虚構は陽炎の如し

ある男がTwitterでの炎上から、現実への騒動の発端になるに至るまでを書いた初長編
Twitter小説 書籍 文学 ついのべ twnovel
1121view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】インターネットをしてると情報が飛び交っては流れて行く。今日も明日も、これからもずっとそうだろう。しかしその情報がいつも正しいとは限らず、時には虚構に惑い苦しむこともある。これはそんなお話、阿呆のようだが、本当にあり得るそんな話。 #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】ある日の事、仕事の合間にツイッターをしてると黎明銀行破綻と言うRTを見かける。「黎明ってうちの取引先だよな?」「まさか、昨日行員と会ったけどそんな話なかったぞ」…たぶんデマだろう。私はそう思いツイッターのタブを閉じたが…どこから出たのだろうか #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】家に帰り、私は早速検索をかけ最初の出所を突き止めることに成功した。プロフィールには黎明銀行の行員と書いてはいるものの、本名ではなくアイコンも動物の写真。この瞬間私の疑念は虚空に消えてしまった、自分の顔を隠した奴の言う事など当てにならないと… #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】だが次の日、本社からとんでもない連絡を貰う事になる。黎明銀行から手を引くと言うのだ。まさか、私の中で発信元の呟きがふと頭を掠める。ツイッター上ではそんな話はもうない。撤退理由も経営方針の転換からという…私はふと自分の口座の事が気になり始めた #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】帰宅後、私は黎明銀行を再度調べる事にした。会社で調べてもいいのだが、フィルタリングをかけられた事もあって渋々家に持って帰らざるを得なくなった。見てみれば例の発信元のアカウントが削除された事で真相が有耶無耶になり、次々と憶測を呼んでいるようだ #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】しばらくその掲示板をお気に入りに入れ、ニュースサイトを見つつ様子をみることにした。一時の狂乱が銀行を破綻寸前に追い込むことなんて今に始まった事ではない。自分がその当事者になっては…だが、思えば思うほどに口座が気になり、苛ちは一層募るばかりだ。 #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】数日経ち、特に進展のないまま時が過ぎていった。掲示板では憶測ばかりが飛び交い、実のない話に流れは徐々に滞りつつあった。やはり虚構であったか…そう思う私であったが、それを一通のDMが打ち砕いた。「黎明銀行の件でお話したい事があります。」 #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】差出人は例の動物ICだった。だが今回は本名を名乗り、最寄の支店の行員と言うこともあり直接会いたいとまで言ってきた。これは詐欺か陰謀か、私は戸惑ったが相談する程の事でも無いと踏んでやんわりと断った。が…そのアカウントも数時間後消されてしまった。 #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】掲示板の流れは完全に止まり、たわいの無い雑談だけで進んでいた。あの人物は私以外にもアプローチをかけていたのか見た事のあるレスをチラホラと見かけるが、まるで相手にされずに沈んでいく。そんな中、私の中に有る危機感は未だ増大の一途を辿りつつあった… #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】インターネット上でも熱が冷めればこんなものだ、所詮は一時の虚構であったのだろう。私の不安も再び収まりつつあった。…収まるはずだった、あの言葉さえ無ければ。「黎明、まずいそうですよ」「主要取引先が経営難だもんなぁ…こりゃドミノ来るかもしれん」 #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】私は早退し、銀行に向かった。まさかの為に通帳や銀行印は常に持ち歩いていた。今度こそ本当に来る、遅れたら財産が戻るかも分からない。伝えるべき事は、一つだ。「この普通口座を解約して今すぐ現金を用意してくれ!!」私は通帳をカウンターに叩き付けていた #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】場が凍りつくのを感じた。シンとした空気の中、ヒソヒソという声も感じ取れる。「…少々お待ち下さい。」行員が慌てた様子で奥に向かうと同時に番号発行機に人が殺到した。「あの噂は本当だったのか!?」問い詰める罵声や慌てる人々、狂乱の渦が周辺を支配した #twnovel
でんねこ。 @denneko
【虚構は陽炎の如し】その後私はパソコン使用禁止処分と強制的にネットマナーの講習を受けることとなった。私の中ではあの発信元の意見はあながち間違ってないと言う根拠の無い疑念が今も残っている。が、もう誰にも分からない。事の真相は陽炎のように消えてしまったのだから… 完 #twnovel
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする