2019年6月24日

兄と一緒にいるとすぐ勃起しちゃう残念な弟。 勇尾 原作軸

勇尾 全年齢
0
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

兄と一緒にいるとすぐ勃起しちゃう残念な弟。 「勇作殿。またですか?」 「も、申し訳ありません……!厠へいってまいります。すぐに戻りますで、兄様はここで待っていて下さいね!」 「ははっ。ごゆっくりどうぞ」

2019-06-24 18:04:46
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

またいつものように勃起してしまった弟が厠に行こうとしたので、兄はからかってやろうかと弟に身を寄せて言う。 「俺が手伝いましょうか?」 効果はてきめんで弟はすっ転びそうになりながら、「だだだ大丈夫です! 一人でできますのでご心配なく!」と、厠へ向かったので、兄は腹を抱えて笑った。

2019-06-24 18:18:50
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

それからは、真っ赤になって毎回すっ転びそうになる弟が面白くて、兄は弟をからかうようになった。 あるとき兄がいつものように弟をからかってやると、弟が熱のこもった眼差しで兄を見つめながら「お願いします……」と、兄の手を取った。 兄は初めて弟に危機感を覚える。

2019-06-24 18:24:25
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

兄が予想外事態にどうしていいかわからずにいると、弟はふっと笑って言う。 「冗談です。いつものお返しですよ」 弟が厠に行くのを見送ると兄は安心して力が抜けた。そして、胸のあたりがざわざわする理由がわからなくて途方に暮れた。

2019-06-24 18:33:39
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

それからも今更どうしていいかわからない兄は弟をからかうことを続けていた。 弟の方もそのうちに慣れて、からかわれてもすっ転びそうになるようなことなくなったが、弟が恥ずかしそうにする顔が見たくて、兄は弟をからかうことをやめられずにいた。

2019-06-24 18:40:18
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

いつものように兄が弟をからかってやると、弟は穏やかに兄を諭す。 「兄様。もう既にご存じかと思いますが、勇作は兄様に劣情を抱いているのです。そんなことばかりおっしゃっていると、いつか勇作に襲われてしまいますよ? 我慢強いつもりではおりますが、兄様相手ではいつまでもつかわかりません」

2019-06-24 18:50:45
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

兄が厠へ行こうとする弟の袖を引くのは、まだしばらく先の話。

2019-06-24 18:52:21
夏目一加 【き5】ゆうさく殿webオンリー @natumeitika

この弟は兄に「勇作殿は早打ちの名手ですなぁ」と嘲笑される。でも弟は「装弾数には自信があります!」と、めげない。

2019-06-24 19:01:20

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?