Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

デブサミ2019夏【C-2】ヤフーのアプリにおける会社全体での業務効率化について #devsumiC #devsumi

0
諏訪真一 @suwa_sh

Yahoo!JAPAN サービス 100以上 ネイティブアプリ 50以上 #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:22:27
諏訪真一 @suwa_sh

開発体制 サービスごとにチームが分離 多くの権限がサービスに移乗されている チームの中でどう進めるのかを自由に決められる 開発手法もそれぞれ 人数もそれぞれ #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:22:35
あさぎ @_athagi

サービスによって開発手法などが異なっていたり、サービスで落ちがちな部分を解決するため、全社横断組織を作って会社全体の課題解決をしている #devsumiC

2019-07-02 11:22:36
諏訪真一 @suwa_sh

メリット サービスごとに柔軟 それぞれの判断で、スピードが早い デメリット ノウハウがサービス内に閉じてしまう 同じ失敗を繰り返す 他が見えづらい テストはどのくらい書いている? OSのサポートはどこまで? #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:22:46
諏訪真一 @suwa_sh

アプリWG 全員兼務のサービス横断チーム SDK Core 全員兼務の実装部隊 黒帯も参加 社内の特定技術のトップレベルの人 設計での相談役 #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:24:00
あさぎ @_athagi

ペアプロ部屋があるのかー #devsumiC

2019-07-02 11:24:13
あさぎ @_athagi

テスト駆動で開発していて、実装時間は長くなるが、テストが短くなるので結果として同じくらいの期間でできる #devsumiC

2019-07-02 11:25:55
daigoto @daigoto

ヤフーさんには、ペアプロ専用エリアがあってマシンも一式用意されている。 #devsumiC

2019-07-02 11:26:47
あさぎ @_athagi

ペアプロ部屋には卓球台もあり、プログラミングのレベル向上だけではなく卓球の腕も向上可能w #devsumiC

2019-07-02 11:27:01
諏訪真一 @suwa_sh

開発場所はペアプロエリア 他のサービスの方や黒帯の方とペア 最初は自分のコードを見られる、ググっている様子を見られるのは恥ずかしい 手戻りが減る リリース数増加 残業時間 20%減 #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:27:32
諏訪真一 @suwa_sh

開発場所はペアプロエリア 苦手な人もいる 集中力が必要なので、卓球台を用意してリラックス 時間 週2h x2回 1習慣の 10% #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:27:42
諏訪真一 @suwa_sh

お問い合わせページを用意 部屋数が増えていく 多人数がいる部屋では、初心者な質問はしづらい 質問内容は技術、ビジネスなんでも #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:30:46
諏訪真一 @suwa_sh

見える化 クラッシュ率、コミット数、OSS レーティング、サポートOS、アプリサイズ -> SDK提供側が最低OSバージョンを把握できる 昔は書いてもらっていたが、更新漏れがあったので #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:30:56
あさぎ @_athagi

共通化した部分は使いたいチームが使うってスタンスかな #devsumiC

2019-07-02 11:34:07
諏訪真一 @suwa_sh

事例1: 車輪の再開発 共通化したライブラリ 実績がないと導入しづらい ノウハウが溜まってから使いたい -> 社内向けに組み込んだものを提供 アップデートSDK、 モック集、ABテストを楽に、 ログイン共通化 -> 新規のコスト削減 #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:34:24
あさぎ @_athagi

最新の技術は調査コストがかかるので、カンファレンス参加者の取りまとめなどをして、組織横断的に調査している #devsumiC

2019-07-02 11:36:38
あさぎ @_athagi

一つのサービスで実装できたら、他のサービスにも共有。それでも導入できない場合は、コミュニケーションをとって他サービスにもPRを送る #devsumiC

2019-07-02 11:39:05
諏訪真一 @suwa_sh

事例2: 期初に設定した予定があるので新技術を導入しづらい 出たばかりで調査コストがかかる カンファレンス参加者の取りまとめ 誰が参加しているかの管理 現地では密に連絡を取り合う なぜ現地? 現地のエンジニアにすぐに質問できる #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:40:03
諏訪真一 @suwa_sh

1つのサービスでできたら共有 社内勉強会も 他のサービスでも連携してPR 全社横断なので誰かしら知っている人がいるのでスムーズ #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:40:13
諏訪真一 @suwa_sh

事例3: 主務が優先で後回しになってしまう OSSでの還元、最新言語対応など -> 兼務の時間を利用 AppFeedbackSDK を公開中 #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:42:29
あさぎ @_athagi

自サービス以外に積極的に関わっていくことってインセンティブがないと難しいと思うんだけど、(組織として制度の整備とかをして取り組んでると思うんだけど)、どうやって取り組んでるんだろ? #devsumiC

2019-07-02 11:43:17
斉藤健太@SRE転向1年生 @saik1010

サービス側が忙しくても助け合って開発するっていいなあ! 真意が詰まってますね! #devsumic #devsumii

2019-07-02 11:43:29
やまひろ@エンジニア @akkiengtw

横断組織で他チームのノウハウを共有できるのは効率的でいいな。 #devsumiC #devsumi

2019-07-02 11:48:27
やまひろ@エンジニア @akkiengtw

Yahooにはペアプロエリアっていうのがあるのか。 ペアプロエリアには卓球台もあるとか。 #devsumi #devsumiC

2019-07-02 11:51:18
やまひろ@エンジニア @akkiengtw

横断組織が各サービスのチームと別ではなくて、兼務してる人が多いので他チームの人とノウハウを共有しやすくていいな。 #devsumi #devsumiC

2019-07-02 11:58:14

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?