或る推理作家の苦悩 ~入試問題での引用と過去問集への収録~

試験問題での引用と過去問集への収録について、 作家同士のやりとり、読者を含む周囲の反応を分けて収録。 付録の方が充実しているとか言わない。
21
2018.2. 都立高校が平成30年度入学試験で学力検査を実施
(なな) @78____1331

今年の都立の自校作成の問題 日比谷で宮下奈都の羊と鋼の森出たのびっくりだし国立が米澤穂信でまじか!ってなってるし戸山で鷲田清一出てて鷲田清一に散々苦しめられた思い出が蘇ってきた pic.twitter.com/BH8VBmVVKD

2018-03-03 20:34:03
拡大

2018.12. 高校HP掲載の平成30年度入試問題がやや話題に

(事情を鑑みて元ツイートの引用・掲載は割愛します。悪しからず)

@white_7911

入試で米澤穂信の『いまさら翼と言われても』が出題ってそれ絶対問題解けなくなるやつじゃないですか

2018-12-06 22:01:13
しのの(め) @yshinonome42

ミステリの解決部分が国語入試に、しかもいまさら翼といわれても…

2018-12-06 21:36:51

2019.6. 『いまさら翼といわれても』文庫版の刊行
米澤穂信 @honobu_yonezawa

小説を書いています。実のある話はしないことにしています。未発表の刊行予定に関するご質問にはお答え出来ません。

pandreamium.sblo.jp

米澤穂信 @honobu_yonezawa

〈古典部〉シリーズ『いまさら翼といわれても』の文庫判が、角川文庫から発売されました。ハウダニットから失踪人探しまで、さまざまなミステリを書いています。そしてこの本は、古典部の彼ら自身のいままでとこれからの話でもあります。お手にとって頂ければ嬉しいです。

2019-06-14 14:38:47

米澤穂信 @honobu_yonezawa

う、うーん……(入試問題に拙作が使われたが、引用部分がミステリの真相そのままだった。試験問題への利用を止めることは出来ないが、過去問集への収録は正直なところ胃が痛い。一度はこれも受験生のためと許可したが、今年もまた使いたいと申請が来てしまった。今年も胃が痛い……)。

2019-06-21 01:22:41
米澤穂信 @honobu_yonezawa

念のため……試験とは未来のための厳粛なものであり、真相暴露の害よりも試験を正しく行う益の方が大きいと私は考えます。なので、真相部分が試験に用いられたことに異議はありません(これから読もうと思っていた受験者には不幸なことですが)。悩んでいるのはそれを問題集に収録することの是非です。

2019-06-21 02:29:58
光原百合 @mitsuharayuri

ミステリとかファンタジーとか童話とか、のんびり書いている作家です。よろしくお願いします。

光原百合 @mitsuharayuri

@honobu_yonezawa 真相に触れる肝心な部分を伏せ字にしてもらってはいかがでしょう? 解答に影響のない範囲で。

2019-06-21 02:37:02
米澤穂信 @honobu_yonezawa

@mitsuharayuri ありがとうございます。失踪者が姿を消した理由が明かされる場面なので、わりと全文ネタバレなんです……。

2019-06-21 03:15:26
光原百合 @mitsuharayuri

@honobu_yonezawa あああ~、伏せ字では対抗できませんか…… 辛いところですね……

2019-06-21 09:34:05
小森健太朗@相撲ミステリの人 @komorikentarou

ミステリ作家、ミステリ評論も。日本文学科教授。デビュー作は『コミケ殺人事件』。代表作は『大相撲殺人事件』(文春文庫)。『英文学の地下水脈』(東京創元社)で日本推理作家協会賞受賞。翻訳書『人の子イエス』(みすず書房)『ミルダッドの書』(壮神社)、コリン・ウィルソンなど。アニメ評論書『神さもなくば残念』(作品社)など。

twilog.org/komorikentarou

小森健太朗@相撲ミステリの人 @komorikentarou

@honobu_yonezawa @obenkyounuma 入試使用は事後通告なので作者は拒めませんが、過去問掲載時には不本意な使用を止めるように求めれば応じてくれるはずだと思います。私の書いたものも出題に使われたことがあり、出題した大学に問い合わせました。

2019-06-21 08:27:52

あかさ @akasa_tanaha

ミステリ小説の真相部分を引用して入試問題にすることなんてあるのか。 しかも今月文庫化したばっかりの本てテストでネタバレくらう人も居たんでは。

2019-06-21 01:57:19
むぎ @Mugimarugoto

RT>ミステリの真相を試験で暴露されるのはなぁ・・・作成者の小説を楽しみにしてる人への気遣いのなさがヒドいと思うよ 試験中は仕方ないにせよ、問題集ではばらされたくないよね 特に私は米澤ファンなので、それで不意討ちでばらされたら許せん。

2019-06-21 09:01:34
メルゲントハイム @eternal_bgsn

個人的なあれだけどこういうあれがあったりしてわしは国語の試験が嫌いじゃった。ミステリに限らず面白そうな本と試験で出会ってそれを問題を解くために読むというのは最悪な体験の一種じゃった。

2019-06-21 09:35:32
メルゲントハイム @eternal_bgsn

だから作家はこういうのどう思ってるのかなーと昔は思ってたけどこういう作家側からの実際の考えがたまに知れるからツイッター面白いなーとなってる。

2019-06-21 09:39:51
メルゲントハイム @eternal_bgsn

そもそも試験に引用される文章の基準は何なのかという方に疑問が向いてきてるけど、何だろうとミステリはないだろう、正気かと思うのが正直なところじゃな

2019-06-21 09:49:37
残りを読む(65)

コメント

boneless @boneles35516503 2019年6月24日
設問作成者側に、文句を言ってこない、使いやすい作家と認知されてるのかな。
0
カミ @kami2805 2019年6月24日
教科書ならまだしも、テストとか過去問集で読んだとしても、大概の人間は覚えちゃいないから。
0
時雨 @light_snow 2019年6月24日
問題文のURLを含むツイートをネタバレ回避のため除外しました、悪しからず。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2019年6月24日
そういう核心部分でないと作れない問題だったのか、私、気になります
14
まこす @sayonarain 2019年6月24日
導入部とかの真相に関わらない部分ならともかくミステリの核心部分だけ抜きだされるのは嫌だな。というかなんでミステリを…だいなしに…。
18
時雨 @light_snow 2019年6月24日
ご要望を承りましたので、使用していた一部ツイートを削除しました。
0
f。 @_ffff 2019年6月25日
同様の苦言を筒井康隆もエッセイで書いていましたね。
0
aioi_au @aioi_au 2019年6月25日
ミステリーの真相部分って伝えたいことがハッキリしてるから問題にはしやすそうだけど、素人が問題作ってんじゃないんだから。問題作成者の人格とリテラシーと、国語能力そのものを疑っちゃうよね。 そんな問題を許容する学校ってかなりのマイナス評価よ。
4
@meltyblue 2019年6月25日
ホームズ、クリスティレベルの「古典」ならまだしも(問題本文としての適性は別の問題)、文庫化したばかりのミステリの謎解き部分抜粋はギルティ。
9
冶金 @yakeen4510 2019年6月26日
わけがわからない。なぜ推理小説の謎解きの部分を入試に使うの?? 他にいくらでも題材なんてありそうじゃないか……。
2
y @y90612323 2019年6月26日
古典部はそれなりに前とはいえアニメ化もしているからよけいに。すでに触れている受験生もいるだろうしなあ。あとこれから読もうとしていた受験生にとっては本当に…………
0
y @y90612323 2019年6月26日
ミステリーの真相抜き出しがNGなのは当然として、よりによって「いまさら翼といわれても」のラストかあ、という気持ちが強いし悲しい。シリーズものなのでこれまでのストーリー、キャラクターの描写の積み重ねあってこそのお話。現代文は書かれていることを正確に読み取れるかの試験だと思いますが、小説はキャラクターへの思い入れを持ってしまうと一気に難しくなってしまう。いろんな意味でひどい
0
雑魚寝 @zakone_world 2019年6月26日
こういうのって何を基準に選んでるんでしょうね。「事件の真相」がミステリにとってどれほど重要かなんて、問題を作る人間がわからないわけないと思うんですよ。この作品の、この部分でなければならない理由があるんですかね。
1
ふれーりあ @_dmp 2019年6月26日
ミステリの真相部分かどうかを抜きにしても、文庫化したばかりの本でやるの自体結構アレだと思うわ…
1
時雨 @light_snow 2019年6月26日
時系列について若干の誤解が見受けられるので、記事内で補足しました。短編の初出は『小説野性時代』2016年1月号-2月号、2016年11月に単行本へ収録。翌々年の2018年2月に高校入試の問題文で引用され、明くる2019年の6月に文庫化という運びです。
1