2
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
第九部最終章へ。 来年度スタートの小5~6英語は「can」は教える一方で「~ing」は動名詞しか教えないようです。 過去形についても「ate」とか「enjoyed」とかのごく基礎的なもの限定。 つまり中1~2の一部ヌケありのものを小5~6でミニゲーム形式で暗唱させていく感じでしょうか。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
この子かわいい。しかし英語はめちゃめちゃ。  ① あんたにギターは無理でしょうが  ② ギター弾いてくれる?  ③ ギターなら弾ける? のどれにも聞こえてしまうので  Are you a guitarist?  (あんたギター弾き?)  Do you play the guitar?(ギター普段から弾くほう?) にすべき。 pic.twitter.com/NJDxZY4j2K
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
小6終盤。「This was my favorite class.」がわからない。「これが一番好きな教科でした」って、あなたまだ卒業してないのにどうして「was」(過去時制)なのか。 pic.twitter.com/zmFSHjFFpX
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「クマは強い」「クマは森に棲んでいる」「われらみんな地球っ子さ」 さっぱりわからない。「We」(われら)にはクマも含まれるのでしょうか。 pic.twitter.com/ZAfZsKu48Y
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「小学校で 600 ~ 700 語程度,中学校で 1,600 ~ 1,800 語程度,高等学校で 1,800 ~ 2,500 語程度」mext.go.jp/component/a_me…
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「「1600 ~ 1800 語程度」としている語数について,「1600 語」とは中学校の外国語科で新たに指導する語数の下限を,「1800 語」とは指導で取り扱う一定の目安となる語数を示したものであり,1800 語程度を上限とするという趣旨ではない。」 ああ怖。つまり上限ナシってことですかー。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
現行では1200です中学英語で覚える英単語の種類。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
来年スタートの小学校英語では 600~700 だから、単純計算では中学3年間で習うぶんの半分以上。 かなりしんどいですよこの目標。そのうえで中学で 1600~1800 の上積み…悪夢。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
学校外部の組織に子どもを委ねてつじつまを合わせるしかない。私の家の近くはバスの便がいいせいかやたら能力開発センターや東進など全国チェーンの進学塾があって、小学生のよゐこたちが登下校するのを職員が旗をもって保護してる光景を目にする。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「こんなの英語でもなんでもない、和式漢文じゃん!」と私が訴えても「そんなこといわれても学校の成績や入試こそが大切なんだし、ニセモノであろうが知ったことか」と背を向けられてしまう(実際、現役JCにそういわれてしまった)。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
こうして学校英語は今まで以上に「科目」化し、「語学」ではなくなっていく。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「語学」とは何か。自分たちのありふれた日常を、外国語で外国人に語り直すための訓練。これが私なりの定義。 つまり、ニホンジンの英語崇拝&劣等感の有様と原因を、英語で外国人に説明できて、きちんと納得させられるか――こういう課題が否応なしに浮かび上がってくる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
メタです。自己言及のジレンマ。パラドクス。ここを乗り越えるために私は「エマ」という金髪碧眼中学生を創造し、母校に送り込んだ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
夜の繁華街をふらふら。駅前ビルで面白いものを見つけた。  AEON  河合塾  日能 ↑ビルの入り口にこうあったの。それぞれの階に入っている。下二つは受験用で上のはエーカイワ教室。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
AEONは英会話教室の全国大手。小中高生用コースもあって一応受験対応らしいのですが、検索するとaeonet.co.jp/kids/juniorhig… 高校・大学入試でスピーキング能力が問われるのでうちなら面倒みまっせーとアピール。「英会話」と「英検」対策をすれば入試にも効果絶大という理屈か。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
英検の英文がなんかおかしいことは前に何度か指摘したとおりです。 それから「英会話」なる不可思議な概念は、戦前昭和に日本が国際連盟を脱退した反動から、NHKラジオ講座の世界で生まれたものであることも。(当時は「英語会話」と呼んでいた)
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「英検」と「英会話」に共通して感じられるイメージ。それはモノホン・いんぐりっしゅだよーんという感覚。 モノホンを習っておけば入試英語なんて楽勝ラクショー、と宣伝をかけてくる。愚民はみんなこれに引っかかって我が子や孫を通わせる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ガイジンに話しかけられると慌ててしまうニホンジンの大量発生は、おそらく戦後。 義務教育が3年延長されて、誰もが中学で一度は英語を習うようになって、そして大なり小なり挫折を味わうわけです。成績が良くても「しょせんニセモノ」と感じていく。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
成績の良し悪しとは無関係に、中学のうちに私たちは英語への劣等感を募らせていくわけです。「授業さっぱりついていけない」「読めるし訳せたけどしょせんニセモノ」 こうして街でガイジンに話しかけられると思春期の傷をツンツンされてパニック症状をおこしてしまう。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
劣等感といっても「エーゴわかんねーよ!」と相手にすごむ系と、youtu.be/8D6rJiYSF4M
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「あいきゃんとすぴーくいんぐりっしゅ」と慌てる系に大別される。 pic.twitter.com/RkJ7RHxynU
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
実際は両者の混交的な反応を私たちはする。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
憧れ/劣等感の表裏一体。これが社会全体で、ある一定の方向に向かうと、そこに運動エネルギーが生まれる。
残りを読む(24)

コメント

また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2019年7月8日
英語と英会話は別物って何度言えば・・・
瑞樹 @mizuki_windlow 2019年7月8日
そもそも、街角で見知らぬ人に話しかけられた時点で慌てるし、身構える。後、相手が日本人でも「道に迷ったので案内してください」で声をかけられた挙げ句、変なところに連れて行かれて大変な目に!ってこともあるので「今、忙しい!」で逃げるべき
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年7月8日
CAFE_XXX 「英会話」は昭和の発明品だって何度言ったことか
また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2019年7月8日
KaoruKumi 文語体と口語体って言えば理解出来るだろうか?
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年7月9日
CAFE_XXX 文語体は敗戦後に廃止された。明治憲法の廃止はそれの第一弾だった。
洗面器 @cO7gY8gbeNcoNEe 2019年7月9日
いやまぁ外人も自分の国でいきなり日本語で話しかけられたらテンパると思うよ
Shiro @Shiromagenta 2019年7月9日
裏技ですが、外国人と一度セックスすると、不思議なくらい苦手意識がなくなります。是非。
イモモン @mizubeyu 2019年7月9日
外国語は文法メチャクチャでもボディランゲージと表情で大抵どうにかなってしまう
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年7月9日
mizubeyu 一番使える裏ワザは「めーあい?」で切り出すことです。「May I?」(よろしいでしょうか) たとえば電車に乗って、座席に座るとき、隣にいる方にこう声をかけると「Sure.」(どうぞ)とかいいながらボディランゲージ(手のひらで指し示す等)を使ってくるので、つつがなく会話できる。相手が拒絶するときは首をふるなりなんなりのしぐさをするので、それでわかるわけだし。