2019年7月7日

2018-19 NBA Final TORvsGSW ツイートまとめ

自身のツイートをまとめました。
0
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsGSW Game1から、TORのプレー。 ダニー・グリーンのCorner to Corner Exit Cutに、シアカムがHandoff & Screen your own manで合わせた形。 pic.twitter.com/mdKMBfImVz

2019-06-02 04:09:19
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsGSW Game1から、TORのオフェンス。 ガソルのドライブに対するカバー → X−Out Rotationでシアカムvsカリーのミスマッチ。 ドレイモンドが寄っているのを見てシアカムは一旦ダニー・グリーンとパス交換してドレイモンドにストレスをかけつつアタック。(Hitback) (続く) pic.twitter.com/haq3cQQuod

2019-06-02 04:16:08
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

twitter.com/mbtresearch/st… (続き) 最後はドレイモンドが再びヘルプに寄ってきた瞬間にダニー・グリーンにキックアウトして3P。 配置的にはクレイがきっちりケアしたいところだが、クレイとしてはレナードを離したくないという躊躇があったはず。

2019-06-02 04:18:29
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのオフェンス。 左サイドでのPindownでクレイはPindown Slipを行い、マークマンのダニー・グリーンがSlipを警戒してチェイスしてくることを確認。 右サイドにカットアウトしてから、続けざまにPindown。ここではSlipするとみせかけて本当にスクリーン。カリーがオープンに。 pic.twitter.com/GgBF8saCk9

2019-06-02 04:27:13
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWドレイモンドのDF。 ウィングのシアカムをほぼ捨てて、レナードのポストアタックに対して、あの位置からベースライン側へのヘルプに出るという凄まじいカバー。 pic.twitter.com/soQGYHSgtb

2019-06-02 04:31:37
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsGSW Game1から、TORのDHO Slice Double。 まずウィークサイドのパウエルがシアカム&イバカのStaggerを使い、元々DHOハンドラーだったラウリーが続けざまに同じStaggerを使ってウィークサイドにカットアウトしてシュートを狙う形。 pic.twitter.com/vNSBjr1KY8

2019-06-02 04:45:14
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1からワンシーン。 GSWカズンズがトップの5-OutからウィングのクレイによるBackdoor。 その直後、TORイバカからパウエルへ何やらコミュニケーション。 この形のバックドアはウィークサイドがケアしてローテーションするルール? pic.twitter.com/noqU684T68

2019-06-02 04:51:08
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのDF。 ショットクロックがわずかになれば、スコアラーへのダブルチーム。 ドレイモンドがそつなくハードディレクションへ変更しているところも良い。 pic.twitter.com/dRmuxGitXO

2019-06-02 04:53:06
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWドレイモンドのDF。 PNR Switchでレナードvsルーニーになった瞬間、ドレイモンドはウィークサイドをリビングストンに任せてボールサイド・ローでのヘルプに貼り付き、実質1on2の形に。 pic.twitter.com/eFTAu44pY8

2019-06-02 05:03:49
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのトランジションDF。 ドレイモンドからリビングストンに対し、ルーニーがベースラインカバーに居る旨をコミュニケーション。 その瞬間にリビングストンがノーミドルのハードディレクション。 1on2でレナードを自陣深くに追い込んでスティールを誘発。 pic.twitter.com/6QqEY1w2wq

2019-06-02 05:21:19
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1からのワンシーン。 アウトオブバウンズになった瞬間、GSWドレイモンドが可能な限り早くリスタート。 フロントコートでのクレイ/ルーニーのPindownも合わさって最短時間でスコア。 GSWはとにかくリスタートの早さに拘っている印象。 pic.twitter.com/TRjU2I30go

2019-06-02 05:24:08
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのオフェンス。 GSWのクレイ&カリーのFloppyオフェンス。 クレイ&カリーに意識を取られているのを見計らってイグダラのペネトレイト&ダンク。 pic.twitter.com/RBsy2xuVex

2019-06-02 05:30:57
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのオフェンス。 Delay(5-Out)エントリーから、Backdoor & Replace DHOと、見せかけてドレイモンドのFake Hand-Off Drive。スイッチを相手に強要しvsラウリーになっているところも美味しい。 pic.twitter.com/XueUsSmny6

2019-06-02 05:33:58
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのDF。 ショットクロックが10秒を切り、レナードへのダブルチームを組むにあたって、一瞬ヘルプに向かいかけたカリーがキャンセルして逆サイドからのヘルプを指示。 逆サイドの方が人数が多く、ローテーションで守りやすいからかと考えられる。 pic.twitter.com/XoSXsYhKxp

2019-06-02 05:43:36
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのトランジション。 カリー/ドレイモンドのDHOと見せかけて、リビングストン/カリーのRipでスコア。 カリーのマークマン(ヴァンブリート)は完全にDHOだと思い込んでいるので、カリーのRipスクリーンに対してヘルプ出来ず。 pic.twitter.com/FGwoccAWk7

2019-06-02 05:46:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

この「カリー/ドレイモンドのDHOに見せかけたリビングストン/カリーのRip」が、アドリブではなくあらかじめ狙われていたプレーだったことを示唆するのがこのシーン。 全く同じ形で、スクリナーDF(ヴァンブリート)がケアせず、ユーザーDF(レナード)によるチェイスになったので、本来は通るはずのパス。 pic.twitter.com/LPhQf4VVpD

2019-06-02 05:49:49
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのDF。 残り10秒頃にレナードへダブルチームを組み、ボールを離させる。 一度ヘルプに寄ったドレイモンドが即座にリカバリーして対応。 最後にドレイモンドがベースライン側に立ったのに合わせて柔軟にマークを変更するカリーの機転も良い。 pic.twitter.com/vkAYUDtXyq

2019-06-02 05:55:25
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game1から、GSWのスイッチアタック。 カズンズ/クレイのRipに対してTORはスイッチで対応。 その瞬間、クレイが内側にシールするBack Screen Seal (参考→ mbtr.hatenablog.com/entry/2017/12/… )。 惜しむらくは、カズンズがシアカムをClearout(Seal Screen)しておけばイージーレイアップになったのでは。 pic.twitter.com/02RFuD3sU5

2019-06-02 06:02:13
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsGSW Game1から、TORのオフェンス。 レナードによるBall Screen your own man。 それをされてなおハンドラーを先回り出来るドレイモンドのDF力も凄まじいが。 pic.twitter.com/PkNbHQGzXM

2019-06-02 06:10:42
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game『2』からのワンシーン。 TORはDelayからのBackdoor & Replace。 これに対してGSWはDive Switch (参考→ mbtr.hatenablog.com/entry/2018/11/… ) で対抗したが、その上でレナードが押し込む。 pic.twitter.com/SGJXlEaCZG

2019-06-07 07:30:38
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game2から、twitter.com/mbtresearch/st…でも取り上げたリビングストン/カリーのDelay Rip。 カリーを離さないDFを選択すると必然的に生じてしまうセパレーション。 一応イバカがケアしようとしているのだが、トランジションでこれをやられると間に合わせるのは厳しい。 pic.twitter.com/My5gUsK6BD

2019-06-07 07:49:02
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game2から、GSWのDF。 TORのSTSアクションでシアカムvsクックのサイズミスマッチが出来てしまったが、シアカムにボールが入るのに合わせて、クレイとクックのScram Switch = Kick Out Switchでサイズミスマッチを減らす。(依然ミスマッチではあるが) pic.twitter.com/RCKsuKQ1lU

2019-06-07 07:53:22
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsGSW Game2から、TORのDelay Flare Slip。 https://t.co/PUNOaJAwyjでも紹介したコモンなスイッチアタック。 ウィークサイドでシアカムがPindown Slipをして、ウィークサイドDFの注意を惹きつけているところも素晴らしい。 https://t.co/6rS8ONxEo5

2019-06-07 08:00:01
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game2から、GSWのFloppy ISO。 カリー&クレイのFloppyに注意を引きつけて、トップのイグダラでアタック。 たまらずガソルがヘルプに出たところに、ジェレブコへのDump off Pass。 pic.twitter.com/TEtlPCpSJ7

2019-06-07 08:09:37
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

GSWvsTOR Game2から、GSWのオフェンス。 カリー/ドレイモンドのDrag →リジェクトドライブ&Short Roll →カリーのGive&Go →キックアウトからのRelocate & Screen pic.twitter.com/eF5tmJ2XPT

2019-06-07 08:24:06
残りを読む(84)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?