2
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート2272回をお届けします。文章はその場で即興で書いています。本日は、感想です。
茂木健一郎 @kenichiromogi
政見放送がいろいろと話題になっている。昔から、時々面白い政見放送があることはみんな知っていることだが、今回も、はみだしたものがちらほら。そして、その後で、アナウンサーが「候補者政見をそのままお伝えしたものです」と言うところも面白い。
茂木健一郎 @kenichiromogi
政見放送が面白いというのは、それが、NHKという公共放送の「枠」の中に入っているからで、もし日常で素で見ても、それほど面白くないと思う。つまり、ふだん、NHKがNHKはこんな感じ、と取り澄ましている前提を破るからこそ、政見放送は面白い。NHKという枠とコミコミでの面白さなのだ。
茂木健一郎 @kenichiromogi
NHKという「枠」と、それを破る政見放送が面白い(意図せざるコメディになっている)ということは、逆に言えば、ふだんのNHKという「枠」があまりにも画一的というかモノカルチャーということだろう。どの時間帯にどの番組をつけても「あっ、NHKだ」という「NHK臭」があるのである。
茂木健一郎 @kenichiromogi
BBCなどと比べても、NHKには、こうでなければいけないという勝手な思い込みが強いというか、おそらく入局して地方局と渋谷を行ったりきたりする間に叩き込まれる予定調和なフォーマット感というのがあって、それが政見放送では図らずもやぶられてしまうということだろう。だから面白い。
茂木健一郎 @kenichiromogi
何年かに一度の政見放送の、しかもちょっとスペクトラムの「端」的な方の型破りを待つのではなくて、ふだんからもっとフォーマットをゆるくしてさまざまなものをつくればいいのにと思う。社会的コメディはBBCの得意とするところだけれども、NHKだってもう少しやってもいいと思う。
茂木健一郎 @kenichiromogi
NHKで放送する政見放送が図らずも社会的コメディになっているところに番組づくりのヒントがある。つまり予定調和を壊し、前提となっている思い込みを外せば、そのメタ認知を通してコメディが爆誕する。それで顰蹙を買うことを恐れているのだろうけれども、政見放送がOKになっている構造を精査して
茂木健一郎 @kenichiromogi
模倣すれば、NHKでもBBCやアメリカのテレビくらいの比率で社会的コメディを流してそのときどきの政治時事社会問題を扱えるはずだ。そのためにも、NHKのおもしろ政見放送を成立させている構造を研究すべきだと思う。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート2272回「社会派コメディのつくりかたは、NHKの政見放送のおもしろさに学べ!」をテーマに7つのツイートをお届けしました。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする