Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

竹富島 ニシトーオン(西塘御嶽)のはなし

ニシトーオン(西塘御嶽)のできるまでの話です。
1
たけとみ @tktaketomi

竹富島の西塘(にしとう)は、世界遺産の園比屋武御嶽(そのひゃんおたけ)の石門を造った1500年代の人物で、竹富島に蔵元(行政庁)を置いて、八重山を統治したことで知られています。竹富島フイナオン(国仲御嶽)も西塘の建造。 http://togetter.com/li/107761

2011-05-13 03:58:04
たけとみ @tktaketomi

西塘は竹富島ではニシトーオン(西塘御嶽)で神として祀られ、西塘大祭をはじめ、四月大願いなどの豊作祈願が行われています。そのニシトーオンの創建は、意外と新しく、琉球国末期の1846年と推定されます。なぜ、西塘の死後、300年近く経過してからニシトーオンが創建されたか話します。

2011-05-13 03:58:36
たけとみ @tktaketomi

西塘には子供がなく子孫が絶えたので、西塘の血筋で亡くなったあと彼を祭る人はいませんでした。ただ、部落では、ときどきお祭りをしていたという言い伝えがあり、また今のニシトーオンは、西塘のお墓があったところを御嶽にしたものと伝えられています。

2011-05-13 03:59:52
たけとみ @tktaketomi

1846年の話になりますが、竹富島では、珍しい害虫が発生して、島の農作物をはじめ、雑草にいたるまで喰い尽され、大凶作となってしまいました。そしてその年、大浜津良という老人が神がかりして、高下駄を履き、黒木の杖をついて、夜明けごろ各集落を徘徊するということがおきました。

2011-05-13 04:00:19
たけとみ @tktaketomi

大浜津良は、「玻座間ユンチュ(与人)、大山ペーチン(親雲上)の両人よ、よく聞け。私は西塘様の使いである。両人は島民の苦しい生活を見ているか!島が枯れゆく姿を見ているか!害虫が発生した原因を知っているか!」。。。つづいて

2011-05-13 04:02:53
たけとみ @tktaketomi

「島の役人達、村の責任者は島の五穀豊穣、害虫駆除祈願祭を近日中に施行せよ!」と、声高に叫んだそうです。

2011-05-13 04:03:47
たけとみ @tktaketomi

この大浜津良の叫びを聞き、玻座間与人と大山親雲上は島民を集めて協議した結果、毎年西塘祭を挙行することにしました。その後、西塘様のご加護により、農作物は稔り、住民の生活は安定し、幸福を招くことになったといいます。

2011-05-13 04:04:06
たけとみ @tktaketomi

つまり、1846年の神がかり以前には「四月大願い」はニシトーオンでは行われていなかったと思われます。言い換えるならば、1846年の神がかりの際に、お墓を御嶽に改修して、西塘大祭が行われ、それ以降ニシトーオン(西塘御嶽)で、四月大願いも行われるようになったのではと考えられます。

2011-05-13 04:04:29
たけとみ @tktaketomi

ちなみに、玻座間ユンチュ(与人)は石垣島から赴任してきた八重山士族で、竹富島の村長格の統治者であり、大山ペーチンはインノタ集落の大山祐達氏のご先祖で、当時の竹富島の豪農です。なお、大浜津良の家は、現在民宿を行っているアイノタ集落の大浜荘です。

2011-05-13 04:04:50

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?