99
本ノ猪 @honnoinosisi555
友人に「柳田国男はタピオカを食べていた」と聞いたので、調べてみたら本当にそうだった。 「たとへば私の家の朝飯には、折としてタピオカを食ふことがある。」(柳田国男『民間傳承論』現代史學大系第七巻、共立社、1934、P76) pic.twitter.com/QUgB20Rv1H
拡大
リンク Wikipedia 2 users 449 柳田國男 柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。明治憲法下で農務官僚、貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官などを務めた。1949年日本学士院会員、1951年文化勲章受章。1962年勲一等旭日大綬章(没時陞叙)。 「日本人とは何か」その答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、..
本ノ猪 @honnoinosisi555
ちなみに教えてくださったのは、かみかわさん(@Theopotamos)です。かみかわさんは、キャスを使って、鶴見俊輔・吉本隆明の思想や、柳田国男・渋沢敬三・宮本常一ら民俗学者の業績などを、発信しておられます。ぜひチェックしてみてくださいm(_ _)m
リンク Wikipedia 10 users 22 タピオカ タピオカ (葡: tapioca、木薯) は、トウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンのこと。菓子の材料や料理のとろみ付けに用いられる他、つなぎとしても用いられる。紙の強度を上げるための薬剤の原料としても重要である。 キャッサバは、南米、北東ブラジルが原産だが、根茎に多くのデンプンを持つことから世界各地で重要な作物として栽培されており、食用や工業原料として広..
みんなの反応
クロ @waraihanasi
前RT>「ジャワ産の草の根の葛を煮た粥」(=タピオカ)!!! なんかすごく古典文学的な言い回しで素敵!
薫乃 (旧nekononeko) @nekononeko3
@honnoinosisi555 @OK_UYI_NO 柳田邦男さんの故郷カッパが池から出てきたり天狗が現れたりと 観光地になってるので、タピオカも加わるとより賑わいそうですね。
高橋薫とは @master6y
折口信夫も食べていた可能性が大……! twitter.com/honnoinosisi55…
しかせんべい @shikashika555
なんと! インドネシアからの輸入品は関税とかどうなっていたんでしょうね。高額ではなかったのかな。 味付けとか 気になる。 twitter.com/honnoinosisi55…
小豆長光ᔦꙬᔨ4日目南フ01a @azukiosamitu
朝飯ってことは今みたく甘味で食べなかったのかな…気になる… twitter.com/honnoinosisi55…
ラプテン @raptor335
「柳田国男が愛したタピオカ」なんて銘打ってその当時のレシピを再現したらタピオカブームを追い風に売れる…と思ったけども、あの時代の人の味覚の感覚が現代人のそれとマッチするんかね?というか、もうピークは過ぎた感 twitter.com/honnoinosisi55…
有識者の意見
HIKARV @HIKARV3
@honnoinosisi555 飢饉の折りに蘇鉄や彼岸花から澱粉を採ったということは良く知られていますが、こうしたものを○○米という名で呼んだ様です。この種の澱粉食について青木正児の本で読んだ記憶があります。
残りを読む(14)

コメント

(あ) @MutsuniNaruBeam 2019年8月1日
「草の根を煮た半透明の粥」と記述するあたり、きょうびの流行りのタピオカミルクティーとは形状がだいぶ違いそうだけど、どんなもんだったんだろう。
吉祥天 @sarutas2000 2019年8月1日
ブラジル風にタピオカ粉をクレープにするのともちがうのか?
ひみこじゃ @himikojya 2019年8月1日
これは芥川の芋粥もタピオカミルクティーだった説までありそう。
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2019年8月1日
片栗粉に水入れて加熱して練ったのと同じようなものの気がする。硬めに練って冷やして固めるとわらび餅というな名前になるやつ。
しわ(師走くらげ)@多忙は続くよいつまでも @shiwasu_hrpy 2019年8月1日
ミルクティーと悪魔合体させたのはもうちょっと後かな。この時代だと「主食」としての意味合いがまだ強いんじゃないかな。
ろんどん @lawtomol 2019年8月1日
タピオカミルクティーの誕生は1983年の台湾っぽい。案外遅かった
○○もへじ @marumarumoheji 2019年8月1日
◯タピオカ食ってた ✕タピオカミルクティー飲んでた 前のタピオカブームの時は粒の小さいタピオカをココナッツミルクに入れてたけど、当時のものだと更に違うものだっただろうね。
しょーし @syousi 2019年8月1日
温故知新!!なのでは?
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2019年8月1日
はったい粉とかそばがきみたいなノリで食べてたのかな。
ろんどん @lawtomol 2019年8月1日
台湾の「春水堂」がタピオカミルクティーを1983年に開発したとのこと https://www.chunshuitang.jp/
ろんどん @lawtomol 2019年8月1日
こんな古くから入ってて、なんで定着しなかったのかな?日本には葛があるからそれでいい、とかなったのかな…
mina @mina_BDR529 2019年8月1日
JyanagitaKunio...確かにJKだ(Jは発音しない)
レモンカード @S7qUuC1HgifKlLq 2019年8月1日
お粥みたいにドロドロ状態で食べてたのか?よく分からん。
吉祥天 @sarutas2000 2019年8月1日
第一次タピオカブーム(1992年)以前から中華街のマーケットにはあの粒状にしたのだけ売ってたけど、あの粒状になったのっていつ頃からなのかしら。
sho_Yal @YaltSho 2019年8月1日
当時、日本の委任統治領だった南洋群島で栽培された主な穀物の一つがキャッサバだからね。農務官僚、国際連盟委任統治委員なんかを歴任した柳田国男が食べててもおかしくないわな。
sho_Yal @YaltSho 2019年8月1日
YaltSho そういえば山月記でおなじみ中島敦も南洋に赴任してたなと調べてみたら、「ビンルンムと称するタピオカ芋のちまき」は食べていたようだ。 『環礁―ミクロネシヤ巡島記抄―』 https://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/46429_26617.html
マシン語P @mashingoP 2019年8月1日
今ある粒状のものと同一とは一言も書いておらんやろ…
nekosencho @Neko_Sencho 2019年8月1日
「や」の音を「Ja」で表すこともあるので、柳田国男はJK
こねこのゆっきー @vicy 2019年8月1日
昔はタピオカはオカズだったのか。んじゃさ、50年くらいしたら、JKが納豆とかをミルクティーに入れて食ってる可能性があるんじゃね?
な.ん.ば. @namba_1301 2019年8月1日
タピオカミルクティだけでも20年ぐらい前からあったよね
dynee/ダイニー @dynee_morinaga 2019年8月1日
スイーツになる前から存在しますしね。マレーシアやシンガポールの老人にとっては代用食としての戦時中の味だし、日本軍も飢えるようになってからはタピオカ栽培してたはず。
コン蔵 @konzopapata 2019年8月1日
キャッサバ自体はたまーに割と昔の小説とかで出てくる
ろんどん @lawtomol 2019年8月1日
青空文庫で調べたら、村井弦斎「食道楽 秋の巻」 (初出は1903(明治36)年1月~12月の報知新聞 )に、「タピオカのプデンを作るには(略)タピオカを水に漬けおくか、牛乳にて煮たるものを前法の如くにして焼くなり」とあった。「プデン」はプリンのことかな?https://www.aozora.gr.jp/cards/000810/files/50686_42916.html
usisi @usisi00 2019年8月1日
MutsuniNaruBeam 葛湯みたいな匙で食べるような感じではないでしょうか。
空弁者 @scavenger0519 2019年8月1日
甘いミルクティーに入れればデザートになるということであって、主食的味付けをして食べれば十分に食事。片栗粉ってジャガイモのでんぷんで作るんだぞ!
伍長 @gotyou_H 2019年8月1日
遠い将来のこんにゃくも、味噌田楽(こんにゃくの串刺し)を引き合いに出されて、ヘイセイ・ショウワ時代の人もこんにゃくを食っていた!?しかも食事だったらしいwwwwwwwwwww  みたいな扱いをされるんだろうかね
fm_aar @fm_aar 2019年8月1日
最近の若者はキャッサバ・タピオカが新しいものってイメージがあるのか。
いくら @YamadaIkra 2019年8月1日
sarutas2000 今ちょっと調べてみたら、明代(1600年代)の書物に「デンプンを丸く作る」みたいなことが書いてあった。通雅 卷四十三「今南楚兩粵専採葛根作粉食此藤即可布粉可作丸曰葛粉廣人以假西國米」、东西洋考 「沙孤米《华夷考》曰:山野有树,名沙孤树,将树皮,如中国葛根捣浸,澄滤,取粉作丸,」
へすた! @Hesta 2019年8月1日
チックヤングの新聞漫画「ブロンディ」でもパプリカと間違えてタピオカを買うシーンがあったなーとかどうでもいいことを思い出す。
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2019年8月1日
sarutas2000 ブラジル風もなにもタピオカはブラジル原住民の料理法の名前……はおいといて、 サグーと呼ばれるゼリー風に食べるのが有名なので、そういう感じなのかも。 下のまとめ中盤。 https://togetter.com/li/1367392
かつま大佐(対象年齢10歳📛) @kamiomutsu 2019年8月1日
何気に本文もなかなか良いことを書いているな。
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2019年8月1日
柳田国男なら青空文庫で即読めるから助かるわぁ、と思ったらリストに無かった。残念。
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2019年8月1日
戦前の日本て多民族国家だから国際化の意味では現在より「国境の無い世界」で異文化もかなり流入していたんだろう。題名も作者も忘れたけど昭和30年代が舞台の小説で老教授が「戦前は南方から色とりどりの果物が流通していたが今や缶詰のパイナップルとバナナくらいしか手に入らない」と嘆くシーンがあってそこだけ印象に残ってる。
こばやしゆたか @adelie 2019年8月1日
この当時はキャッサバだったかとおもってたら、すでにタピオカだったんですね。
どんちゃん @Donbe 2019年8月1日
「たぴおかみるくてぃなる甘露」とか書いてあるかと思ったらさすがに違ったw
吉祥天 @sarutas2000 2019年8月2日
eK0SV72lWxlYb8L 植物検疫が戦前はなかったのでは。
田中 @suckminesuck 2019年8月2日
キャッサバの草の根の葛を煮た粥とあるし、キャッサバ系のなんかだったんだろな
ゴマすりクソバード@たつき監督を返せ! @animefigure3d 2019年8月2日
輸入してたんだろうか。それとも国産で作っていたのか。
いちのじ@SW600018989027 @ichinoji 2019年8月2日
キャッサバと聞くといつもキングゲイナーのヤッサバ隊長を思い出してしまうのでこんな現実からは消えてやりたくなる
ザンちゃん @zanchann 2019年8月2日
タピオカ何故か今流行ってるけど昔からあるしな……。おばちゃんは何故あんな美味しくない物が今流行ってるのか分からないってツイートしてる人もいたし。
あなぐま @badger2635 2019年8月2日
植物検疫は大正時代からある模様。台湾が植民地だったのが大きいと思う。
星川月海@9/16みとフェス D-7 @hosikawatukimi 2019年8月2日
ミルクティーが流行する以前にココナッツミルク漬けの中華デザートもあるしな
バレルロール @zoahunter 2019年8月2日
おかずかぁ……。クジラのオバケみたいに醤油か、酢味噌和えかな??
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2019年8月5日
葛湯みたいなものってことかなこれ?
嶋泉心足齋 @xin1zu2zhai1 2019年8月7日
副島八十六(1898)「馬來半島管見(承前)」地学雑誌10(10)には、英国領マラッカの輸出額のうち百万円はタピオカが占めていると書かれているので、おそらく澱粉材料として当時から使われていたのだろう。 奈佐忠行(1912)「ジヤバ旅行談」地学雑誌24(3),pp147-162には現地の人が朝飯にタピオカを食べていると書いているので、これは粉食ではなくそのまま蒸したり煮たりしていたのだろう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする