#グッドオーメンズ 、【各話順】天使と悪魔の観察メモ。

グッドオーメンズ観ました最高ですよね!?の自分用メモ。聖書関連、元ネタ関連あれこれ、気がついたこと。各話順にソートしてみました。※いずれも、あくまでも個人の知識内での感想ですー。
セルフまとめ グッド・オーメンズ GO レビュー クロウリー アジラフェル テレビ GoodOmens
89
toaster @toasttweet
#グッドオーメンズ、第1話冒頭の字幕がえらいシンプルですけど、視聴者に向けた注意書きの中身。 "Kids! Causing Armageddon can be dangerous. Do not attempt it in your own home."(子供たちへ。ハルマゲドンを引き起こすことは危険である可能性があります。決しておうちで試してはいけません) pic.twitter.com/IKkplDtqZj
拡大
toaster @toasttweet
TV番組冒頭あるあるの定番文章ですけど、「決して真似しないで下さい」の中身がここまで物騒だったケースは大変珍しいと思います。好き。
toaster @toasttweet
@tos グッド・オーメンズ第1話。 pic.twitter.com/bhKrYOEkyW
拡大
toaster @toasttweet
#グッドオーメンズ、1話ちょいメモ。アジラフェルがアダムに○○○○○○○○、これ聖書の○○○○○内におけるイベントというよりもむしろ○○○○○○○○○○○○○○○○ポジションなのが非常に興味深いです。 fse.tw/c3I70#all
toaster @toasttweet
#グッドオーメンズ、記念すべき?クロウリーとアジラフェルの初会話。クロさんが言ってるのは"That went down like a lead balloon."(鉛の気球みたいに落っこちたな) 「鉛で出来た気球みたいに落っこちたな」=なすすべもなく墜落した=日本語で言うと「全然ウケなかったな」「スベッたな」の意味。 pic.twitter.com/FB3XzW9B45
拡大
toaster @toasttweet
(当然ながらエデンの園に鉛も気球もあるわけがないので、アジラフェルでなくても「すまないが、今なんと?(Sorry, what was that?)」って聞き返しちゃうよね)(クロウリーの第一声がコレなの、そこ笑うとこ) pic.twitter.com/RSjpNeWd4N
拡大
toaster @toasttweet
クロウリーのこの「俺もお前も間違っていたら面白いな」の笑顔がめっちゃ好きなのですけど、この言葉の後に実は彼が付け加えているのが、"If I did the good thing and you did the bad one."(もし俺が善いことをしていたり、お前が悪いことをしていたりだったらな)。 #グッドオーメンズ pic.twitter.com/ZWILDebijP
拡大
toaster @toasttweet
第1話の冒頭、6000年続くことになる二人の腐れ縁の始まりにクロウリーが言う「悪魔が善いことをするかも/天使が悪いことをするかも」というのは、もしかしてこの #グッドオーメンズ の本流を語るものなんじゃないですか。さりげない、でも実はとても大事な台詞な気がするですよ。
toaster @toasttweet
(アダムたちを見守りながら、「地上に初めて降り注ぐ雨」からクロウリーをも静かに護っているアジラフェル愛しい)(引用元:同) pic.twitter.com/hnDAJAoDp0
拡大
toaster @toasttweet
かつてクロウリーの「誘惑(temptation)」に負けた人間たちを助けたアジラフェルが、その後人間たちの食物の「誘惑」にめちゃめちゃ負けまくってるのかわいいですよね。 #グッドオーメンズ pic.twitter.com/1SZ4DkW3f5
拡大
拡大
toaster @toasttweet
それにしてもアマゾンさんの翻訳がたいへんにガサツでいらっしゃいます。 ハスターの言う「ここにいるリガーは、今夜のお前と死ぬほど役目を代わりたくてたまらないだろうよ(Ligur here would give his right arm to be you tonight)」が慣用句そのまま直訳ゥ!(引用元:amazon.co.jp/gp/video/detai…pic.twitter.com/siEF60zggE
拡大
toaster @toasttweet
give one's right arm to(右腕を提供したい)っていうのは「死ぬほど~したい」って意味です。 しかも「クロウリーと代わりたい」のはハスター本人じゃなくって「隣にいるリガーがきっと代わりたいよね」のイヤミなんですけどその辺全部すっ飛ばしてますね。
toaster @toasttweet
#グッドオーメンズ、クロウリーがダークヘアな小説版と違って赤毛である件について、テナント氏のコメントが良かったので。 “It wasn’t in the book, but red seemed quite appealing as he’s from the flames."(小説とは違うが、赤毛にはあたかも彼が炎から出でたかのような魅力があると思った) pic.twitter.com/2Ug8W76UyL
拡大
toaster @toasttweet
長さも髪型も時代ごとに変幻自在(デヴィッド・ボウイだったりジョン・レノンだったり)なクロウリーですけど、1話の時点の彼ってオジー・オズボーンですよねたぶん。 (ちなみにオズボーンにはネタ元のアレイスタ・クロウリーに向けた「Mr.クロウリー」っていう曲があるです) #グッドオーメンズ pic.twitter.com/B2KjPalrep
拡大
拡大
toaster @toasttweet
#グッドオーメンズ、小ネタひとつ。会話の流れでリッツだと思われてるですけど、アジラフェルとクロウリーがランチ食べてるのは実は「ザ・クライテリオン」です。シャーロック・ホームズの「緋色の研究」で、ワトソン先生が旧友とばったり出くわす(そしてホームズを紹介されるきっかけになる)場所。 pic.twitter.com/gDAJFTLQuc
拡大
拡大
拡大
toaster @toasttweet
「緋色の研究(A Study in Scarlet)」はワトソン先生がクライテリオンのバーにいる場面から始まります(I was standing at the Criterion Bar)。 ちなみにBBC「シャーロック」では外でコーヒー飲んでるですけど、よくよく見るとコップに「Criterion」て入ってますね。細かい。(引用元:Sherlock) pic.twitter.com/TTbovRtQ5f
拡大
toaster @toasttweet
ということで地味にシャーロックオマージュ(?)なんですよこの辺り。 ちなみにクロウリーのベントレーが切符切られそうになってた場所も、ホームズのお兄ちゃんマイクロフトご贔屓でおなじみ「ディオゲネス・クラブ」の(外観として使われてる)建物です。めっちゃシャーロック。 pic.twitter.com/hPSa3jniym
拡大
toaster @toasttweet
#グッドオーメンズ、第1話の小ネタちょこっと。 ワインを飲む前にアジラフェルが言う「悪魔よ立ち去れ(Get thee behind me, foul fiend.)」は、新約聖書内でのエピソード「荒野の誘惑」で、誘惑する悪魔にキリストが言う言葉です。 (かたちだけ拒絶してさっくり「どうぞ」なのかわいいよね) pic.twitter.com/uJnyhaIXuY
拡大
拡大
toaster @toasttweet
これもうちょっと細かい話をすると、悪魔に向かってキリスト風に "Get thee behind me"=「私についてくるな」 と言い放った後に、ころっと "(I'll come)After you"=「あなたについていきます(=「お先にどうぞ」の意味)」 って言っちゃう、アジラフェルの天使ジョークです。ほんとかわいい。
toaster @toasttweet
後の第3話、クロウリーが「キリストに世界を見せた」話をするですけど、あれも同じく「荒野の誘惑」です。 「悪魔はキリストを高所に誘い世界の国のすべてをその場で見せた(The devil led him up to a high place and showed him in an instant all the kingdoms of the world)」 #グッドオーメンズ pic.twitter.com/E3iT5ncMJr
拡大
toaster @toasttweet
言葉のニュアンスってちょっと人によるから難しいですけど、クロウリーが言ってるのは聖書(ルカによる福音書)通り"I showed him all the kingdoms of the world."。 instant=瞬時に見渡させただけであって、別にワールドツアー的に連れてって世界のあちこちを「見せて回った」わけではないです。w
toaster @toasttweet
その辺も含めたまるごと天使ジョークなのですこのくだり。 相手が「あのキリストを誘惑した悪魔」であることを承知の上で、クロウリーに向かってちゃめっけたっぷりに「アフター・ユー(ついていきます)」って言っちゃうアジラフェルのかわいさをぜひご堪能下さい。
toaster @toasttweet
ところで、アジラフェルが秘蔵している(I have several very nice bottles of Châteauneuf-du-Pape in the back)1921年物ワインというのは、原語台詞によれば「シャトーヌフ・デュ・パプ(Châteauneuf-du-Pape)」ですね。フランスワインがお好みですか。 #グッドオーメンズ pic.twitter.com/7sfIpkN5Gi
拡大
拡大
toaster @toasttweet
蛇足話。旧約偽典「バルクの黙示録」では「エデンに葡萄を植える(=葡萄酒の酔いが人間の争いの元に)」「神の怒りを買う」「葡萄でアダムを欺く」天使サマエルが登場するですけど、サマエルの別名って「赤い蛇」なんですよね。 3話でも、過去のアジラフェルが葡萄選んで食べてましたねそういえば。
toaster @toasttweet
第一話、○○○○○○○○の処遇についてこっそり結託するときにクロウリーがアジラフェルをそそのかす、字幕での「○○○○○をすればいい」(?)って台詞の、実際の意味について追記にメモ。 #グッドオーメンズ fse.tw/rppdd#all
残りを読む(325)

コメント

toaster @toasttweet 2019年8月1日
まとめを更新しました。
真相 @garam_surya 2019年8月10日
toasttweet 凄く面白くて一気に見てしまいました。1話見終わる毎にコチラを参照させて頂いて楽しさ倍増でした。ありがとうございましたm(_ _)m
toaster @toasttweet 8日前
まとめを更新しました。ここまできたらさすがにもう全部言いきっただろうと思いきや実はまだ小ネタが残ってますどうしよう。濃度すごいですねほんと。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする