カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

驚異の空中戦!ミーティア戦法概要!!

くりそら(@Chryso_la )さんが開発した将棋のオリジナル戦法「ミーティア」についての概要をまとめてみました。後手番用の戦法のため、写真は基本的に後手が手前になっています。 振り飛車にも関わらず、大駒が前半から飛び交う空中戦の世界をお楽しみください。 youtubeにも、解説動画があります↓ 続きを読む
将棋
3
くりそら @Chryso_la
@d_narou 雑まとめミーティア、連投でいきます。 厳密な手順はないのですが、私はこう組んでいるというのを書きます。何はともあれ、まずは△4二金。その後は、一直線に美濃に組みます。△6二玉が先でも△7二銀が先でもいいですが、すこしアヤが違います。(続く) pic.twitter.com/803qMwYkGe
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
@d_narou 途中で気をつけることは今のところ一つだけです。端歩の打診がそれで、▲9一飛の打ち込みを食らうとまずいです。なお、△7二銀が入っていると△9四飛を打ち返して乱戦にできるので、美濃に組む順でアヤが違うんです。端を受けたいなら最速で△7二銀もあるかもです。(続く) pic.twitter.com/q0Cst6x6iY
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
@d_narou 対中住まいの成功例を書きます。組んだ後、私はいつも2三→3二と銀の形を整えています。△4五歩を狙っているのですが、その前に……という感じです。 もちろんいきなり△4五歩もあるでしょうし、もっと良さそうな順・おもしろそうな順があれば、トライしてみてくださいねw(続く) pic.twitter.com/ij81E3crOv
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
@d_narou あえて脇道は無視して、一本の変化だけを掘り下げますね。角交換から銀を上がるのは普通の手順だと思います。上がらないと(▲4八銀)△3六歩(▲同歩△5五角)から陣形を荒らす順が生じます。 そして、△1四角が狙い筋です。ほとんどハメ手ですw(続く) pic.twitter.com/A18haS25im
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
@d_narou ここからは、うまくいく順だけを検討しましたw 角合わせには△2三角! として△3五歩の角取りを見せます。▲2六歩~▲2七角と逃がしてきますが、△4六歩▲同歩△1四角! で、この例は後手良しになりました。 マネできるか! な手順ですが、遠見の角だけでも参考にしてみてくださいw pic.twitter.com/CTPrLKD0dK
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
ミーティア。すぐに横歩を取らない変化もあります。後手は△4二飛くらいですが、今度は一手で飛車をぶつけることができないです。 ただ、相手の角道もあいているので角交換が可能になっています。そこで、居玉を避けてから△4五歩で角交換型の乱戦にします。 pic.twitter.com/knDeiO0XHY
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
実戦より。前ツイートの続きの局面です。この変化は4筋の歩交換をできることが多いです。金上がりで飛車成りを受けられた局面、このあたりはすでに研究が行き届いていません💦 課題です。 ちなみに、歩交換の瞬間の▲2二角成〜▲5五角は、歩の連打で大丈夫です。 pic.twitter.com/hkNTxLZVfY
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
続き。二枚目のタイミングで△2七歩を決行しました。飛車先の連打は一つの狙いです。が、その後がむずかしかったです。 四枚目からは、▲5五角を受けて△3三桂としたのですが、△5四角があったようです。(▲5五角△2七歩成の飛車の取り合いは後手良し) pic.twitter.com/Ki27LZJgOU
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
D@なろう&将棋アカ @d_narou
@Chryso_la ミーティア戦法おもしろいです…… お互いに飛車を持ち合っているから、相手に駒組の制限が発生して、玉形はミーティア側が有利になりやすいんですね。 どちらかというと、振り飛車というよりも、相がかり(ひねり飛車)と横歩取りの中間にいるような将棋のイメージですね。奥がふかいです(;'∀')
くりそら @Chryso_la
@d_narou そのとおりなんです。ソフトの評価値は、実は先手がちゃんとやれば後手良しじゃないんですが、玉形のぶん実戦的に勝負できるんですよ。 最近のひねり飛車化している横歩が一番似ているかもですね。実際、ミーティアも歩は取られていますしw
くりそら @Chryso_la
@d_narou 固い・攻めてる、の展開は作りやすいですねー🤗 ただ、乱戦は後手も平等にミスりやすいのを始め、後手もこの戦法を指しこなせないのが欠点ですねw
D@なろう&将棋アカ @d_narou
@Chryso_la ありがとうございます!とても勉強になります。 自分も、▲7九玉型の左美濃とかもありかなと思って並べてみたんですが…… △5五角の筋とかネックですよね。 矢倉は、やっぱり飛車交換されているから難しいし。 先手の囲いは、中住まいがベストなんですね。ソフトとの実戦でいろいろ試してみます。 pic.twitter.com/1hn3kJe2YN
 拡大
 拡大
くりそら @Chryso_la
@d_narou ▲6八玉からの囲いももちろんあります。中住まいより悪いわけでもないかと。ただ、初見だと中住まいにする人が多いんですよね。一番に知っておくべきは対中住まいだと思います。 一つ言えるのは、後手の美濃以上の囲いにはできねえ! ってことですw
D@なろう&将棋アカ @d_narou
#7新戦法】ミーティア解説動画です! youtu.be/ZjuZaFXZSww @YouTubeさんから フォロワーさんのくりそら@Chryso_laさん が開発した戦法の解説動画です(^^)/ これは面白い。オリジナル戦法大好きなので私も勉強しますw pic.twitter.com/8hpOKHzCOk
 拡大

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする