Hack for Japan 5/21 Ideathon 各チーム案まとめ

Hack for Japan 5/21のIdeathonの各チームが出した案をまとめます。
2
kazuko kaneuchi @mutsuking
福岡会場の(今のところの)コンセプトは「支援者が長く楽しく支援できる仕組み」これを実現するためにゲームという形を取るか、全く別のものを作るか等を討論中 #hack4jp
Hiroshi Koide @hirosk
福岡会場,チーム名:めんたい,タイトル:donatterAPIの拡張,内容:長期間支援を継続するため,被災地からのゴール提供,ゲーム以外のアプリのサポート等について議論しました.#hack4jp
Yu Gori @yugori
東京第1G タイトル:再利用を意識したデータ入稿の仕組み・Hack For Japan他の支援活動の整理 #hack4jp
大和田 健一 @ohwada
東京2グループ 地図の利用についてアイデア出し 紙の情報を手早くデジタル化できないか? #hack4jp
Lis🐿 @liskun
東京会場 チーム名:チームRock 方向性:震災対応ノウハウ共有し世界に向けて!世界からも集めて!(テキスト、画像、動画) #hack4jp
amapetas @amapetas
東京5番 ニッポン放送 app10提案のダジャレクラウド作成  ハッシュタグをつけたダジャレツイートを拾いDB化しランキング等の表示サイトを作る #hack4jp
koni0907 @koni0907
東京会場、広報をテーマにしたチーム7です。 ショットノート的に、一部をデジタル化して情報をアーカイブ。 #hack4jp
Ryohei NODA @ryoheinoda
#hack4jp PR/広報 - 現地/東北以外で必要とされる情報、知らせたい情報のセグメントを明確にする。経験、知識に応じてアクセスするモノの違い。スーパーポータル、スーパーコンシェルジェ。現在のマイクロ/ソーシャルメディアでもかなりの部分は繋がる -> マスに載せる為の転換
ソラッチ @solattii
きっかけはphotosalvageチームは、ソーシャルを元にした地図、写真、マッチング軸にして考えています。 #hack4jp
hatochan@koedolug 4日目南エ-04b @hatochan
仙台会場からです。ブトマチームのブトマプロジェクトは、救援物資のトレーザビリティとマッチングを実現するために、QRコードを用いて送り手、運び手、受け手の労力を簡略化したシステムを構築します。#hack4jp #hack4miyagi
rw @rw_nue
仙台会場アイディアソン チーム名:ボランティアインフォ プロジェクト名: ボランティアしたい人としてほしい人をつなぐプロジェクト  #hack4jp
takatsugu ishioka @bonnu_jp
#hack4jp チーム名:ボランティアインフォ PJタイトル ボランティアのマッチング sahanaにやりたいことの機能がほとんどありそうですね
@TacksMan
チーム名:Geiger API、 内容:データフォーマッティングなどのProtocolの作成と、Google SSeatへのUpload(目標) #hack4jp
Hal Seki @hal_sk
#hack4jp ■チーム名:絆レポート ■プロジェクト名:チェックインレポートプロジェクト ■内容:ボランティアや現地特派員が現地レポートを共有でき、情報の信頼度や情報元が確認できる現地レポート共有サイト。東北放送による番組と連携して情報発信/収集。
りんご🍏 @mstssk
#hack4jp 仙台会場 ■「復興時計」(チーム復興時計) ■内容:震災の風化を防止するために、被災地の写真、復旧した後の写真などを、美人時計の様に見せる。
さとかわ♨️ @sato_kawa
チーム名:イケメンパラダイス プロジェクトタイトル:人をHackする -- 被災地の人にITを使ってもらう #hack4jp
Akira Sasaki @gclue_akira
#hack4geiger では、クラウド側の放射能測定データ格納フォーマットの策定、クラウド側からのデータ出力、Geiger Counterからのデータのアップロードフォーマットの策定と、クライアントアプリの開発などなど #hack4jp
Akira Sasaki @gclue_akira
#hack4geiger のチーム、「放射線Now」、「ひまわり」、「ガイガーAPI」、「GC Phone」の4チーム #hack4jp
Akira Sasaki @gclue_akira
#hack4geiger のチーム、「放射線Now」は、手動放射能測定値のアップローダーの作成、「ひまわり」は、自動放射能測定値のアップローダー、「ガイガーAPI」は、放射能格納クラウド、「GC Phone」はガイガーカウンター搭載の携帯電話開発 の 4チーム #hack4jp
Akira Sasaki @gclue_akira
#hack4geiger のブレストでは、データの見える化のアイディアも多数。首に下げて放射能が高いエリアにいくを警告を鳴らすペンダント、ARアプリで危険エリアを赤くマーキング、GPSデータをつかって今いる場所が危険かどうかをPushで配信などなど #hack4jp
Hack For Fukushima @Hack4Fukushima
#hack4jp 会津若松会場からのアイデア。チーム名: 風評をふっとばせ隊 タイトル: 風評対策 概要: 農産物、工業製品、観光業。県土の広い福島県ではFukushimaといブランドイメージダウンで多大な風評被害が広がっている。風評対策の手法を探る。
Hack For Fukushima @Hack4Fukushima
#hack4jp 会津若松会場からのアイデア(2つめ)。チーム名: 行政情報公開チーム タイトル: 100年使える震災行政Webサイトプロジェクト 内容: 自治体が公開すべき情報を定型化・テンプレ化。避難所住民の声を吸い上げる仕組み(目安箱)--- つづく
Hack For Fukushima @Hack4Fukushima
(つづき)各自治体のサイトで公開されている情報の比較サイトを立ち上げ、情報開示を促す。 #hack4jp
Hack For Fukushima @Hack4Fukushima
#hack4jp 会津若松から。ガイガーAPIプロジェクト -- データベースの統一化。CSV形式でのデータ配布。データアップロード/ダウンロード JSON/REST インターフェイスの提供。外れ値のチェック機能の提供。[日付][線量][GPS][署名]
Hack For Fukushima @Hack4Fukushima
#hack4jp 会津若松から。プロジェクトひまわり -- 自動的にBluetooth → Webへと放射線量をアップロードする。
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする