10周年のSPコンテンツ!
10
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
7/19に向けて生意気な話をする、の39回目です。対談動画が公開されました。お時間あるときにご視聴いただければ幸いです。再びCDをいつまで作るのか見たいな話をしています。 youtu.be/AdgutXRl7k0
拡大
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
それと、7/19に向けて最後の一押しとしてyoutubeにて生放送を7/14の18:00より行います。よければご視聴ください。 詳細はまた追ってツイートします。
リンク DLsite 音源素材 楽しいるーぷ12曲 [GY. Materials] | DLsite 商用利用可の音源素材です。サンプルではモノラルで音質を落としていますが、製品版はステレオ、高音質となっています。「DLsite 同人」は同人誌・同人ゲーム・同人音声のダウンロードショップ。お気に入りの作品をすぐダウンロードできてすぐ楽しめる!毎日更新しているのであなたが探している作品にきっと出会えます。国内最大級の二次元総合ダウンロードショップ「DLsite」!
本題
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
本題ですが、前回の続きです。楽曲作りの際にどの感情を刺そうとしているのかがまず明白である必要があると思います。どこにも刺そうとしてない作品は刺さったとしてもただの偶然にしか過ぎないので。どうやったらどんな感じになるのかという検証も出来ませんし、ノウハウの蓄積も遅くなります。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
出来ればどの方向性で刺すかはバンド単位でコンセプトとして持つべきでしょう。もちろん、バンドのコンセプトワークは感情面の方向性以外にも色々とありますからこれはあくまでも一例にはなりますが。身近なバンドさんですと以下のようなものが挙げられます。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
ShiningPlace facebook.com/shiningplace/ お笑いバンドさんです。一番笑わせてもらっているバンドさんだと思います。年に1回、多くて2回ほどのペースですが毎回違うネタ、内容で、とにかく楽しんでもらおうという気持ちが強く演出等に現れています。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
全身タイツも感情面で「笑い」が明確なのでそこから逆算したとても綺麗なコンセプトワークだと思います。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
Sympathy Black youtube.com/watch?v=srrSnm… 自分が進んでスタッフをやろうとした珍しいバンドさんです。自殺がテーマでかつボーカルのJeffさんが声、言葉が非常によく飛ぶ方でして聞いてるとどんよりしてきます。
拡大
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
暗い、陰鬱とした雰囲気で毎回ライブを盛り下げてくれていました。盛り下げると言っても、ライブ後の充足感があるので内容としては盛り上がってるんですけども。残念ながら活休です。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
バンドとして感情面のコンセプトがしっかりとあれば楽曲作りもしやすいはずです。逆算しやすいですからね。
作曲が目的になることが多々ある
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
我々は往々にして恰好をつけようとしてこの感情面でのとんがりを見失ってしまいます。振り返ってみて思うのは演出や歌詞が中途半端でどうしたいのか、というのが自分の作った歌詞では多いように思います。これは要するに、相手をコントロールすると言う意図の弱さが浮き彫りになったものかと思います。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
ただ作品を作った、ただ歌詞を書いた、ただ曲を作った。もっと言えばフィルを作った、リフを作った、コード進行を作った。ただの技術を並べただけ、好きなものを並べただけ。自分の感覚ですが、
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
自分の作ってきたものを含めほとんどの楽曲が箇条書きのリストにすぎず、それを小説ですと手渡された感覚になるんですよね。思いつくまま書いたもので、起承転結も特にない。文法としてはまぁまぁ正しい程度。そんなもので人の心は動かないです。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
箇条書きにするにしても何かしらのオチや、世界観、テーマなどの強い方向性が必要です。そしてそれらに肉付けしていく作業においてもその方向性に従って肉付けをしていくべきです。もちろん人前で演奏する際にもその方向性を貫くべきです。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
よって、作曲段階から全ての音符、コード進行、休符、テンポに至るまで理由が必要で、演奏時においても全ての音、一音一音に対して意図が必要です。サビでの盛り上がりを作るために対局のA,Bメロではクリーンとか、声を小さくするとか。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
これらの作業が上手くいって初めて、相手の心を操作できますし、刺すことが出来るようになります。
演出家の不在
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
バンドさんに対して良く感じるのは、演出家の不在と、演出に対する統率の無さ、コミュニケーション不足でして。これは自分も反省点なのですが、この曲でこんなんやりたいあんなんやりたいを上手く引き出せず、上手く伝えられないんですよね。
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
客観的な視点を持ちづらいだったり、あるいは人間関係を崩したくないだったりいろんな理由は有ると思います。ただ、その理由は結局のところ演者側の都合で、演者側の勝手です。その演者側の勝手でもって、舞台の価値を損なっていてはお客さんが離れるのも当然の事ですので、
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
ここは色々と取り組んでいただきたいです。 演奏技術ももちろん大事なのですが、演出にせよ技術にせよいずれも手段です。そして技術、音楽理論は演出を実現させるための土台ですが、その逆は有りません
GY.Materials◆7/19 ノルマゼロ 70%バックライブ@西九条ブランニュー @GYMaterials
演出が良ければ少々の技術不足は補えますが、演出が無ければいくら技術があろうとも心は打てません。 特に人間は視覚からの情報が多い生き物ですから、コンセプトの見える衣装、バンド単位で統率された動きはスタートラインだと思っています。
残りを読む(11)

コメント

苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2019年7月2日
まず、まとめ主が意図と理由も込めずツイートして意図と理由も込めずまとめ作るのをやめてからこれを言うのがスタートラインじゃないかなぁ。
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2019年7月2日
ジョン・ケイジの4分33秒はどうすればいいのさ?
エツェ子 @beastlyelder 2019年7月3日
抽象的過ぎて全く意味がない
f。 @_ffff 2019年7月3日
manaby76 それこそ意図も理由も込めずに演奏したらダメな曲筆頭なのでは。
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2019年7月4日
ノイズミュージックとかフリージャズとか、即興アドリブ重視な音楽スタイルを無視してないか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする