10周年のSPコンテンツ!

いまこそ聞きたい「文章を書く」ことについて『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀史健x柿内芳文トークイベント@紀伊国屋新宿本店 星海社新書ロングセラーフェア記念(2019.7.31) #20歳の自分に受けさせたい文章講義

紀伊國屋書店新宿本店での星海社新書ロングセラーフェアを記念し、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』著者・古賀史健さん、本書編集担当であり星海社新書初代編集長・柿内芳文さんのトークイベントを開催します。 本書は、2012年の刊行以降、「文章技術」という書籍カテゴリーを切り拓いた一冊と言っても過言ではありません。 刊行から約7年経ったいま、むしろここ数年でさらに部数を伸ばし続けている稀有なロングセラーとなった本書。 刊行当時と現在とでは、「文章を書く」という行為や環境が劇的に変化し、誰もが書き手になれる時代になりました。 そんないまだからこそ、名著を生み出したお二人にあらためて「文章を書く」ことについて、さらにはお二人が準備中の新刊についても語って頂きます。 続きを読む
note 星海社 文章 柿内芳文 ライター 星海社新書 ほぼ日 古賀史健 崎谷実穂 ライティング
44
築地教介@星海社 @seikaisha_kt
本日はこちら! おかげさまで、満員御礼。ありがとうこざいます。新宿は暑いので、みなさまお気をつけてお越しください。ちなみに1Fには、美味しい抹茶カフェスタンドがありますよー。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義 #星海社新書 pic.twitter.com/4ZnHFKxpf5
拡大
拡大
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
いまこそ聞きたい「文章を書くこと」について。星海社新書ロングセラーフェア記念『20歳の自分に受けさせたい文章講義』 古賀史健×柿内芳文トークイベントに参加! #紀伊国屋書店 #20歳の自分に受けさせたい文章講義 pic.twitter.com/MzfJ2KdWDQ
拡大
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。本の紹介。柿内さんが、ウェブサイトでインタビューをしたいと、古賀さんのところへ。 24歳でフリーランスになったので、先輩がいない20代のもどかしさを抱えていた。先輩がこんな指導をしてくれたら、と書いた。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。5年間は書き直さなくていい本にしようと。 文章術の本が頻繁に出版される状況に疑問を感じていたので。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。ブロガーのかたには、アフィリエイトなどのテクニック本と、この本のような文章の本を両方買うといい、と紹介さらているようです。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
築地教介@星海社 @seikaisha_kt
はじまりました!……で、柿内さん、いきなり内容的に、トーク締めた!? #20歳の自分に受けさせたい文章講義 #星海社新書 pic.twitter.com/nz4216G32F
拡大
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。文章の本は、元新聞記者の有名な本、大学の先生の本などがある。 しかし、ライターのための本とは違う。数をこなし、売れなくなったら終わり。厳しい競争にさらされている。 自分がこういう先輩でありたい、と書いた。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
崎谷さん。この本の、文章を面白くするのは論理構成だ、という箇所を意識しています。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。俺はこうやってる、という本は、再現性がない。 自分は、なぜそうしているか、理由を言語化しようと。ロジックにしつつ、感情の部分も残そうと。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
柿内さん。マイウェイ(俺流の本)は面白いけど、翌日忘れてしまう。 普遍的な教科書になるものは、難しいが目指したい。 教科書になる本は、星海社新書の裏テーマ(おお!そうだったのか!) #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。いざというときに言語化・論理的に説明できないと、理解しているとは言えない、と思っていた。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
崎谷さん。賞味期限の長い文章はどう書くか? 古賀さん。いま起きている足の早い情報でもそのまま伝えるのではなく、一旦、別のものに言い換える。そしてもう一度、置き換える。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。いまの気持ちを、過去に遡って、同じ気持ちをどこで感じたか。自分を遠くに動かし、普遍性を見出す。共通点をすくいあげる。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
柿内さん。新卒で入ったK社で、書庫にあった過去の本を読みまくって、学んだ。事例が古い、著者も亡くなってる。でも自分には普遍的に思えた。 面白い本は、目の前に著者がいて語りかけてくれるような感覚があった。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
柿内さん。面白い本は、「対面感覚」という考え方で設計されていることがわかり、意識している。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
崎谷さん。本とWEBの違いは? 古賀さん。もともと雑誌のライター。雑誌が売れなくなり、原稿料が3分の1に。本の世界へ。 1週間もてばいい文章から、5〜10年後も読まれる文章へ。テクニックと思っていたものは捨てた。どこの誰がいつ読んでも正しいと思える文章を。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
柿内さん。『嫌われる勇気』は1億部売れる。ぼくの中では。 岸見さんと古賀さんがアドラーを正しく伝えた本だから、世界でも売れる。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。『嫌われる勇気』では、世界を意識して書いた。 青年の悩みも、どこの時代でどこの国でもわかるように。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
ぐみ@偏愛ライター @gumililium
仕事長引いてしまい遅れてしまったけど、こちらのイベントへ…! #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
崎谷さん。noteを毎日書かれて…。 古賀さん。5年、書いてます。文章は上達しない(笑)。手の抜き方ばかり身について。 自分の文体が見えたり、いいことも…。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。これまで100冊くらいの本を書いてきた。語りおろしでライターとして受けるスタイルで。 年もとってきて、自分が会いたい人、企画にしたい本に取り組むように。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。自己啓発本みたいで嫌だけど、あの人に会いたい、と周りにいってるうちに会える。 柿内さん・崎谷さん。古賀さんから引き寄せの法則が!(笑) #20歳の自分に受けさせたい文章講義
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack
古賀さん。毎日更新したのは、1年更新して大変。糸井さんはなぜ15年続けられるのか?と会うために続けた。 柿内さん。普通、糸井さんに会ったら止めそうなのに、続ける。自分への厳しさは、原稿への厳しさと同じ。だから信頼できる。 #20歳の自分に受けさせたい文章講義
残りを読む(16)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする