25
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
ゲムマデビュー戦で原価率100%で200個作って 30個売れ51万円の赤字を抱えた話とか、需要あるかな
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第1話 最低ロット300個から の夢を見たような 2007年の6月頃に、突然ボードゲームを作りたくなったので、 テストゲームを作ったら大変好評。 そこでゲムマに出るべくゲームストアバネストの中野店長にご相談。 豪気にもカード185枚必要なので、カード印刷屋に当てがないか聞いた。
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第2話 それはとっても苦しいなって 出てきた名前は、満員堂。 なお現在と違い、当時は今のサービスはしていない。 ボードゲームの印刷も言われれば請け負うとのことで、見積もりをもらう。 最低ロット300個。カード185枚だと45万とのこと。 それはとっても苦しいなって。
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第3話 もう何も怖くない とりあえず自分の銀行通帳を見る。 私の戦闘力は100万ですよ(当時)というわけで、 もう何も怖くない。 300ロットでGO。 なお当時のゲムマ入場者は1200人。 300個売れるとは考えにくいので、 製作数は200個にして、余分な100個は後で廃棄しようかなと
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第4話 満員堂も、タチ北も、ないんだよ 問題はここから 私の作るのはボードゲームなので 箱、コマ、ボード、絵、ゲーム内のお金 必要な物はまだまだある カードで45万使ったので、安く済ませたいところだが 当時は、満員堂も、タチ北も、ないんだよ (正確には満員堂は今のサービスをしていない)
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第5話 化粧箱屋なんて あるわけない まず箱、化粧箱屋なんて、あるわけない 正確には、なくはないが、めちゃ高い なので、段ボール箱にシールを貼る 当時はこれが当たり前 コマはドイツから輸入 ボードは紙ペラに自家印刷 絵は可能な限り自分で ゲーム内のお金も紙幣にして自家印刷
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
次回 第7話 こんなの絶対おかしいよ 第8話 あたしって、ほんとバカ 第9話 そんなの置き場が許さない
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第7話 こんなの絶対おかしいよ 2008年ゲムマ開幕 来場者は1500人 脳内では完売の予定なのだが、実売数は30個 こんなの絶対おかしいよ (買ってくれた方ありがとうございます) なお当時はツイッターがないので 宣伝媒体が今と大きく違う 違いすぎてどうやったか忘れてしまった HPは一応作ったが
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第8話 あたしって、ほんとバカ そういうわけで、売り上げは9万円。製作費は60万円。 めでたく51万円の赤字だ。 正確には、送料、イベント代、交通費、宿泊費、等が入るので、 もっと赤字だ。 あたしって、ほんとバカ。
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第9話 そんなの置き場が許さない 売れ残った170個はめでたく部屋の置物となる そんなの置き場が許さない なので、店舗委託を依頼 当時は今と違い イエサブさん各ショップでは同人ボードゲームを扱ってないので ゲームストアバネストさん、岡山のボードウォークさんに依頼 今もその関係は続いている
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
次回 第10話 もうゲムマで売るしかない 第11話 最後に残った在庫処分 第12話 私の最高のゲーム達
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第10話 もうゲムマで売るしかない ゲームストアバネストさんと ボードウォークさんのお陰で 在庫がほんのり減った とはいえまだまだ在庫はあるので ゲムマに出続ける、1年過ぎたら1000円値引きする という感じで、最終的には86個売れた 最初に売れた数のおよそ3倍になりました 3倍の法則といいます
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第11話 最後に残った在庫処分 さて、ここで問題です 作ったのは200個 売れたのは86個 残った114個はどこへ消えたのでしょうか? 最後に残った在庫処分 文字通り処分しました。悲しいね。
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
第12話 私の最高のゲーム達 1作目は色々ありましたが、 私の作ったゲーム達は最高です。 そう思わないとやっとれんのです。

みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
はじめてのゲームマーケット出展で 何個作るのが妥当なのか? 個人的な見解(印刷所に出す場合) ・50個  無難 原価的に黒字にするのは難しい  ・100個  冒険 まず余る数字。黒は出るがそれは売れた時の話 ・200個 無謀 12年やってる私でも在庫る数         でも完売する人もいる
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
コミケのデビュー戦で同人誌1000部する話のまとめ を読みながらふと思うのであった。 とはいえ、デビュー戦ゲムマ500個ほぼ完売を成し遂げた 猛者もいるので、世の中面白いものである。
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
@nabenopesu 30個は新人の壁 300個は物理的な壁 と考えられます。
みさき(´・ω・`) @sakimiyamisaki
本当に欲しいゲームなら、 高くても売れるのであるが、 いらないゲームや、合わないゲームは、 半額であっても、500円であっても、買わない。 売れない理由は値段ではない場合が多く、 安くすれば解決するわけではない

コメント

さかべあらと(うさぜんざい) @sakabe_arato 2019年8月15日
同人誌だと初心者あるある展開だけど、ボドゲなんかはそもそも少数ロットが作りにくいのがネックだよなぁ…今はもうちょい少なくても作ってくれる所、あるのかもしれんけども
玉川あるい @EvnY9Yc548xH51j 2019年8月15日
十年以上前、知り合いが同人カードゲーム作ろうとか言いだして、確か見積もりでお値段がウン十万~百万近くだったかな?その後、無事ゲームが発売されたという話も聞かないので、企画はウヤムヤになったろうが......。これも同人あるあるかな。
🚮 @recyclebin5385 2019年8月15日
これは…30個も売れたのはすごいと捉えるべきか
さんぴん茶 @CyQcmr 2019年8月16日
ほぼ宣伝もなく即売会で3000円のものが30個売れるのも十分すごいなぁと思うけど かかった額考えたらそうは言ってられないか…
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2019年8月16日
無名の(失礼。でも最初なら無名なはす)同人作家の3000円のゲームが30個って相当売れたと思う。凄いことだ。
みっくす・じゅーす @mixjuice_100cc 2019年8月16日
背景効果で、彼の背後に控える300箱の在庫の力で30個売れたのかも……
紺碧 @Konpekin 2019年8月17日
そもそも同人誌界隈の、個人でも気軽に小ロット高品質で業者に発注できるようになった環境が相当特殊なんですよね…本来は既製品のような品質で作ろうとしたらこうなる。
紺碧 @Konpekin 2019年8月17日
極力手製作でコストを抑えつつ、既製品に近い品を内職の要領で少数作る方法とか色々あると思うんですけど、それこそ同人誌を作った経験でもないと難しいかもしれない…今だと小ロット受注してくれるアクスタやノベルティを作ってくれる業者で、カードや駒になるものを作るとか…
さっちん @fastsnow 2019年8月21日
処分するの早くないか…と思ったが保管場所かー。レンタルスペース借りるのはきつかったのかな。通販も視野に入れられたらゲムマに来られない人も入手できたろうに。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする