2011年5月20日

都合のいい幽霊

死者が幽霊になって、会いに来るという映画、小説は多い。その時、感じる違和感について書きました。 「死者を道具にするな!」と思うのです。
11
山田あかね @aka720

最近、死んだひとが幽霊になって会いに来る…的な話、多いなー。前からとも言えるけど。震災以後、ますます増える予感がするけど、この「幽霊になって会いに来る」という構造の作品のなかで、嫌いなところについて書きたい気持ちがある。多くの、心優しい人を敵に回すけど…。

2011-05-19 23:46:57
山田あかね @aka720

幽霊になって会いに来る1)誰でも大切な人を失った経験はある。すると何か会った時、その亡くなったひとが「守ってくれる」とか思ったりする。自分もそうだ。昨日、ちょっといいことがあって、その時、「あーこれはミニからのプレゼントだな、まだ、映画で頑張れと言ってくれているのだな」と思った。

2011-05-19 23:48:37
山田あかね @aka720

幽霊になって2)ミニは犬だけど、亡くなった大切なものという意味では同じ。映画とミニは関係ないけど、そういう風に思ったりする。なのでそういう気持ちがあることは否定しないんだけど、作品にしたとき、どうしても気になることがある。それは、「都合のいい幽霊」についてだ。

2011-05-19 23:50:13
山田あかね @aka720

幽霊になって3)「都合のいい幽霊」とは、生きている自分にとって、都合よく現れる奴のことだ。つまり、「生きているボク」を無条件で助ける。よくあるのが、先に死んだ妻が残された夫のためにやって来て、家事をやったり、世話をしたり、励ましたりするやつ。「死んでまで、夫の世話をするのか」

2011-05-19 23:52:28
山田あかね @aka720

幽霊になって4)「死んでまで夫の世話をする妻」タイプの作品は結構多い。死ぬのも女性が多いのだ。四谷怪談のように、幽霊とは女性が似合うのかもしれないけど、最近の幽霊は恨まず、男の世話をしにやってくる。しかもたいてい、その男はたいしたことない奴なんだな。

2011-05-19 23:54:00
山田あかね @aka720

幽霊になって5)「死んでまで僕のことを心配してくれる君」という理想があるのかもしれない。しかも、相手は死んでいるので、こっちは新しい女子を捜すことも許されているし、一方で、相談にも乗ってくれたりして、とても都合がいいのだ。そこが不満なんだ、私は。

2011-05-19 23:55:27
山田あかね @aka720

幽霊になって6)先に死んだモノには、彼女なりの後悔ややり残したことがあるだろう。それが「男の世話」ばっかりなの?好きだった男の行く末を心配することだけなの?彼女の無念はどうなるんだろう…幽霊として戻ってくるには、そういう主婦タイプじゃないとダメなのか?

2011-05-19 23:56:45
山田あかね @aka720

幽霊になって7)もし、私が死んで戻ることができたら、好きだったひとの世話もするかもしれないど、幽霊になってなにかできるなら、やり残した仕事をするかもしれないし、もっと広く助けられるひと(及び、犬)を助けるかもしれない。なので、幽霊ものが苦手なんだ。

2011-05-19 23:59:05
山田あかね @aka720

幽霊になって8)結局、「都合のいい幽霊」は、その主人公の願望を手軽に叶えるための道具になってしまう。死者を道具にすることに私は戸惑う。死を受け止めることはきついことだから、幽霊や甦りを想定することで、気持ちをなだめる…というのはわかる。宗教の始まりとして。

2011-05-20 00:02:20
山田あかね @aka720

幽霊になって9)でも、やっぱり、死者を物語の道具にするのはいやだ。もし、幽霊を描くなら、幽霊そのもののためであってほしい。先に死んだものの無念をはらすようであってほしい。「生きているボク」の都合のいい道具であってはいけないのだ。それは死者への冒涜であると思う。以上です。

2011-05-20 00:05:11
山田あかね @aka720

幽霊になって10)震災後、死があふれているなか、死者の思いを語るようなのって、すごく、どうしても、立ち止まってしまう。それを作品にすることは、そこからなにかをもらうことだ。死者から、すでに死んで無念なモノからさらになにかをもらおうとすることに謙虚でありたいと思う。

2011-05-20 00:07:21

コメント

セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月20日
SFやホラーやラノベを読むべきだと思う。TVや恋愛小説や純文学を読んでると馬鹿になるよ。
0
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年5月20日
結構な数が毎年製作されながらこの5年ほどのアニメで死者が生者の元へ来る話ってCLANNADとあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない位?酷く少ないと言ってもいいね。黄泉がえりだか秘密だかの後釜狙いの一般小説は知らないけど。
0
ToTo @toto_6w 2011年5月20日
あの花にしても企画は震災のずっと前から動いていたんだしw 震災後に企画されたとしたら出てくるのは早くても来年からじゃないかな?
0
Skye @skye_portree 2011年5月20日
「ビートルジュース」は幽霊になった人の話で、逆に生きてる人間を怖がったり、思い切って化けて出たらスルーされて落ち込んだりで、面白い映画だったよ。
1
掃き溜め @sainohakaba 2011年5月20日
そんな事を言ってると創作物の殆どは書け無いし描けないね。「死者をもてあそぶな」って尤もらしい事を口にしているけど、結局は「主観」でしかものを見ていない浅い思考によるそれ。もし、この言葉に潜むものが有るとすれば「死者冒涜に怒れる私って素敵!」かな。
0
merimeri @merimeri0722 2011年5月20日
某型月作品で夢のなかで死人と話すシーンを思い出した。 これは夢でありこの人はわたしの都合のいいことをしゃべっているだけだ。しかし、それでも、彼が許してくれたということは本当のことだと信じたくなってしまうのだ。
0
栗橋勇(KURIHASHI ISAMU) @KURIHASHIxISAMU 2011年5月20日
>>そのような「甘え」にのって、作品をつくることに違和感を覚えるということでした。西洋だと、甦りといえば、キリストになってしまうので、そうそう、都合良く幽霊を描くことができない構造がある。 そんなことはないw都合のいい幽霊の話なら民間伝承から映画等の創作物にいたるまで、むしろ欧米のほうが多いよ。
0
栗橋勇(KURIHASHI ISAMU) @KURIHASHIxISAMU 2011年5月20日
わかりやすいところで映画「ゴースト」とか、あと「コーリング」なんてドラマもあるな。あとトヨタのブレーキ問題の公聴会で事故寸前で旦那の霊が助けてくれたと涙ながらに語ってたおばさんとか。
0
栗橋勇(KURIHASHI ISAMU) @KURIHASHIxISAMU 2011年5月20日
まあ、たしかに日本だと「女」の幽霊が圧倒的に多いか。ただ助けるというより祟るほうが多いよね(←考えようによってはこれも都合がいいといえるか?)。
0