第96回ピッティ・ウォモまとめ

6月11日~14日まで、フィレンツェのフォルテッツァ・ダバッソで開催された第96回ピッティ・ウォモが終了し、約1か月が経過しました。フィレンツェ、ナポリ、ミラノから配信した25本のトピックのほか、最後に総評もあります。メンズファッションの最新情報を先取りしたい方、クラシックなスタイルが気になる方、是非参考にしてみてください。Ho riunito i pezzi degli articoli del Pitti Uomo No.96.Divertitevi!
1
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム1】“ピッティ スペシャル クリック”がテーマとなった今回、バイヤーやメディア、インフルエンサーが会場を共にし、新たに生まれるシナジーを狙う。抽象的な表現だが、世界へ向けたファッションというエネルギーの発信は、常にフォルテッツァ バッソにある! #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/SSWsXJUtF8

2019-06-14 20:27:49
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム2】初出展を果たしたモロッコ発祥の「コントレアリー」。2016年設立のまだ新しい靴ブランドだが、パームツリーを原料としたラフィア素材を編み上げ、アッパーを形づくるタッセルスリッポンは、早くも洒落者たちが注目。軽快な夏の靴として大ブレイクしそうだ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/jevspd2JhE

2019-06-14 20:28:09
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム3】2019年春夏にスタートしたばかりのパリのシャツブランド「ブリエンヌ」。白シャツのみの提案だ。細いヒダ胸のつくり込みやカフにデザインしたストラップ付きのボタンなど、オートクチュールを思わせるディテールは、女性デザイナーならではの繊細さが光る。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/svyQJLz4fv

2019-06-14 20:28:32
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム4】このところリバーシブル・ジャケットの打ち出しが目立つ「ベルヴェスト」。今回は、ワークとテーラードタイプのデザインを表と裏で表現。コットン&リネンによるオフホワイトのデニムは、品格が滲み出るうえ、コシを感じる実に肌触りのいい素材だ。絶品! #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/THchfAUaBD

2019-06-14 20:28:59
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム5】とろけるようにしなやかな上質ニットで人気の高い「フェデーリ」。今回の注目アイテムは、大人のTシャツだ。サラサラと肌の上を滑る極上のスーピマコットンを使い、王道のクルーネックのデザインに、小さな胸ポケットが絶妙である。なんと全35色を揃える。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/Tj0GENsjqK

2019-06-14 20:29:32
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム6】前回からホテルをかえて展示会を開催の「アット ヴァンヌッチ」。タイの持ち味を生かす柄出しや色は、ファッションのプロたちからも大絶賛だ。芯地を2枚使った新作は、バランスのいい形のノットが表現できる。シルク100%だが、リネン混のような質感が最高。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/5bd21uc195

2019-06-16 13:59:07
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム7】クラシックを楽しむ30代たちの洒落者が着目し、新鮮な着こなしを演出する柄が、赤と黒のバッファローチェックだ。アウトドアウエアブランド「ウールリッチ」が原点。ダブルジップ仕様の一枚仕立てによるオーバージャケットは、着こなしにインパクトを生む。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/LTeNnirEVT

2019-06-16 13:59:34
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム8】ドレッシーなインペリアル コレクションに対し、ミリタリーな香りのモデル『ケンゴン』は、世界的に人気の高い靴。ウエインハイマーのシボ革を使ったベルトショーン製法の名品である。 2020年春夏「ジョセフ チーニー」のテーマは“ミリタリー サファリ”だ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/XPFweXV0e4

2019-06-16 13:59:47
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム9】リサイクルがキーワードのいま、勢いのあるブランドは、もはや素敵な服をつくればいい、というだけではない。「ポール&シャーク」は、23本分のペットボトルを再生した素材で、部材を含め一着のパーカを製作。スタイルは格好よく、コンセプトはスマートだ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/NBQbq1EGZM

2019-06-16 13:59:59
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム10】出展を追うごとに、つくりや色合いが巧みになり、ベーシックなスタイルがより新鮮に見えるような工夫を重ねる、ニットブランドの「マクローレン」。格子の織り柄とストライプをミックスしたデザインは、1950年代のイメージ。襟型とボタンの配置も絶妙だ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/id3WppHc3g

2019-06-16 14:00:13
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム11】初出展の「クラフツマン クロージング」。2015年に設立した香港が本拠のレザーアウターが得意のブランドだ。ビスポークとMTMが主体だが、プレタポルテの新作サファリジャケットを発表。380g/mのインド産リネンは手応えがあるうえ、特有のネップが抜群だ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/TIH7yaR7Cd

2019-06-17 19:23:49
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム12】日本のパンツ専業メーカー「ヤマサキ」が、自社ブランド「カルサ・長崎トラウザーズ」を立ち上げ初出展。ポケットの袋にも贅沢に表地を使うことで、手をポケットに入れたとき滑らかな感触が味わえる。斜めに切った後ろポケットは、尻高で脚長効果を狙う。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/ZHqIphAF2D

2019-06-17 19:24:08
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム13】リラックス感のあるトータルルックで、見事に時代の気分を演出する「ドレイクス」。先染め糸を用いて冴えた色彩を表現し、シードステッチとストライプを合わせた編み込みのクルーネックニットは、特に目立っていた。モヘア×リネン混の爽やかなタッチだ! #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/cvIfUh5WE5

2019-06-17 19:24:26
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム14】「ブルネロ クチネリ」のテーマのひとつが、ホワイト×ブルーのハイコントラストだ。清々しいホワイトスーツは、柔らかい手触りのリネン100%。シングル3つボタンの段返りで、カジュアルな表情を残すスリーパッチポケットも新鮮。白は、今回の注目色である。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/v3DuL1Mwio

2019-06-17 19:24:38
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム15】リシュモングループの一員となった、老舗バッグブランドの「セラピアン」。ナッパレザーを手作業で編み込む“モザイク”のディテールを打ち出す。ボストンバッグの内側に、”モザイク“を製作した職人の名前を記入のタグを加える。エクスクルーシブ感が漂う! #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/QoAYFhFRcg

2019-06-17 19:24:57
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム16】バーノン・サリバンという作家名も持ち、アメリカンジャズの評論で活躍したボリス・ビアン。彼が愛用したM-43をベースにクリエイトしたアウターが、「コヒーレンス」の『バーノンII』だ。ウール、リネン、モヘアの強撚糸を使い、ドライタッチに仕上げた。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/Qv84g3AYTx

2019-06-18 14:30:15
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム17】英国の名門靴ブランド「フォスター&サン」が前回から出展。日本の商社、双日が出資し英国に靴工場をつくり、既製靴ラインを開始したのだ。ブランドの顔となるサイドの曲線が美しい、3アイレットのブローグは、ハイエンドコレクションの『フォスター』だ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/WPUfwBWPvQ

2019-06-18 14:30:36
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム18】正統派のリクエストに応える、フルキャンバスのスーツを投入した、パルマのつくり手。これまでの「パイデア」とは違う、よりしなやかな仕立てで、新ブランド「ボンメザドリ」を命名。ウール生地の落ち着いた色合いのチェックが、実に大人っぽいのである。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/zW3NTleXaV

2019-06-18 14:30:49
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム19】芸術と日常生活を一致させようとするアーツ&クラフツの祖、ウイリアム・モリスが提唱した、ボタニカルパターンを生かした「ボルサリーノ」。クラウンにラフィアを、ブリムにはカナパを使い分け、清涼感ある中折れを発表。リボンの柄が、そのプリントだ。 #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/fkgq9a2iFb

2019-06-18 14:31:03
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム20】リラックスしたスタイルのテーマを、キューバに求めた「ラルディーニ」。リネンやコットンの爽快な素材をナチュラルな色で表現したジャケットやパンツのコーディネートに、キューバの街並みや建築にある、赤や青、パープルなどをポイントに生かしていた。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/ARc1S00KdY

2019-06-18 14:31:14
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム21】本格上陸から3シーズン目を迎えた「ラトーレ」。今年の秋冬の流れをくむ1970年代のスタイルがイメージソース。上襟とゴージを下げ、薄い肩パッドを入れた案外自然なフォルムをつくり上げた。ウール&シルクによるチェックの色も、もちろん‘70年代の回帰だ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/PKgHKP9MT9

2019-06-19 10:35:06
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム22】薄手のダウンやレザーは、私が想像している以上に春夏シーズンの販売がいいらしい。「ヘルノ」の膨大なコレクションの中にも、気になる軽快なダウンがいくつも潜んでいる。カシミヤ&シルク地のソフトで超軽量のダウンパーカは、淡いグレーが実に上品だ! #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/0sSJgyIMCD

2019-06-19 10:35:21
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム23】「PT01」「PT05」は、ブランド名を「PT」で統一し、新たな提案の構築に入った。安定したファンを持つクラシックなラインは、”デラックス・コンフォート・ファブリック“などに分けられ、特徴を際立たせた。ストレッチが効いたクラシックな顔の一本である。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/tmBjNZ71mN

2019-06-19 10:35:46
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム24】2017年にミラノで設立した「トライアーノ」。スポーツウエア由来の高機能素材をトラッドなアイテムに生かす。吸湿発汗性に優れたコットンストレッチ素材に、糸の面をコーティングする3Dプリンターによって、オックスフォードが、立体的な織柄に見える! #pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/VNDR0ihkEx

2019-06-19 10:36:04
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム25】日本の「テアトラ」。“フトゥーロ マスキーレ”にブースがあり、これまでも横目に見ていたが取材することはなかった。今後のスーツを考える意味でも、コンセプトを伺うと、化学繊維素材で、いかに快適な服をつくるか。定点観測を欠かせない先端ブランドだ。#pittiuomo #pu96 pic.twitter.com/U6Qp6RBoWj

2019-06-19 10:36:31
拡大
残りを読む(1)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?