10周年のSPコンテンツ!
1
[1B1]Kubernetesを拡張して日々のオペレーションを自動化する
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
二日間で一番楽しみなセッションに来てしまった #CNDT2019 #RoomB
silverbirder@技術書典7「はじめてのWebComponents入門」2019/9/22 @silver_birder
アイコンの人はフォローさせてもらっているのでよく見るのですが、本人を初めてみました。アフロじゃなかった。 #CNDT2019 #RoomB
silverbirder@技術書典7「はじめてのWebComponents入門」2019/9/22 @silver_birder
楽しみ!「Kubernetesを拡張して日々のオペレーションを自動化する」 #CNDT2019 #RoomB
すらっしゅむーん @slashmoonlight
今回は立ち見発生率高いね。人増えてるんだろうなぁ。 #CNDT2019 #RoomB
k3nNy_51rcy(ケニーって読むよ) @i_am_tunaaaaa
事前登録してても立ち見とはこういうことか なんと人気な #RoomB #CNDT2019
こば(右) @tzkb
事前確認も兼ねて、#RoomB@Ladicle さんのセッションに潜入。この部屋でかくない?そして立ち見。 #CNDT2019
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
1年間で50クラスタ→400クラスタ 人の増員は間に合わない、解決方法は構築の自動化 #CNDT2019 #RoomB
hikkie@インフラエンジニア @hikkie13
ヤフーのK8Sクラスターはこの1年で50→400に。 多い。。メルカリさんと対照的 #CNDT2019 #RoomB
すらっしゅむーん @slashmoonlight
Yahooでk8sのクラスタ数は400か。どの単位でクラスタ構築してるのだろう #CNDT2019 #RoomB
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
Databaseの自動化レベル Lv.1 No automation Lv.5 Don’t need any automation #CNDT2019 #RoomB
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
Platform Styleなら今までのソフトウェアエンジニアリングの知見を生かせる #CNDT2019 #RoomB
utrhira @uhtter
#CNDT2019 #RoomB 自動で自動化されるシステム、ということか。。。すごいな。。。
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
ここらへんのなぜControllerはEvent Triggerをとっているか、なぜReconcileを採用しているかが、Programming Kubernetesの一章に載っているので読むとなるほどな! てなります。 (ちょうど読んだ) キーワードは分散コンポーネントです #CNDT2019 #RoomB
heriet @heriet
ControllerのReconciliation処理うまく実装できれば理想的だと思うけど、うまく実装するの大変よね #CNDT2019 #RoomB
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
どうやって自動化基盤を作っていくかベストプラクティス Design: Automation Rlatform どのリソースを監視してReconcileするか #CNDT2019 #RoomB
バルゴ@技術書典7 お06C KubeController本 @go_vargo
調整するResourceは一つのみ 確かにController-Runtimeも一つのResourceしか見れないようになっている OwnerReferenceだとコストが高いので、タグをつけるなどがオススメ(なるほど!) #CNDT2019 #RoomB
残りを読む(257)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする