2019年8月14日

【横山光輝「三国志」講座234「呉軍動く」03】

横山光輝「三国志」を一話ずつ解説してみようというコーナー。第234話「呉軍動く」の巻。 ※解説はbotさんの個人的見解です。 ※今回の話は、大判・横山光輝「三国志」第13巻に収録されています。
1
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座233「呉軍動く」】 第233話です。曹操が漢中を平定。このことは、新生蜀にとって大きな脅威となります。玄徳は孔明に善後策を尋ねます。玄徳が蜀をとってまだ日が浅く、曹操が蜀に攻めてきたら一致団結して戦えるかどうかが不安です。孔明もそのことは認めます。

2019-08-14 13:34:41
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」】 そこで孔明。曹操の目を蜀ではなく呉に向ける作戦を提示。荊州のうち三郡を呉に返し、時局の険悪と利害を説き、孫権に合肥の城を攻めさせるというもの。合肥がとられると曹操も放っては置けません。曹操の目もそっちに向かうことだろうと孔明。

2019-08-14 13:36:53
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」03】 しかし、これには有能な交渉役が必要です。その大役に立候補したのが、伊籍です。これまで何度となく玄徳を助けた伊籍なら、この大役果たせると孔明も太鼓判を押します。玄徳は伊籍に託すことにしました。

2019-08-14 13:40:59
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」04】 さて、呉です。呉と玄徳の関係は必ずしも良好ではありません。荊州の三郡を返す約束を、関羽が跳ね返してしまったという経緯もあり、今度、呉が合肥を攻めたら荊州の三郡を呉に返すという玄徳らの申し出も虫のいい話であります。

2019-08-14 13:43:08
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」05】 伊籍は、関羽の件については、あの時三郡を返せば関羽にとって行くところがなくなってしまうから、という理由を述べます。呉が合肥を攻めれば、曹操は漢中にいたたまれず急いで都に引き上げる。その時すかさず玄徳は漢中を攻め取り、関羽に漢中を任せる所存。

2019-08-14 13:44:58
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」06】 漢中を手に入れたら、荊州全土を呉に返せる、という伊籍の言い分にむうっ、と考え込む孫権。その言葉を信じてはならない、という意見も出ましたが、呉の荊州の領有権を主張するためには、まず確実に三郡を受け取っておくべきという意見に落ち着きます。

2019-08-14 13:50:08
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」07】 三郡を素直に返すなら、呉は合肥の城を攻めると約束した孫権。こうして、荊州のうち、長沙、零陵、桂陽の三郡は呉に返されました。今回は関羽によーくいい含めておいたのでしょう。返却に対しては大きなトラブルはなかった模様です。

2019-08-14 13:52:15
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」08】 呉も約束通り、兵を動かします。総勢10万の大軍をもって出陣。合肥城を攻める前に、食糧を補給している皖(かん)城を攻め、ついで合肥の城を攻め寄せる手はずでありました。10万の大軍は皖城目指して殺到します。

2019-08-14 13:55:06
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」09】 ところが、皖城も懸命に防戦します。相手がしぶといと見た孫権は何かいい攻め方はないかと思案します。正攻法としては、高いはしごを作り城中を見下ろしながら攻めてはどうか、と攻城兵器の投入を主張する部下。しかし、その方法は、準備に時間がかかりすぎます。

2019-08-14 13:56:47
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」10】 ここで時間をかけすぎると、合肥の城から援軍が駆けつけてしまい、戦況が苦しくなります。ここで呂蒙が、我が君、と孫権に進言。呉軍は到着したばかりで士気盛ん。夜明けとともに四方から総攻撃を仕掛けては、と力押しを主張します。

2019-08-14 13:58:53
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」11】 それが手っ取り早いと孫権は採用。皖城を取り囲み、総攻撃をすることにします。夜が明けようとする頃、呂蒙が自ら太鼓の鉢を両手に持ち、出陣大鼓を鳴らします。 押し寄せる呉軍に対し、皖城の守将である朱光は、合肥の援軍が来るまで持ちこたえろと防戦を指示。

2019-08-14 14:01:31
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」12】 あるだけの矢を射ち、石を落とせという命令に、皖城の兵も必死に応えます。こうなると双方時間の勝負となります。合肥城からの援軍が来るまでのタイムリミットで、どちらが先に相手を倒せるか。はしごをかけて城を登る呉軍兵に対し、石矢を浴びせる曹軍兵。

2019-08-14 14:04:29
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」13】 そこに、両手で鎖の先におもりをつけた武器を振り回す武将がはしごを登っていきます。かなりのアクロバティックな動きをしますが、槍で持って防ごうとする曹軍兵をものともせず、登りきってしまった武将こそ、甘寧です。

2019-08-14 14:06:29
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」14】 甘寧一番乗り!と雄叫びをあげる甘寧。朱光は甘寧に向かっていきますが、ちょこざいな、と繰り出される鎖パンチにグシャッと頭をたたき壊されます。それなりに優秀だと思われる朱光ですが、相手があの甘寧ではひとたまりもありません。

2019-08-14 14:08:49
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横三講座234「呉軍動く」15】 守将朱光を失ったことで皖城は大混乱。降伏する者数万人、その日のうちに、皖城は落城してしまいました。 緒戦は呉の完勝です。とはいえ、このまま曹軍がだまってやられるはずもなく…。この続きは次回となります。 今回はここまで。

2019-08-14 14:10:39

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?