10周年のSPコンテンツ!

ボードゲーム製作のノウハウをプロから学ぶ講習会MCBDJ実況

登壇者:①野村紹夫(ルートイレブン代表)…代表作・パーティージョイシリーズ、②健部伸明(Japon Bland代表)、③アフォン・リー(Moaideas Game Designマネージャー)、④あらいよしゆき(ゲームデザイナー)…代表作・ファンタジーディフェンス
ゲーム開発 MCBDJ ボードゲーム アナログゲーム ゲームマーケット
7
あらいよしゆき@2日目南カ16a @y_alay
講演内容を一部紹介しました。Master Class of Board game Design Japan #MCBDJ #ゲムマ #ボードゲーム gamemarket.jp/blog/【講演一部紹介】master-class-of-board-game-design-japan/
あらいよしゆき@2日目南カ16a @y_alay
次回より、協賛していただける企業を募集します。よりよいイベントにするために、よろしくお願いします。視察希望の方は、ご連絡ください。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
ボードゲーム製作のノウハウをプロから学ぶ講習会 #MCBDJ 始まります!どんなお話が聞けるのか楽しみです! gamemarket.jp/blog/%e3%80%90…
ozplanning @ozplanning
登壇一人目『日本商業ボードゲームの現場』-主にバンダイとその周辺- 野村紹夫さん #MCBDJ
ozplanning @ozplanning
ゲームの歴史。80年代のゲームについて。80年代はボードゲームブームではなかった。既に滅亡に向かっている文化だと思っていた。先輩・同僚・後輩みんなやめてった。やれるだけやってみようと思った。 #MCBDJ
くさなぎけいた 徳島カカポ @gejiko
ボドゲってこの時期にTVゲームではまだ複数人で遊べない持ち運べないとかでポドゲの優位性は変わらないと高をくくってた人が多かったから ボドゲが壊滅したのではとも…引用先みたいに考えた人は居たんだろうけど それをユーザーや企業のせいにして恨みを言われるのはつら味 twitter.com/ozplanning/sta…
ozplanning @ozplanning
そんな中で作ったのがパーティジョイシリーズ。135タイトル。発注から3ヶ月で店頭発売!時事ネタを盛り込めた。毎月2タイトル、1000円で買えるボードゲーム。初回ロットは24000個、もしくは36000個!10万個でヒット!一番売れたのは31万個! #MCBDJ
くさなぎけいた 徳島カカポ @gejiko
パーティジョイといえば…こんなインタもあったなぁな 4gamer.net/games/329/G032…
ozplanning @ozplanning
人生ゲームを除けば独り勝ち状態だった。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
だいたいは発注は電話で。インターネットもないので、図書館や本屋で情報集め。ターゲットの願望を叶えるゲームを考えて、テストプレイし、バンダイにプレゼン!ここまで2週間!バンダイ側でテストプレイしグラフィック担当者に渡すまでで10日#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
先輩から言われたこと。アーティストとデザイナーの違い。アーティストは自分の情熱で感応する受け手を求める。デザイナーは受け手を想定してそこに受けるように作る。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
プロのゲームデザイナーが守るべきこと。①納期と予算。関係者の生活がかかってる。②ターゲット。作ってみたらマニア向けに作っちゃいましたは0点。③創ったものに対して社会的責任を持つ。手柄を誇りたければ、責任も負え! #MCBDJ
ozplanning @ozplanning
野村さん、カッコイイな!#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
誰がこのゲームを遊ぶのか?子供、大人、ゲーム好き、一般くらいの分類ではダメ。もっと具体的に。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
パーティジョイの制作指針。子供が楽しく、付き合わされる大人もまんざらではない。運と戦術の比率を対象年齢ごとに調整。最後ギリギリまで勝機のあるゲーム。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
いろいろな課題。キャラものの問題について。雑誌の付録とちがうの?説明書を読まずにできるゲームをつくれ!#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
「一度遊んでもらえればこのゲームの面白さはわかるんですよ」って言ったらダメ。遊べば楽しいのは当たり前。面白ければ売れるほど、世の中はゲームに飢えていない。#MCBDJ
くさなぎけいた 徳島カカポ @gejiko
これってよく勘違いされるけど順序が逆なんだよね… 手に取らないと魅力や本質が伝わらないなら、まずは手にとって貰わないと行けないから どうやって手に取らせるか興味をもたせるか?が先なんだよね…遊べば分かるという人はマズどうやって遊ばせる気なんだろうと思う twitter.com/ozplanning/sta…
ozplanning @ozplanning
どうやったら買ってもらえるか?見るからに楽しそうな盤面、コンポーネント。定番テーマ、時事ネタ。ブランドの継続性。求めやすい価格。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
パッケージに情報を盛り込む。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
テストプレイはなぜ3回なのか?担当者は半年で結果を求められる。番組は半年で終わる。この中で精度高く詰められないとプロとしてやっていけない。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
コンセプト、ユーザビリティ、訴求ポイントを持ち、最初のテストプレイからしっかりしたものを用意する。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
説明書の構成内容について。パーティジョイシリーズ「ゲゲゲの鬼太郎・妖怪大魔境」を例に、どのように作るのか?サブゲーム。時間がないときの遊び方をつけていた。#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
野村さんの話、面白かった!画像や表も多くて分かりやすかったです。落ち着いた語り口だけど、ゲーム制作への熱が伝わってきた素敵な講演でした!#MCBDJ
ozplanning @ozplanning
登壇二人目。健部伸明さん。ヤポンブランドについてどうやったら海外に売れるのか?#MCBDJ
残りを読む(82)

コメント

ozplanning @ozplanning 2019年7月15日
まとめを更新しました。
清元ヒロキ @hiroki_dorastor 2019年7月17日
ボードゲーム編集者が日本に足りてないなどと言われると、さも国外ではいるのが普通のように聞こえるが果たしてそうなのだろうか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする