62
わしお @washicomp
【幻の航空会社、ジャパンパシフィックエアラインズ】 1997年の規制緩和に伴って誕生した航空会社のうち、最もネット上に情報が少ない、ジャパンパシフィックエアラインズ(JPA)についてまとめてみます。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/4NfRmelCMb
拡大
わしお @washicomp
(承前) そもそも、1997年の規制緩和に伴って生まれた航空会社は6社ありました。 ・スカイマークエアラインズ ・北海道国際航空 ・パンアジア航空 ・サザンクロス ・ジャパンパシフィックエアラインズ ・横浜国際航空 です。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/yZ2uVTHJpT
拡大
わしお @washicomp
(承前) 6社のうち、パンアジア航空は現在のソラシドエア、サザンクロスはレキオス航空となりました。 そして、6社中、就航できなかったのが、レキオス航空、横浜国際航空、ジャパンパシフィックエアラインズです。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/2KUUP8dXOr
拡大
わしお @washicomp
(承前) ジャパンパシフィックエアラインズの設立日と資本金は以下のような状況でした。 ・1997年5月1日設立 ・資本金1億円(1997年12月時点)→1997年11月までに10億円へ増資予定 ・1998年8月就航予定 ・株主はシダックスなど (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) ジャパンパシフィックエアラインズの当初の就航計画は以下のようなものでした。 ・ベースは日本ではなくグアムと海南島に置く ・チャーター便で日本全国からグアム、海南島、香港などを結ぶ (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/0Qo3cpFPKj
拡大
わしお @washicomp
(承前) このように、いきなり国際チャーター便を就航させようとしていた計画はすぐに修正され、以下のようになりました。 ・1998年7月から東京ー福岡に就航 ・1998年10月から香港などアジアへチャーター便開設 ・1999年7月からグアムなどへチャーター便開設 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) なお、ジャパンパシフィックエアラインズの5ヶ年計画によると、就航2年目の1999年から、1年に1機のペースで機材を増やし、貨物機も導入する予定でした。 就航初年度には搭乗客70万人、売り上げ45億円を見込んでいました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) 就航予定だった機材は、B767-300ERでした。 機体前方が白いままになっているのには理由があり、機体と機内を広告スペースとして活用する計画でした。 機体広告が導入されれば、JASに続いて国内2例目となるはずでした。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/l3WFdnzEt6
拡大
わしお @washicomp
(承前) 羽田ー福岡に就航の際の運賃は2万円以下、パイロットは海外から派遣受け入れ、CAは自社採用の予定でした。 1997年には、機体の整備を日本航空に委託する業務委託覚書を締結しました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 #日本航空 pic.twitter.com/enlMSkGqpD
拡大
わしお @washicomp
(承前) なお、ジャパンパシフィックエアラインズは、機内サービスに関しても相当革新的な計画を持っており、お笑いタレントのショーやカラオケの導入を視野に入れていました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) 今回情報源とした『月刊エアライン』では、1997年の10月から1998年3月にかけてジャパンパシフィックエアラインズを取り上げていましたが、1998年3月を最後に続報が途絶え、結局就航しないままに終わりました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) 1998年3月には、「新規参入御三家」のひとつのように紹介されていたジャパンパシフィックエアラインズ。 残念ながら日本の空を飛ぶことはありませんでしたが、その計画には先進性もあったように思います。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/XBiAHnkbC9
拡大
わしお @washicomp
(承前) ジャパンパシフィックエアラインズが導入予定だった「機体広告」は、JASのポカリスエット号が元祖でしたが、これは単発の企画で、全機への機体広告導入は日本初になるはずでした。後にスカイマークが就航とともに機体広告を導入して話題となりました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/sSSs6X6KDB
拡大
拡大
わしお @washicomp
(承前) また、アジアを拠点に国際チャーター便運航、という計画は、のちにバンコクを拠点にアジアを飛び回ったアジアアトランティックエアラインズに繋がるものを感じます。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/MdL9WWwCS0
拡大
わしお @washicomp
(承前) 航空規制緩和の風雲児…になるはずだったジャパンパシフィックエアラインズ。その計画のいくつかは、のちに別な形で実現したと言えなくもありません。 なお、今回は内幸町の「航空図書館」さんにお世話になりました。 現時点のまとめはここまでとします。 #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(追記) なお、ジャパンパシフィックエアラインズの社長さんのインタビュー記事が『週刊ダイヤモンド』に掲載されていることが確認できています。 これについては後日追記します。 #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/1EtOz8GGFU
拡大
わしお @washicomp
(承前) 【ジャパンパシフィックエアラインズ 社長インタビュー発掘】 『週刊ダイヤモンド』1997年7月26日号に掲載された社長インタビューを読みましたのでご紹介します。 「これから買える未公開株65社」の一つとして取り上げていました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/MBWHgdSHCW
拡大
わしお @washicomp
(承前) 取扱証券会社はディー・ブレイン証券、公募開始は1997年7月、公募価格は5万円となっていました。 (この額が高いのか安いのか私にはわかりません…経済に詳しい方ぜひご教示頂けますと幸いです) (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/e1TboL9lXu
拡大
わしお @washicomp
(承前) 当時の社長は東さんという方で、見出しで紹介されている通り、航空業界は「素人」の方でした。 ニューヨークで日本食材の輸入業に30年携わったのちに、1994年に帰国し、経営コンサルタント業を営まれていた方です。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/zgwyCFqeIs
拡大
わしお @washicomp
(承前) なぜジャパンパシフィックエアラインズは、当初「グアムを拠点に国際チャーター便」という強気な計画を打ち出していたのか、このインタビューで謎が解けました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) 東さんのところに、グアムの航空会社から「もっと日本からチャーター便を飛ばしてくれないか」という依頼があったのが、そもそもの始まりだったのです。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/j1bguiMnkk
拡大
わしお @washicomp
(承前) 当初は既存の航空会社へ話を振ろうとしていましたが、日本の航空規制緩和と羽田の発着枠の拡大を当て込んで、ご自身で航空会社を立ち上げることにされたそうです。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) このインタビューの時点でもなお、運輸省(現・国土交通省)からの航空事業免許の交付は受けておらず、羽田・成田の発着枠も確保できていなかったことがわかりました。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
わしお @washicomp
(承前) また、1997年7月の時点では、日本の国内線(羽田ー福岡)への参入の様子は全く窺い知れず、あくまでも国際チャーター便を中心に考えておられたようです。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社 pic.twitter.com/2WRAeA8xhy
拡大
わしお @washicomp
(承前) 1998年の売り上げ目標が40億円に対して、フリート4機体制を確立する2004年の売り上げは280億円と、「4年で7倍の成長」を見込んでいたようです。 (続く) #航空 #幻の航空会社 #迷航空会社
残りを読む(24)

コメント

Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 2019年7月18日
貨物専門だけど1年続いたギャラクシーエアラインはまだマシだったか。
kathryn @KathrynJpn 2019年7月18日
この調子で横浜国際航空もお願いします。飛行艇で東京〜小笠原を結ぶという無理なプランで、国交省と小笠原村をマジギレさせた。経営母体は創価系の倉庫屋で、ネットが炎上しなかったのが不思議なくらい。どっちも相手にされなかった、というのが適当かも知れないが。
野良馬 @nobody_oyaji 2019年7月18日
沖縄にレキオスモバイルというのがあるんで、レキオス航空と聞いてもしや…と思ったらやっぱり沖縄だった。  琉球人のポルトガル語だそうで、居酒屋やらなんやらいっぱいあるなー
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2019年7月18日
ospf_area0 ヤマトや日通とも組んでたらもう少し変わってたかもなぁ。さすがに(他に出資は得てたとして)佐川単体では弱すぎた。
slips @techno_chombo 2019年7月18日
Hirarinmac えっとそれって日本ユニバーサル航空のこと?
わしお @washicomp 2019年7月18日
KathrynJpn 横浜国際航空も、ついでに少し資料を集めてあります。羽田ー関西を737で結ぶはずが、横浜ー小笠原をマラードで結ぶことになっていましたね。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2019年7月18日
techno_chombo あったんかい!(ちら調べした)こちらは早過ぎたような気がする。まぁ残ってたとしても両社ともJAL破綻で死んでたような気もするけど。
kathryn @KathrynJpn 2019年7月19日
washicomp マラードってグラマンG111Tアルバトロスの別名なのかな?プレスリリース後に、社長が訪島して村長に面会を求めたけど、会いもしなかったのを覚えている。自分は直後に来島したけど、小笠原漁協はもちろん島民までマジギレしてた。
slips @techno_chombo 2019年7月19日
KathrynJpn そりゃ関係自治体とかへの根回しも何もなく発表しちゃったんでしょ、あれ。
わしお @washicomp 2019年7月19日
KathrynJpn あ、マラードではなくアルバトロスでしたね…マラードはその昔日東航空が飛ばしていた、アルバトロスの兄貴分のほうでした。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする