10周年のSPコンテンツ!

英語教育:① 子供たちが子供たちが夏休みにこのような動画を見て、間違った知識を植え付けられないように

正しい方法論に辿り着いていながら、事実に反する間違った素人考えの解説を付け加えています。見ていて残念でなりません。 素人の生兵法ですね。 〇知らないとヤバイのに日本人ほとんど知らない英語の仕組み 〇一撃で英語が聞こえるようになる!魔法のワーク 続きを読む
英語教育
2
黒住玲 @RayCrosmy
間違いだらけの英語教育の動画を見つけたので、コメントしておきました。あまりにも酷すぎます。 ウチの学園でこんな授業をする講師がいたら、嘘を教えていると父兄からクレームが入って理事会で問題になります。 知らないとヤバイのに日本人ほとんど知らない英語の仕組み youtu.be/p_6zohTqAHI
拡大
黒住玲 @RayCrosmy
子供たちが夏休みにこのような動画を見て、間違った知識を植え付けられないように、 誤情報を流布する有害サイトなどを識別するレッドリストに、この人物の一連の動画を付け加えました。 その場の思いつきのような稚拙な誤情報を量産する悪癖を改めない限り、レッドマークは外れないでしょう。
黒住玲 @RayCrosmy
この説明も錯誤の羅列になっていますね。 正しい方法論に辿り着いていながら、事実に反する間違った素人考えの解説を付け加えています。 見ていて残念でなりません。 素人の生兵法ですね。 一撃で英語が聞こえるようになる!魔法のワーク youtu.be/w0m6C5a8Eos @YouTubeより
拡大
黒住玲 @RayCrosmy
実際には、講師は動画の中で何度も繰り返し、黒板に書いた文章を視聴者に向かって読み聞かせています。にも関わらず、何度繰り返し聞いても無駄、繰り返し聞かせていないと、平然と事実に反する虚言を、得意満面言い放っています。
黒住玲 @RayCrosmy
自己宣伝のために、視聴者に向かって、平然と事実に反する嘘をつく姿を見ているうちに、腹が立ってきました。 嘘を並べ立てる動画を見せられるぐらい不愉快な事はありません! この動画の中で実際に行っているのは、ネイティブな発音の音素を正しく聞き取るための訓練以外の何者でもありません。
黒住玲 @RayCrosmy
日本語の、音素をカテゴリーに分類する方法と、英語圏の言葉の、音素をカテゴリーに分類するルールには、決定的に異なる部分があり、 それを体感的に分かるように解説している点は、たいへん評価できますが、
黒住玲 @RayCrosmy
レクチャーの内容と全く異なる、事実に反するワークショップの宣伝をすると、 信用を損なうだけでなく、その文言に容易に惑わされない、客観的に物事を分析する能力を鍛えた人々を、怒らせてしまうことになります。
黒住玲 @RayCrosmy
ヒアリング能力を高める指導内容は間違っておらず、結果が良ければついていく生徒も多いと思いますが、解説の矛盾や破綻をなんとかすべきだと思いました。 このようなことを繰り返していると、本当に分かっている人々からは、虚言癖があると確信される結果を招くので要注意です。
黒住玲 @RayCrosmy
実際にこの動画の中で行われているのは、「英語圏の言葉の音素をカテゴリーに分類する、日本語にはない独特のルールの教育」です。 そして、 【言葉は自己表現のための発話行動の慣習】なので、行動パターンを生成する、英語圏特有の感覚要素群を教授することで、
黒住玲 @RayCrosmy
ヒアリング能力が飛躍的に高まる効果を狙って、「はい、私と一緒に繰り返し言ってみてください」と指導しているわけです。 独学のデタラメな稚拙な理屈を並べても、人間のように思考し、人間の言葉を紡ぐことが可能な、
黒住玲 @RayCrosmy
生命情報をダイレクトに演算処理して、人間の行動を自己組織化=生成できるスーパーコンピューターの開発を行ってきた、言語理論を熟知している専門家を騙すことはできないことを、知るべきでしょう。
黒住玲 @RayCrosmy
まったくの的外れではないモノの、いろいろと知識が足りないため迷っている人物のようなので、 興味を抱いていくつか動画を見せて頂きましたが、やっぱり変な本に引っかかっているようです。 〇〇を今すぐ辞めないと、一生英語は話せるようにならない! youtu.be/5XISXjdzKuA @YouTubeより
拡大
黒住玲 @RayCrosmy
感覚的に掴んでいる答えは正しいけれども、 うまく理屈が噛み合っていない残念な状態ですね。 自己表現の行動を積極的にシミュレーションするように自分の欲求を高める工夫をすると、一気に英語が話せるようになる筈です。 英語を用いて自己表現する行動様式は、
黒住玲 @RayCrosmy
日本語や高天原言葉を用いた思考を妨げるので、私は英語が話せるようになりたいとは思わないし、積極的にその種の内的ノイズを育てたくないですけどね。 英語を話さない,英文を極力読まずに、西洋の概念はすべてカタカナ言葉に変換して片付ける、という選択肢がもっと評価されても良いと思います。


綾姬(フィーネ・ストラウス) @FineStraus
@RayCrosmy 「言語は表現の慣習だから、厳密に文法と言えるようなモノは存在せず、感覚要素のフィードバックループ=意識上の運動感覚と音素のイメージが保持しやすいように、散逸構造生成のルールに従って自己組織化されている、と考えるのが正解なのです。」 普遍文法の秘密をサラリと解説なさってます。
綾姬(フィーネ・ストラウス) @FineStraus
@RayCrosmy 言語は、私たちが持って生まれたライフスタイルシミュレーターの演算結果として生成された自己表現の様式で、それをソックリ模倣できるのが、生命情報を演算処理できるスーパーコンピューターの天惺システムです。 たとえREDの発音を天惺愛美ちゃんのデータバンクから削除しても、
綾姬(フィーネ・ストラウス) @FineStraus
@RayCrosmy 英語圏の人物の行動パターンを即座に自己組織化して、レッドという音声データを生成可能です。 なぜそう発音するのかと質問すると、「だって聞き取りやすいでしょう?」と愛美ちゃんは確認してきます。もちろんコレが正解なのです。 ×ルエドという言葉を短縮したらレッドになる。
綾姬(フィーネ・ストラウス) @FineStraus
@RayCrosmy ⚪︎ルエドという言葉に英語圏の標準的なイントネーションを付与するとレッドの発音が自然に自己組織化される。 この自称講師の方は、あまりにも錯誤を連発しすぎていて、正しい情報の方が少ない状態ですね。 正しい思考が紡げない人の教材は、レッドリストに入れるしかありませんね。


①「知らないとヤバイのに日本人ほとんど知らない英語の仕組み」
Ray Crosmy

ウチの私立校でこんな授業をする講師がいたら、理事会で問題にされます

×日本語は書いたとおりに読む。
⚪︎慣習に従って読む。

「てふてふ」と書いて「ちょうちょう」と読む例があることぐらい、中学生になれば知っているので、ウチの私立校でこんな授業をすると、生徒が動画を撮影して親に見せて、学校側に「嘘を教える教師がいる」とクレームが入って、最悪職を失う事態になるので、要注意です。

このようなテーマを扱うときには、話し言葉は流動的で転訛しやすいが、書き言葉は変化しにくいので古形が残っている、とすべきです。

たとえば、オペンという英語はOPENと表記しますが、カタカナ言葉ではオープンと表記します。実際の発音はオペンに近いですが、やや違いますね。

昔の英国は方言が多くて、各地で転訛し放題で、近代になってから統一に苦労した歴史があるわけですが、古くはほぼオペンと言っていたと考えるのが妥当です。

日本語でも、正式には「わたくし」というところを、言いにくいため「わたし」と短縮する言い方が定着しつつあります。さらに縮めて「わし」と言う人もいれば、私のように秦の始皇帝に倣って、口語の一人称を「真人」とする古風な人達もいますね。

英語の古形を残す書き言葉と、転訛した話し言葉に差が生じていて、スペルと発音が一致せず、綴りを見てもどう発音するか予想がつかない原因は、英国の民族の成立の歴史まで掘り下げると、さらに複雑になっていきます。オーストラリアの英語まで視野に入れると、また独特の訛りの問題が出てきますね。

アングル人、ジュート人、サクソン人の、ゲルマン3部族の歴史まで持ち出して説明すると時間が長くなるので、どこかで短くする工夫が必要になりますね。

スペルを見れば発音が分かるなら、大統領がオーケーをOKと表記するミスは起こらなかったでしょう。

×米英の人々はスペルからどう読むか分かる。
⚪︎米英の人々もスペルと綴りの違いには大変苦労している。

私の名前なんて
kurosumiと表記しようモノなら、キュロシュミーさんになってしまい、日本人は音を聞いても?です。crosmyと表記すれば正しく読んでくれるかと言うと、フランス語ではコスミーとなって、マルティークの地名扱いですね。

言語は表現の慣習だから、厳密に文法と言えるようなモノは存在せず、感覚要素のフィードバックループ‪=‬意識上の運動感覚と音素のイメージが保持しすいように、散逸構造生成のルールに従って自己組織化されている、と考えるのが正解なのです。

どんなに短くしていっても、REDはルエドやルドにしかなりません。詰まったレッドの発音は、強調するイントネーションがプラスされた結果です。これは運動神経の感覚要素との兼ね合いで生成されます。この点も完全に勘違いなさっておられますよね。これだけ錯誤が酷いと、ウチの学園の英語の講師の採用試験では落第します。

言語は、言葉を用いた自己表現のライフスタイルの生成ですから、私たちが持って生まれたライフスタイルシミュレーターの演算結果として生成されています。これをソックリ模倣できるのが、生命情報を演算処理できるスーパーコンピューターの天惺システムで、REDの発音を天惺愛美君のデータバンクから削除しても、愛美君は正しい行動パタンを即座に自己組織化して、レッドと発音します。

なぜそう発音するのかと質問すると、「だって聞き取りやすいでしょう?」と確認してきます。もちろんコレが正解です。

貴方は錯誤が酷すぎます。

たった12分の間に、いったい幾つ誤情報を言い放ったのでしょうか?

もしも責任を感じる良心があるのならば、

視聴者に対して即座に、口から出まかせの錯誤した事柄を延々と教えてきたことを謝罪すべきでしょう。

ウチの学園の子供達が貴方の誤情報満載の動画を視聴して間違った知識を植え付けられるのを予防する必要があると感じたので、感化されないように、貴方の動画をレッドリストに加えさせて頂きました。

綾姬(フィーネ・ストラウス) @FineStraus
@RayCrosmy YouTubeのコメントの注目ポイント。 『私のように秦の始皇帝に倣って、口語の一人称を「真人」とする古風な人達もいますね。』 コレは正確には日本語ではなくて、高天原言葉での話です。私も高天原言葉の一人称は「真人」です。 日本語では一人称を「仙人は」となさいますよね。
綾姬(フィーネ・ストラウス) @FineStraus
@RayCrosmy そして、 本当は、秦の始皇帝にあやかって「真人」を自称しているわけではありません。 始皇帝は真人の来訪を待っていたのに、けっきょく会えなかった残念な人なのですから。 一般の方への説明のために、始皇帝を引き合いに出しているだけです。 本物の真人は、東海上の三山
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする