学校は子どもをよい納税者に育てるしくみだ議論をする是非

社会、あるいはコミュニケーションについて、なにかの本質がここに見える気がする。 まとめて一覧にして読んでみたら、これはおもしろい。じつにおもしろい。
国家
HayakawaYukio 5483view 20コメント
6
ログインして広告を非表示にする
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-06 08:10:33
    学校は何のためにあるか。まず第一に、生き延びる方法を子どもたちに教えるためだろう。これは子どもを思ってのことではかならずしも、ない。社会として、未来の納税者を失わないために必要なしくみである。しかしいま福島県でなされていることは何だ。学校の存在が未来の納税者を殺している。
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:07:34
    いくらなんでもこんな風に子どもの命を譬えないでいただきたい。RT @HayakawaYukio …子どもを思ってのことではかならずしもない。社会として、未来の納税者を失わないために必要なしくみである。しかしいま福島県でなされていることは何だ。学校の存在が未来の納税者を殺している。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-20 18:11:27
    変わったことを言う人だ。RT @wakabafukada: いくらなんでもこんな風に子どもの命を譬えないでいただきたい。
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:13:43
    うわ、早川大先生からリプライきてるしww
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-20 18:16:09
    考え方がよくわからないのだが、わたしがそうぞうするにこういうことか。「事実はどうでもいい。体裁を整えることが必要だ。」 あ、これ、えだのと同じ考えだ。
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:22:01
    なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。私にはよくわからない。普通そんなこと考える?
  • 象に乗ったマッキー @macky_TM 2011-05-20 18:24:16
    @wakabafukada 私も分かりません。人間として見ていないのですね。。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-20 18:33:39
    このひとは、自分の考えと他人の考えを区別できないひとなんだ。なるほど。世の中に考えはひとつしかないと思っているようだ。自分と違う他人の考えを想像する行為というのをしないひとなのだろう。興味深いサンプルが収集できた。
  • BASIL @basilsauce 2011-05-20 18:34:40
    政治の世界ではそういう物の見方はありますが、今はそれすらおぼつかない、子どもを守れていない状況だと思う。@wakabafukada なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。私にはよくわからない。普通そんなこと考える?
  • Toshio Hattori @oioaoi 2011-05-20 18:35:27
    早川せんせお得意のひっかけ表現ですねww 国の運営システムの批判をしてるのが本意ですよ。 RT @wakabafukada: なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。私にはよくわからない。普通そんなこと考える?
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:36:28
    むしろ晒していいスか?レベル。苦笑@HayakawaYukio このひとは、自分の考えと他人の考えを区別できないひとなんだ。なるほど。世の中に考えはひとつしかないと思っているようだ。自分と違う他人の考えを想像する行為というのをしないひとなのだろう。興味深いサンプルが収集できた。
  • しましまったー @shimashimatter 2011-05-20 18:37:08
    国内少子化で、経済が!国債が!年金が!と唱える日本人、多数。これ現実。RT @wakabafukada: なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。私にはよくわからない。普通そんなこと考える? @HayakawaYukio
  • racinecubique @racinecubique 2011-05-20 18:38:02
    @wakabafukada こんにちは。人道的にどうかは置いて、そういう意見の方が議員には届きそうですね。結果的に大切にしてくれれば動機や過程はこうなってくるともはや問わない気持ちです。
  • 秘密のあっこ @roserose814 2011-05-20 18:39:15
    考えません。人を道具みたいに扱う、寂しい感じ方ですね…RT @wakabafukada なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。私にはよくわからない。普通そんなこと考える?
  • まいこ @maitake5656 2011-05-20 18:41:31
    遠まわしにだけど考えますよ。国を維持していくってそういうわけで…。長い歴史のある日本をみすみす1企業とくそ政府に終わらせられるなんて悔しいですよ。 RT @wakabafukada なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:43:06
    @oioaoi だとしても極めて不適当な表現でしょう。
  • つき @itsuki4782_b 2011-05-20 18:43:19
    そうかもしれない。けど「今自分がいいなら将来子供がどうなろうと知るか」な今の政府の政策こそが怖い RT @wakabafukada: なんかなぁ…。「将来、納税者が減ったら大変だから、子どもを助けなきゃ」って、怖いよ、そういう感覚。私にはよくわからない。普通そんなこと考える?
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:44:58
    面識もない人を「サンプル」よばわりしたり、何なのかしら?もはや、人として軸がぶれてるっていうか、そういう感じにしか見えないですけど。
  • Toshio Hattori @oioaoi 2011-05-20 18:48:26
    それは言葉尻だけの話ですよ。国は国を存続させるシステムを考えて運用しなくてはいけないのに、それを破綻させるような政策を打つのは愚かだ、ということを、わざとあのように表現して言葉に引っかかる人を待ってるのです。 RT @wakabafukada: だとしても極めて不適当な表現...
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:50:50
    @oioaoi いや、あの人いつもマジでしょ… あなたの見解は好意的すぎます。
  • 田口ケンタロウ @tagkent 2011-05-20 18:53:47
    というか、どういう観点からでもいろんな人に可能な限り説得する状況では? RT @basilsauce: 政治の世界ではそういう物の見方はありますが、今はそれすらおぼつかない、子どもを守れていない状況だと思う。@wakabafukada
  • @lowegoto 2011-05-20 18:53:48
    @HayakawaYukio @wakabafukada 国家というのは納税の見返りに治安の維持が与えられて成立するものですが、これがセットになっていることを理解していない人が混乱しているようですね。
  • @wakabafukada 2011-05-20 18:57:40
    @lowegoto あんたも変だよ!メンション飛ばさないで、不愉快。
  • Toshio Hattori @oioaoi 2011-05-20 18:58:21
    @wakabafukada この2ヶ月くらい、先生の発言をウォッチして、ほとんどのツイートにそのような傾向があるという結論を得ました。フォロワーに対してちょっと危うい表現上でいろんな刺激を与えて、その反応を収集しているんですよ。表現は危ういのですが本質的に変なことは言ってません。

コメント

  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-21 06:16:19
    ちゅう‐しょう【抽象】 (abstraction) 事物または表象の或る側面・性質を抽ぬき離して把握する心的作用。その際おのずから他の側面・性質を排除する作用が伴うが、これを捨象という。一般概念は多数の事物・表象間の共通の側面・性質を抽象して構成される。[広辞苑第五版]
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-21 06:23:38
    タブーなしに自由奔放にものを考えるのは悪だと心底信じているひとがこの世の中にはいるんだな。行為に関しては、もちろん束縛がかかる(ひとを殺してはいけない)。しかし内心で何を考えようが自由だ。何を言おうが自由だ(他者の基本的人権を侵さない限り)。
  • 生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014 2011-05-21 08:00:53
    社会が社会システム維持のために何かすることを「怖い」とか言うセンスがよくわからん。しかも、批判者のような考え方が現在の日本で一定の地位を持っていることが脅威だ。
  • lupettablu @lupettablu 2011-05-21 10:05:06
    国は自らに都合のよい国民を作るために教育を行っていると思っていた。そのまま育つ人間もいれば、どこかで気づく人間もいる。今は、情報源が多彩だから、国の教育に疑問を抱く機会も多いと思うのだけど。
  • まひわり @Mahiwari_jpnn 2011-05-21 10:34:30
    自分のことを「メシや水を摂取せずにいたら機能停止する機械」だと考えるといろいろ捗るぞ。精神は物理法則を凌駕しない。
  • tajima @tajima03 2011-05-21 11:00:25
    休校したとしても親が労働と言う社会システムに囚われているから子どもを汚染都市から解放できないではないか、土壌が変わるまで親元から離して疎開させてはどうかいや、親も強制的に集団労働送りだ_なぜこの問題に福島が、と空気読まずに言って見るテスト。
  • Goliath @Mosquito_FB_VI 2011-05-21 11:38:42
    福島についての政府の政策が将来の納税者確保……?全滅するわけじゃないんだから避難も何もさせずに放置しておいたほうがコスパいいぞ……?国としての体裁を保つだけの政府ならもうちょっと殺伐として弱者切り捨てな政府になってるはずだっつーの。
  • Goliath @Mosquito_FB_VI 2011-05-21 11:42:34
    人を助けるのにそんなに利益が必要?(まぁ内閣の側からみれば人を助ける理由というのは選挙の得票に行き着くだろうけど、じゃあなぜそうすれば選挙で票が得られるか、そうしなければ選挙で票が得られないかというと、有権者が福島を助けたいからだとおもうからなんじゃないかな?)
  • セルフ執事 @SF_yomi 2011-05-21 14:04:02
    火山先生には前にいきなりブロックされて良い印象あまり無いのだけれども、このやりとりに関しては、「立派な納税者」を「立派な社会人」に書き換えてしまえば納得できる議論だと思う。立派な納税者Not=立派な社会人なんだけれども。
  • セルフ執事 @SF_yomi 2011-05-21 14:06:21
    「Not=」なんだけども、その集合は殆ど重なってると考えて良いと思うんだ。ここで、立派な納税者を高額納税者と誤解して、対立が生じていると思う。消費税しか納めない人でも社会人として立派なら、立派な納税者だと思う。
  • ねこつかわれ @sunaoh 2011-05-21 14:31:32
    「学校教育制度の趣旨の解釈」の話を「解釈(発言)主の趣旨」に履き違えた方がいて、そこがちゃんと訂正されることなくそのまま話が錯綜しまくっている様に読めるというか、誤解している方に対してそこを明確に指摘する人が出てきていないので未だに話がかみ合っていないままになっているような気もするのですが。
  • superspeed1963 @superspeed1963 2011-05-21 14:45:22
    「自分以外の立場になって考える」という訓練をしていれば、どうって事の無い話題だと思うのですが、そういう訓練を受けておられない人も多くいるいるということでしょう。「政府の立場」でも省庁や階層により見方は変わるし、「国民の立場」でも年齢や職業や階層によって見方は変わります。今の自分だけの見方でしか物事を考えられない人がいるというのは逆に怖いですね。
  • たかしまよしお @takashimayoshio 2011-05-21 15:17:30
    なんつーか議論ができない人の典型よね。結局具体的な反論なしに人格攻撃してるだけなわけで。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-05-21 20:19:54
    たくさんコメントがついたので、戦々恐々と読んだのだが、めずらしく私を支持するコメントばかりだ。
  • @mammamia_5 2011-05-21 20:46:16
    学校に納税者を育てる以外の機能なんて無いでしょ。それが分からねぇってんなら、そのふざけた幻想をぶち殺す。
  • あかみ @akami_orihime 2011-05-21 22:40:07
    学校の機能は良い兵士を育てることだと思ってたのは、さすがに時代錯誤なんだろうなwww 良い納税者を育てることだ、というのは納得。レベル的には「暴力装置」って表現とほぼパラレルだ。
  • 小林洋平 @y_h_i 2011-05-22 07:17:36
    国家の成り立ちは、”食糧生産を始める”→”農作物が盗まれる”→”用心棒を雇う”→”用心棒が用心棒を雇う”→”用心棒が軍隊となる”→”軍隊は国家を形成し、みかじめ料を要求する(主従が逆転)”という経路を辿ったものと仮定する。国家の資産である学校は、みかじめ料を効率的に生産する為の訓練施設と捉えることができる。物事には必ず良い面と悪い面がある。社会を形成したのはせいぜい数千年くらいの歴史だけれども、人類は数十万年の歴史がある。人間性を重視した発言にも5分以上の理があると思う。
  • へぼやま @heboya 2011-05-24 06:02:32
    「良き納税者」ってーのは、本来的には「良き国民」であり、同時に「納税という手段で自らが属する共同体を、より良くしたいという意識を持つ人」という意味でもあると思う。それは決して、「国家に隷従する納税マシーンに育てる」という意味では無い、はずだと思う。 けど、多分世の中には、そういう意味でこういう発言をしているであろう人間も、居る。派遣法を改定させて、「いつでもクビ切れる使い捨て労働マシーンを量産しろ」と言っていた人たちとか。そこに、認識の祖語が生まれる。
  • へぼやま @heboya 2011-05-24 06:10:13
    先日やったドラマの『JIN』で、仁先生が龍馬に保険のシステムを説明したとき、龍馬が、「講を使えばええがじゃ」と解釈した。講というのは、江戸時代とかに小さな寄り合いとかで行われていて、まあ保険のシステムとほぼ同じ。つまり、余裕のあるお金を寄り合いの共同財産として集めて、そこから何かを出す、相互扶助の考え。「年貢」と「税金」の本質的違いは本来そこで、税金は国に「取られる」ものではなく、「国に預けて、我々のために使って貰うもの」…の、ハズなんだけどね。
  • へぼやま @heboya 2011-05-24 06:13:32
    「良き納税者」という言葉、概念への感じ方の違いは、そーゆーところにも起因すると思う。「税金は、我々全国民の共有財産である」という視点に立てば、しごく真っ当な概念、言葉だけど、それを管理しているはずの行政が、そのまっとーな意義を失わせている現状に対しての不信感が強ければ、「税金」は、「取られるもの、奪われるもの」 になってしまう。だから、「良き納税者」というのは、「良いカモ」という意味合いになる。

カテゴリーからまとめを探す

「国内」に関連するカテゴリー