記事も引用する。

谷山義彦 @jemappellety
「悲壮!武人の最期 空閑昇少佐(陸軍)自殺す」(『東京日日新聞』1932年4月2日付号外)。空閑少佐は上海事変で中国軍の捕虜になっていた。 pic.twitter.com/twbxnCu6NI
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「戦艦乗組み三水兵海軍赤化を企つ! 新生共産党の魔手」(『読売新聞』1933年3月29日付朝刊7面)。海軍水兵らを治安維持法違反で検挙したことなどを伝える記事。 pic.twitter.com/z8E4PsQyK2
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「この力強さ!われらの無敵艦隊」(『大阪朝日新聞』1933年8月29日付夕刊2面)。写真に写っているのは重巡古鷹。当時の主砲は単装砲塔だった。 pic.twitter.com/SCKAbSGGOt
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「歓迎!我等の無敵艦隊」(『読売新聞』1935年10月5日付夕刊1面)。東京に集結した日本海軍の諸軍艦。 pic.twitter.com/7yJPN3lFG5
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「荘重!東郷元帥の国葬」(『大阪朝日新聞』1934年6月6日付夕刊5面)。東郷平八郎の国葬の様子を伝える写真が掲載されている。国内の要人のみならず外国の軍人も参列した。 pic.twitter.com/p7SokKDjs4
 拡大

最後に、歴史上の人物や出来事を伝える記事を以下に引用する。

谷山義彦 @jemappellety
「治安維持法を緊急勅令で改正とは‼」(『東京朝日新聞』1928年6月17日付朝刊3面)。緊急勅令による治安維持法の改正および法改正自体に反対する内容の文章。寄稿したのは清瀬一郎pic.twitter.com/poRyPq2m0F
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「十五年の尊き歴史にスポーツ精神は輝く 荘重!厳粛!入場式、選手の宣誓 大会の幕ここに開かる」(『大阪朝日新聞』1929年8月14日付夕刊1面)。夏の甲子園大会開幕を報じる記事。 pic.twitter.com/eXvF7Zh2Az
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「惨!欠食の学童 市内でざっと千名」(『大阪朝日新聞』1932年3月5日付朝刊5面)。欠食児童が大阪市内で約1000人いるとの由。 pic.twitter.com/gTSzAbAXGe
 拡大

↑「欠食児童」という言葉自体は、見聞したことがある方が多いはずである。

谷山義彦 @jemappellety
「『まず話を聞こう』と悠然たる首相! 犯人も度胆を抜かる 『撃てッ』の命令で乱射」(『大阪朝日新聞』1932年5月16日付朝刊2面)。度胆=どぎも。犬養毅は首相官邸に押し入った青年将校の話を聞こうとしたところ……。 pic.twitter.com/ye2eIm4SGC
 拡大
谷山義彦 @jemappellety
「ショウ翁別府で語る まず皮肉一発! 美しき銀髪・桜色の頬」(『東京朝日新聞』1933年3月1日付夕刊2面)。1933年にバーナード・ショーが来日。別府に碇泊した船内で、記者達の質問に皮肉を交えて応じている。 pic.twitter.com/9yltIBQGXP
 拡大

残念ながら、バーナード・ショーは別府には上陸しなかった。無論、温泉には入浴していない。温泉は「温い水にすぎない」(『東京朝日新聞』1933年3月1日付朝刊11面)そうだ。そして、ショーの来日中に昭和三陸地震が発生する。

谷山義彦 @jemappellety
「惨!生き地獄の三陸」(『読売新聞』1933年3月4日付朝刊2面)。昭和三陸地震津波の被災地の有様を、読売新聞はこのように伝えている。 pic.twitter.com/9jo52LDlGZ
 拡大
残りを読む(12)

コメント

谷山義彦 @jemappellety 2019年6月23日
まとめを更新。バーナード・ショーに関する注釈の文章を修正した。
Kongo @kongo_kirishima 2019年6月23日
これは!面白いまとめ! ショウ翁とか初めて見た!!
こねこのゆっきー @vicy 2019年6月23日
つーか、爆弾とか物騒だなおい
だれがカバやねん @nande_sounaruno 2019年6月23日
新聞の歴史を書いた本を読むと新聞社の営業活動は現在と比べるとかなり激しくで自然と文章もセンセーショナルになったのかな?また記事を書く記者もこんにちの記者のように超高学歴のインテリでもなく権力の監視をする気はあまりなく、かわら版直系の「売らんかな」第一主義の人が多かったのかな。
(株)坂本 @SakamotoTosu 2019年6月23日
意外!それは髪の毛ッ!
バジル @dNPQyjwy2HfUdMX 2019年6月23日
祟りじゃ〜っ! 八つ墓様の祟りじゃ〜!
応炎完了Calucifer @Chigami 2019年6月23日
昭和の特撮のサブタイとかも思い出される
九十九 @hakqq 2019年6月23日
戦後は一応客観報道というタテマエでやってるもので。あと4本見出しとかはレトロよね
Noah@さんじむりになる @Noah9899mmp 2019年6月24日
「宛ら坩堝の中」って平沢進みを感じるワード
谷山義彦 @jemappellety 2019年6月24日
まとめを更新。1935年10月29日付の記事を差し替えた。引用ミスが判明したため。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年6月24日
1980年代の新聞でもラテ欄をみれば「恐怖!姑に熱々のお粥を食わせる鬼嫁!」みたいなの普通にありますからねえ
nekosencho @Neko_Sencho 2019年6月24日
無敵艦隊なんて書いてフラグ立てるからあんなことに……
イチロージロー @ichirotojiro 2019年6月25日
まあ当時の新聞なんて今の写真週刊誌みたいなもんだろう
な.ん.ば. @namba_1301 2019年6月25日
今の新聞も写真週刊誌レベルだよ
飛鷹隼@2日目(土)南2オ-02b @junhiyoh 2019年6月25日
Chigami 宇宙戦艦ヤマト・新たなる旅立ちの挿入歌なんてなんでそこに「!」つけたの……な「ヤマト!新たなる旅立ち」だったりするし(ヤマト・新たなる旅立ちでは駄目だったのか??)
飛鷹隼@2日目(土)南2オ-02b @junhiyoh 2019年6月25日
まぁ、デジタル編集でフォントサイズやスタイル結構自由度高い現在と違って当時だとインパクトのあるキャプション打とうと思ったらどうしても「!」に頼らざるをえなかったってのはあるだろうね 今だとフォントサイズ目一杯上げてどでか文字でインパクト狙えるけどさ
無名戦士の墓 @_GhostsofHeroes 2019年6月26日
惨!ってどうやって読むんだろう
[有効期間] @xooxvxoox 2019年6月26日
ムゴッ!って読みたいところだけど、ザン!かな…? なんとなくニンジャスレイヤーのコワイ!みたいな味わいを感じる。
Leclerc @3adam15 2019年6月26日
昔から同じようなこと繰り返しているなぁ。古今東西、有史以来ずっとこんな感じだろ、多分。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする