10周年のSPコンテンツ!

【アフリカ大陸の言語,全体像と系統分類】「ニジェール・コンゴ語族」から「バントゥー諸語」に至るまでの,言語グループの大きな分け方 【ニャホニャホタマクロー・オニャンコポン】 BはバンツーのB

アフリカ大陸の言語って,どんな分類になっているかご存知ですか? サハラ砂漠の北側(中東)はアラビア語ですが,砂漠の南側は「ニジェール・コンゴ語族」という大きなグループがあるんです。 このまとめでは,ニジェールコンゴ語族の中でも特に スワヒリ語やキニャルワンダ語が所属する「バントゥー諸語」の位置づけを深掘りしてみましょう! ニジェール,ボルタ,コンゴなどの名称が混乱しがちなので,グルーピングを階層ツリー状にすっきりまとめておきました☆
多言語学習 ルワンダ語 語学 バントゥー諸語 語学たん ニジェール・コンゴ語族 スワヒリ語 ニャホニャホタマクロー アフリカ 学術たん
26
アフリカ・サブサハラの言語グループについて学びましょう。

ニジェール・コンゴ語族
(Niger–Congo languages)

├ マンデ語派
│  (西アフリカ,Mande languages)

├ コルドファン語派
│  (スーダン南部,Kordofanian languages)

大西洋コンゴ諸語
 (Atlantic–Congo languages)
 │
 ├ クル諸語(Kru languages)
 └ ボルタ・コンゴ諸語
  (Volta–Congo languages)
  │
  ├ ボルタ・ニジェール諸語
  │  (Volta–Niger languages)
  └ ベヌエ・コンゴ諸語
   (Benue–Congo languages)
   │
   ├ 中央ナイジェリア諸語
   │  (Central Nigerian,Platoid)
   └ バントイド諸語
    (Bantoid languages)
    │
    ├ Mambiloid languages
    ├ Dakoid languages
    ├ Tikar language
    └ 南バントイド諸語
     (Southern Bantoid languages)
     │
     ├ 狭義バントゥー以外の諸言語
     │
     └ バントゥー諸語
      (Bantu languages,Narrow Bantu)
      │
      └ スワヒリ語とか,ルワンダ語とか

まずはトリビアの泉から
ガーナの「ニャホニャホタマクローさん」を覚えてますか?
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan
@simonnakaniski あ〜っ懐かしい! トリビアの泉に出てきましたね、 ガーナのサッカー協会会長 【ニャホニャホタマクロー】さん (Nyaho Nyaho-Tamakloe) pic.twitter.com/eHiHpjXV1Y
拡大
simon bolivar @simonnakaniski
@rwanda_go_tan 未だに歌も覚えてますよ笑 なんと無駄なことに時間を使っていたんだ笑

「ニャホ・ニャホタマクロー」 (※ガーナの人名)

ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan
ガーナサッカー(元)協会会長の名前はニャホニャホタマクロー youtu.be/6oN-U_sVxtg ・ガーナでも珍しい名前 ・友人からは「ニャホ」と呼ばれる ・名前の区切りは「ニャホ・ニャホタマクロー」 ・医師かつ政治家
拡大

現地の「アカン語」に,似た単語「オニャンコポン」が・・・

ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan
参考: アカン語の神「オニャンコポン」 意味「偉大な者」 偉大といっても、🐱にゃんこしかイメージできないけど…。 ニャンコレ語、 オニャンコポン、 ニョロ・ガンダ語群、 アフリカはにゃんこと縁があるみたいね…! twitter.com/rwanda_go_tan/…
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan
西アフリカ・ガーナの神 「オニャンコポン」 名称の由来…アカン語で ・オニャメ:神 ・コロ:者 ・ポン:偉大な を組み合わせた単語。 唯一神を指す。 siro360.com/onyankopon-ins… ‘Onyankopon’ (Onyame-a god; Koro–one; Pon–great). This is the Akan language equivalent of ‘God’ with a capital G
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan
ガーナ ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC… >公用語は英語であり、その他にアカン語、ダバニ語、エウェ語、ガー語など 「ニャホニャホタマクロー」 も、この中のどれかの言語で名付けられたはず。 アカン語だとすれば 「オニャンコポン」と同じく、 ニャホ は オニャメ「偉大な」を含む可能性があるわね。
アフリカ関連は,基本的に「トリビアネタ」が受ける
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
#ルワンダ語入門本の自費出版計画 ニャホニャホタマクロー…。 日本では、アフリカ系の話は こういうのが受けるのかもしれん…。 「アフリカ諸語の膨大なトリビア集」 みたいな、エッセー風の読み物も、いいかもしれん… twitter.com/rwanda_go_tan/…
でも本当は,アフリカの言語の「全体像」が知りたい。
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
トリビア…? いや、違う。 私がやりたいのは、そういう事じゃない。 私が「トリビア」に関連して、やりたいと思ったのは…、 アフリカの全ての言語を 「広く・浅く」把握して、 各々の国や言語について 日本でも認知度のある小ネタをはさつつ 全体像、概要を面白く語れたらいいな、と感じたのだ
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
「アフリカのすべての言語の概要を広く浅く把握する本 〜アフリカ諸語のやさしい語学&言語学入門〜」 こういう、「アフリカの入り口」的な本が必要なのだ。 日本市場には、この認知がまず必要。 キニア、バントゥー、コイサン、 いずれも個別言語として興味深いが… なにか、全体の俯瞰が要る…。
アフリカの言語,おおまかな全体像:
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
アフリカの言語の、全体像。 それはすなわち、 (1)北アフリカ(アフロ・アジア語族) アラビア語のアーンミーヤを国別に整理し、ハム系のアムハラ語とかも含む。 (2)ナイル・サハラ語族 これは、マサイ族のマー語を含む。 ここまでがサハラ砂漠とそれ以北だ。。そして twitter.com/rwanda_go_tan/…
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
次いで、 (3)ニジェール・コンゴ語族A これはバントゥー以外。 たとえば大西洋諸語なら ウォロフ語やフラ語を含む。 セネガル勢が使う言語だ…。 (4)ニジェール・コンゴ語族B これがバントゥーだな、、 twitter.com/rwanda_go_tan/…
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
そして最後に、 (5)コイサン諸語 吸着音言語と呼び替えてもいい。(バントゥーのコサ語もあるが…) あと、おまけに (6)マレー・ポリネシア語派 これはマダガスカル語のことで、こいつだけ太平洋諸語だ。 でも、地理的にはアフリカの言語という扱いになる。 pic.twitter.com/jhBjUvNJPy
拡大

他にもいっぱいある

多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
で、バントゥーじゃない方のニジェール・コンゴ語族には クワ語群とグベ語群が含まれて、 その分類は、近年はやや流動的であると。 大西洋・コンゴ諸語 - Wikipedia ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7… >ヨルバ語を含む クワはガー語、アカン語 グベはベナンのフォン語 twitter.com/rwanda_go_tan/…
多言語学習のために(語学・外国語を独学) @TagengoGakushuu
そして、だ…。 「アフリカの言語」 というテーマなら、 (6)植民地支配により根付いた西欧語 のことも、含めねばなるまい。 アフリカは、一大フランス語圏なのだ。 それに、スペイン語やポルトガル語を使う国すらある。 アフリカ大陸の言語分布を,国名付きの地図で把握 language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20120225…

そう。

基本,サハラ砂漠より北は中東で
アラビア語なんですよね。
これは理解できます。

難しいのは,サハラ砂漠の南側

残りを読む(76)

コメント

jk @jk_1976 2019年7月2日
言語学ってほんとに面白いのでこういうツイートガンガンしてほしい 英語の母音の推移追うだけでいくらでも時間を使えてしまったのだけど 牧畜とともに拡大したっていうバンツーの系統調べればアフリカの中世?史がかなりわかりそうだ
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan 2019年7月3日
jk_1976 jkさん、励みになるコメントをありがとうございます!😄 ニジェール・コンゴ語族は、1500もの言語を擁しており、これは地球上に現存する全言語の4分の1に相当します。 その内部分類は非常に複雑で、興味深く、西欧の諸言語に比べて未知の情報も多いです。 文字文化がなかったため、中世や祖語にさかのぼった考察はハードルが高いですが、 グループ内のそれぞれの言語間には文法的な類似点が多く、比較や対照の材料が山ほどあります。 今後も、調査や情報発信をしていきたいと思います!👍
歴史 言語@እንጀራ @histoire_langue 2019年7月3日
アムハラはセムだよ……という些細な突っ込みと、「非セム系アフロアジアはどうした」という文句、そして「マジで大西洋・コンゴなんて系統としてまとまんの?」という疑問が。
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan 2019年7月3日
histoire_langue こんにちは、 セム系を含むアフロ・アジア語族についても、後に別のまとめで言及させて頂きますので アフロ・アジア語族についてとぅぎゃるまで、ちょっとお待ちくださいませ…。 このまとめでは、アフリカ大陸の全言語分類の、 おおまかな全体像を俯瞰することを目的としております。 そのために、サハラ以北・サハラ以南という大雑把なくくりを使用しています。 アムハラ語の存在は、規模や重要性からして無視できませんので、のちのち必ず取り上げます、お楽しみに…
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan 2019年7月3日
rwanda_go_tan ただ実を言うと、セム語のうまい分類ができなくて困っているんです。 アムハラ語たんと、セム系の分類をどうしたらよいか、下記のツイートで話し合ってあるのですが、いまだに結論が出ていないんですよね〜 https://twitter.com/rwanda_go_tan/status/1139854387768020992?s=19
ルワンダ語たん(キニャルワンダ語) @rwanda_go_tan 2019年7月3日
まとめを更新しました。末尾に,アフロ・アジア語族(セム系を含む)の語学たんの分類表を,追記として載せておきました。
jk @jk_1976 2019年7月3日
rwanda_go_tan 第二外国語でスペイン語、専攻関連でアラビア語とペルシア語をやったのですが、まったく身につかないままになってしまったので、語学が得意な人はそれだけで憧れなのです。。。。。。 そのコンプレックスもあり比較言語学にはものすごく興味があるので、引き続きこういう情報発信していただけるとありがたいです
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする