10周年のSPコンテンツ!
1
山口二郎 @260yamaguchi
安倍首相のような没論理的なやり方で憲法政治を争点化されたら、自由民主主義や立憲主義を擁護する側は強く反対せざるを得ないので、政治的対立構図はとげとげしく両極化する。小選挙区制は自民党を単峰型の右派政党に作り替えたことももう1つの要因。
ピゾナ @pizonat
RT 今の日本政治において起きていること=安倍独裁政権は小選挙区制の負の面が出ていると解釈することは可能と思う。その負の面に対応するための動きが野党共闘であり、それはまともな対抗軸を作り政権交代というリスクを政権に負わせる形でまともな政治をやらせるという意味で
ピゾナ @pizonat
承前)2大政党制を前提とした小選挙区制における政治学的に健全な動きであると言えると思う。自民党が言う野党共闘は選挙に勝ちたいためだけの野合という物言いは政治学的に的外れと言える。逆に自民党こそは選挙のことを考えることしかできていないのでそういう発想になるのだろう。#参院選2019
ピゾナ @pizonat
日本政治は最終的には自民党と反緊縮の党(≒れいわ新撰組)の2大政党制になるのではないかと思う。つまり、山本太郎氏は世界的にも例を見ない中卒の総理大臣になる、私の勘では彼は99%総理になる。能力のある人は今のうちにれいわ新撰組の党員になったほうがいいですよ。おそらく政治家になれます。
tatubuu @tatubuu
選挙協力の課題 衆院選に向け野党共闘の深化を 衆院選の課題は、安倍首相を退陣に追込み、改憲阻止、政権交代を実現。又市党首:参院選の共闘の総括の上に立った野党共闘の深化を打出し。野党共闘の要石を自認の #社民党 の役割は大#社会新報 2019.7.31 bit.ly/2K9ec8i #れいわ#会派
ピゾナ @pizonat
野党共闘の深化というのは2大政党制を前提とした小選挙区制において、今の自民党のような強い大政党に対抗できる大政党が存在しない場合に、政治の劣化及び腐敗を防ぐ(自民党の2軍3軍の跋扈みたいな)ためということであればむろん大義名分は成り立つ。#野党共闘
ピゾナ @pizonat
2大政党制を前提とした小選挙区制において政権を担う大政党に対抗できる大政党が存在しない場合に野党が共闘するというのは政治学的にも健全かつ正当性のある政治行動と言えるのではないか?。小選挙区制度における政治学というものがもう少し考察・研究されてもいいと思う。#学問 #政治
ピゾナ @pizonat
昨今の選挙における野党の共闘は、2大政党制を前提とした小選挙区制において政権を担う大政党に対抗できる大政党が存在せず、なおかつ政権を担う大政党による政治の劣化及び腐敗が認められる場合において野党共闘という政治行動は政治学的正当性を持ちうると解釈してもよいのではないか?。#政治学
ピゾナ @pizonat
小選挙区制は政権交代が起きやすいという点は優れた選挙制度である(腐敗堕落した政権を下野させやすい)が、政権与党に対抗する力を持たない大きな野党が存在しない場合には政治の劣化・腐敗が起きやすい。その、いわば小選挙区制の欠点を補う形での野党共闘の政治学的正当性はあるのではないか?。

コメント

斉御司 @saionji1942 2019年8月2日
安倍首相は別に緊縮派じゃないかられいわは自民党の対抗馬にはならないでしょ。あれはむしろ自公の支持者を奪って野党共闘に右側から貢献するための政党を目指してるんだと思う。現実にはそうなってないけどね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする