10周年のSPコンテンツ!
5
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
「吹替監修・演出の福田雄一監督に批判殺到 DC映画『シャザム!』、アメコミファンの逆鱗に触れた理由は」 excite.co.jp/news/article/R…
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
吹き替えやアニメにタレントを使うことが定期的に批判されるが、この問題は恐らく昔からあった。だって「あしたのジョー」の矢吹丈は、バリバリのアイドルだったあおい輝彦(初代ジャニーズ)なのだ。当然、リアルタイムでは反発もあったと思うが、今ではあおい輝彦以外の矢吹丈は考えられないだろう。 pic.twitter.com/FqO2gkWuQj
拡大
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
漫画「あしたのジョー」の支持層とあおい輝彦の当時のタレントイメージを考え合わせると、あおい輝彦の矢吹丈が初めから「役柄にピッタリ!」と賞賛されたとは思えないんですよね。子供の頃、近所の年上のお兄さんが「最初、あおい輝彦が矢吹丈とかフザケンナ!と思ったよ」と話していたと記憶する。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
出崎統は、主役に声優以外のタレントを使いたがるクセがあった。「コブラ」も最初の劇場版は松崎しげるを起用している。TVシリーズは野沢那智に代わったが、これはスケジュールの都合らしい。批判する人も多いが、松崎しげるのコブラは悪くないと思ったんだよね。あのまま続ければ、定着したと思う。 pic.twitter.com/fQwFCCbhN0
拡大
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
「コブラ」は当時から山田康雄がピッタリ、という声が多かったが、私はそう思っていなかった。山田康雄は声が痩せているんだよね。だから、スリムなルパンは良いけれど、筋肉質なコブラは違うと思っていた。出崎統も「声に肉体を感じる色気が欲しい」と言っていて、だから松崎しげるを起用したらしい。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
声優は、タレントや役者に比べると、確かに口跡が明瞭で演技も安定しているのだけれど、人工的で画一的な物足りなさも感じる。 NHKは海外ドラマの吹き替えに、普通の役者と声優を混ぜてキャスティングする伝統があるけれど、あの方法がベストではないかな?
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
宮崎駿が最初に素人を重要な役に起用したのは「となりのトトロ」の糸井重里だけれど、これはオーディションでの声優の演技への不満がきっかけだと言う。「みんな『パパは何でも知っている』な父親になってしまう。でもトトロの父親はそうじゃない。自分自身がまだ何者か分かっていない父親なんです」。 pic.twitter.com/ZXhsy5kmsg
拡大
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
そんな時、コピーの打ち合わせに、娘を連れてスタジオに来た糸井重里を見て「あぁこんな感じの親子なんだよね」と思い、糸井重里の起用を提案したそうだ。糸井重里も庵野秀明も、宮崎駿の提案なんだよね。ドキュメンタリーでは、宮崎駿が庵野の名を出すと、みんなドン引きしていたのがリアルだった。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
@tea1800tea コメントありがとうございます。 一般的にはそうでしょうね。でも、その抑揚の乏しい朴訥さにリアルを感じる人もいるのでしょう。「となりのトトロ」の挿入歌「さんぽ」を作詞した童話作家の中川李枝子は「娘2人の人工的な声を父親の声が抑えていてバランスが良かった」と糸井重里を褒めていましたね。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
@tea1800tea 「もののけ姫」の時、宮崎駿は声優の島本須美の演技に「もっとぶっきら棒にセリフを言って下さい。私達の日常の会話の口調って、ギョッとするほど素っ気ないものですよ。あなたは、まだ良い人に見られたがっている」と、盛んにダメ出しをしていました。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
宮崎駿は「未来少年コナン」の頃から「声優の演技」に不満を漏らしていたのだから仕方がない。地位とお金を得て、声優を使わなくても良くなったから使わなくなった、だけでしょう。 宮崎駿には、声優の上手い演技より庵野秀明の棒読みの方が「良い」のだ。まぁ、庵野秀明は立花隆よりは上手いけどね。
UWの落日 @uw_susu
宮崎駿が声優ではなく役者の声を求めたのは、演出家としての宮崎駿の好みの問題だから、まぁ仕方がないけれど、それに鈴木敏夫が「有名人を起用した方が宣伝効果がある」という視点で乗っかってしまったことに、声優ファンが不快感を覚える気持ちは、分からなくもない。
UWの落日 @uw_susu
@uw_susu 宮崎駿にも何人か「お気に入りの声優」はいて、そういう人達も次第にジブリに呼ばれなくなったのは、営業的な要請からなのだろうと思う。
UWの落日 @uw_susu
ジブリが声優を使わなくなったのは、宮崎駿の芸術的欲求と鈴木敏夫の商業的要請が合致したからなんですよね。 宮崎駿はジブリを立ち上げるずっと前から、声優の演技は画一的でリアリティがない、と不満を漏らしていた。声優の演技は、発音は明晰だけれど作られた声だから、そこが嫌だったのだろう。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
宮崎駿は声優の作られた人工的な感じが嫌で、生身の声が欲しいのだろう。しかし声優ファンの人達は、その「非現実性」をこそ愛しているのだと思う。 声優ファンがジブリのキャスティングに反感を持つのは、単に声優の地位が軽んじられているからだけではなく、もっと本質的な断絶があるのではないか。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
宮崎駿(だけではないが…)が、プロの声優を忌避したがるように見えるのは、実写の映画監督が時としてプロの役者以外をキャスティングするのと似ている。作家の側には表現者としての必然があるのだが、観客には必ずしも理解されない。大島渚は常にそうだったし、完全主義者の黒澤明にもそれがあった。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
黒澤明の「影武者」や「乱」で重要な役を務めた油井昌由樹はプロの役者ではない。「影武者」で初めて起用した時は完全な素人だった。黒澤明は油井昌由樹の存在感がかなり気に入っていたようだが、評論家の武市好古は「セリフを話す技術が身についていない素人を使うのは理解できない」と批判していた。 pic.twitter.com/lXhWdj2aMU
拡大
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
当初「トラ・トラ・トラ!」の日本側監督だった黒澤明は、日本軍の幹部に企業経営者などの財界人を多くキャスティングした。「役者ではリアリティが出ない」という理由で。黒澤明は「やはり存在感が違う」と言っていたが、米国側から「黒澤明はおかしくなった」と監督を降ろされる理由の一つとなった。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
黒澤明は、三船敏郎と最初にコンビを組んだ「酔どれ天使」でも、三船の演じた役を最初にオファーしたのはプロ野球選手の青田昇らしいから、初期の頃から既存の役者にはない存在感を素人に求める傾向があったのかもしれない。三船敏郎も当時は新人で、その演技は素人クサいという批判があった。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
映画監督はプロの役者の演技の馴れや類型性に物足りなさを覚え、時に素人のリアリズムに惹かれるのだが、一般の観客は類型的な上手さを求めている。というより、素人のセリフ回しや定型的な感情表現の稚拙さに引っかかってしまい、そこからリアルを読み取るのではなく、単に拒絶してしまうのだろう。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
大島渚は、いわゆる「上手い演技」を好まず、素人を良く起用したが、これは彼のワンテイク主義とも通じている。大島渚はセリフの言い間違い等のあるミステイクをそのまま使った。「私達は日常の生活で言い間違いなんか普通にするのに、映画の中では常に完璧に演じるのはリアルじゃない」というのだ。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
大島渚は、人間の生理ではファーストテイクがベストテイクだと考えていて「ダメな監督は最初に完璧なものを見てから、それを繰り返せという。でも、最初のベストを再現するためには何十回もやらなければならない」と話していた。で、それを実際にやらせていたのが、スタンリー・キューブリックなのだ。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
ワンテイク主義の大島渚と100回リテイクする完全主義者のスタンリー・キューブリックは、作家として真逆なようでいて、結局、同じ地平にたどり着いていたのではないか?という気がしている。
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo
キューブリックで好きなエピソードは「フルメタルジャケット」で、あるシーンのOKが出ない役者が悩んでいるとキューブリックが現れて「気にするな、君は必ずできるさ。一週間かかったっていいんだ」と慰めた。すると、そこにいた全員が「あいつ、このシーンを一週間やる気だ!」とパニックに陥った話。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする