6

はじめに。

このまとめは、以下の先行まとめに触発されて作成しました。
『選挙のことで彼女と喧嘩した「学校で教えられてないしわからないものはわからない」』

ツイートまとめ 選挙のことで彼女と喧嘩した「学校で教えられてないしわからないものはわからない」 身近なものに置き換えるととっつきやすくなるかも 146920 pv 718 951 users 1161

先行まとめのコメント欄にも書きましたが、もう少し詳しく語りたいので、共感した記事の紹介を兼ねて自分の考えをまとめました。
基本的に個人の権利を各人がどのように行使しようと(行使しなくても)自由であり、他人からどうこう言われる筋合いは無いと思っています。

注)紹介した記事は「良く考えて投票する」ことを否定している訳ではありません。
今まで投票に行ったことのない若者に向けて書かれており、私もそれにそって語っています。
良く考えようとして解らなくなり、結局投票に行かないよりは、「なんでもかんでも」投票して、まず参加する方が良いと思います。

皆さんはどう思われますか?


キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
そうそう、これこれ。 昨日のツイートでこの記事を思い出しました。 『1週間調べた1票も、1日考えた1票も、1秒で決めた1票も、全く同じ価値しかありません』 『投票したら夜の選挙特番見て、おもしろいから、そして酒がうまくなるから』 安心して、あなたの1票は蝶よりも軽い agora-web.jp/archives/20202…
リンク アゴラ 言論プラットフォーム 3 users 40 安心して、あなたの1票は蝶よりも軽い いよいよ今週末日曜が、参議院選挙の投票日です。 ぼくも投票される側の人間であり、また、無所属で政党のしばりもないので、はじめて投票するあなたのために、今日は本音で話します。 先日、名古屋のイベントで、豊橋出身の学生に会い
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
記事では、愛知県豊橋市議の「長坂尚登」さんが、選挙について「選ばれる側」からの本音を語っています。 3年前の参議院選挙(2016年)時の記事ですが、今読んでも非常に共感できる記事です。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
記事では、まず「ちゃんと勉強して投票する」より、「ちゃんと勉強しなくていいから、まず投票に行く、それから考えて下さい」と呼びかけています。 そして「1週間調べた1票も、1日考えた1票も、1秒で決めた1票も、全く同じ価値しかありません」と語ります。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
確かに仰る通り、考えた時間によって「1票の価値」は変化しません。 どんな方法で誰に投票しても、「1票」は「1票」でしかありません。 しかし、これはきちんと考えて投票することを否定している訳ではありません。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
記事は長坂さんが選挙に行ったことのない若者(学生)と話をした時の経験を元に、主に若い世代に向けて書かれています。 長坂さんと話した学生さんは真面目な方だったようです。 なので「投票いって」に「ちゃんと勉強してから」と答えたのでしょう。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
啓発活動の成果か、今の若い人は概ね選挙について真面目に考えているようです。 しかし真面目に考え過ぎて、投票に臆病になっている傾向も見受けられます。 曰く『政治に詳しくないから投票する資格がない』『自分ごときの1票が影響を与えちゃダメだなと思う』
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
このような若年層の本音は、少し前(2017年10月)の記事で語られています。 ↓「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分 withnews.jp/article/f01710… 記事によると、日本の若者は「政治に関心がない」訳でも「真面目に考えてない」訳でもありません。
リンク withnews.jp 39 users 1982 「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分 - withnews(ウィズニュース) 「間違った投票をして、世の中を悪くしたくない」。今回の衆院選挙期間中、ある大学生の「投票に行かない理由」が、注目を集めました。選挙のたびに、若者の投票率が低いことが話題になりますが、ではなぜ、行かないのか。上の世代が考えているような「政治に関心がない情けない若者」とは違う、意外な姿が見えてきました
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
選挙(政治)という「正解」のない問題に対して、自分の意見を表明することを恐れているようです。 「もし間違ったら非難される」という思いがあるようで、「間違えるぐらいなら意見を表明しない(投票しない)」という選択になるそうです。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
このようなケースで「きちんと考えて投票しよう」とか「あなたの1票が社会を変える」等と言っても逆効果でしょう。 真面目な若者には、「ちゃんと勉強しなくていいから、まず投票に行って」や「あなたの1票で社会が変わるほど、あなたの1票は重くない」と言う方が効果的だと思います。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
正確には、日本国憲法15条4項にある通り『すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない』、『選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない』と言ってあげるべきでしょうかね。 houritsu.tac-school.co.jp/blog/gyosei/18… pic.twitter.com/BDe3JS4xxj
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
つまり『あなたがどのような方法で誰に投票しても、それがバレることはないし、何の責任もないから誰からも非難される言われはない』ということですね。 長坂さんは、これを端的に『あなたの1票は蝶よりも軽い』と表現していると思います。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
そして長坂さんは『政治に関心がないから投票に行かない』のではなく『投票に行かないから興味が湧かない』と指摘します。 その証拠に「若年層より中高年層の方が投票率が高い」=「投票のリピート率が非常に高い」ことを挙げています。 これは確かにその通りだと思います。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
「投票は中毒性が高い、一度行ったらやめられない」ということですね。 多くの人にこのような傾向があると思います。 なので「とにかく選挙に参加して楽しもう」、「選挙は面白くて楽しい」と若者に伝えるべきです。 選挙(政治)を「苦行」にする必要はありません。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
そして選挙に参加して、夜の選挙特番見て楽しんだら、それで終わりではありません。 ここからが「始まり」です。 長坂さんが仰る通り、「投票してから考える」フェーズがスタートします。 つまり「蝶よりも軽い」自分の1票を、これから重くするのです。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
記事の後半では、長坂さんが「選ばれる側」つまり政治家の本音を語っています。 政治家にとって重要なのは『「誰に」投じたかでなく、「誰が」投じたか』とのことです。 自分に投じられた1票は重く、自分以外に投じられた1票は軽いということです。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
そして、政治家は自分に1票を投じた有権者のことを考えて行動するということです。 考えてみれば当たり前ですね、政治家が自分の支持層の方を向いて政治を行うのは。 なので、有権者も賢く立ち回る必要があります。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
長坂さんは『あなたが自分の1票の価値を最大限に高めないのならば(中略)選挙で選ばれる人に出会ったら「私、あなたに入れました」って伝えること』と語っています。 これは実際に投票したかどうかは関係ありません。 実際に誰に投票したかは自分以外にはわからないからです。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
こうやって政治家にプレッシャーを掛けて、自分の1票を重くする「ずる賢さ」も必要でしょうね。 政治は選挙だけではありません。 選挙が終わってからがむしろスタートです。 自分の1票を軽くするのも重くするのも自分次第。 選挙で楽しんで、その後に勉強するのも悪くありません。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
今晩は多くの選挙特番があります。 まずは楽しみましょう。 私はあまりお酒は飲みませんので、熱い紅茶を片手に楽しみたいと思います😄

因みに、私は「投票に行った?誰に投票した?」と聞かれたら、こう答えるようにしています。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
なので、私は「投票に行ったか?」と聞かれれば「行った」と答えます。 「誰に投票したか?」と聞かれれば「共産党(の候補)に投票した」と答えます。 共産党は大抵の選挙で候補者を立ててくれるので、非常に便利ですね。
残りを読む(1)

コメント

杢ボンド @mokkoyou 2019年7月22日
そこの君!一票の重さは投票用紙一枚分だぞ!……という冗談はさておき、期日前投票率が増えてるのを見ると不勉強とか無関心というわけでも無いような
ポン酢太郎 @ponzoo2you 2019年7月23日
野党が議席取ったとこの県民を叩くまとめがすぐできるしなぁ、お前の選択は間違いだって乗り込んでくるやつがいたら怖いよなぁ
kyk @0_kyk 2019年7月23日
まぁ言うと怒られるけど開票作業する人笑わせるつもりで面白い事書いてもいいんですよ。大抵は朝6時頃から投票所、終われば夜9時から深夜まで開票作業やるんで面白い記載は清涼剤です
酒を飲むなbot @meng_ghg 2019年7月23日
ちょっとわかる。私は選挙に1票分の興味しか無いのでそのくらいの軽さで見てる。有力者だったり人望があったりしたら、ウン十票ウン百票の力はあるんだろうけどね。
痛い人 @Sogno_Eater 2019年7月23日
ブログで紹介されてる「若い順に見ていって嫌いじゃないヤツ」という選び方、自分もやるけど実に合理的だと思ってる
原酒 @shimekirigenshu 2019年7月23日
良いまとめだと思いました。 みんなに気楽に投票に行って欲しいですよね。
infomaniac @infomaniac_jp 2019年7月23日
0_kyk いや、それ全然面白くないから。開票所をいっぺん参観すれば分かるが、あのスピードで処理していく中で、面白いことを書いてある投票用紙にクスっとしている余裕は無く、ただ淡々と他事記載の無効票として処理するだけ。 さらに厄介なのは、その書いた内容が、候補者の名前と微妙にカブって疑問票扱いになった場合。開票所には、各陣営から立会人が出ており、疑問票を巡って「これはウチの候補の仇名だ」とか「いやいや、こっちの候補の下の名を書き間違えたんだ」とモメて、開票の終了が遅れることになる。
こねこのゆっきー @vicy 2019年7月24日
蝶は竜巻を起こすんやで
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする