ヤフオクで柳柊二さんが描いた絵本の原画が大量に売られていた!? #スタジオぬえ #加藤直之 さんの嘆き

妻がヤフオクで柳柊二さんが描いた絵本の原画が大量に売られていたのを見つけて知らせてくれた。僕も検索してみたら、生賴範義さんの戦車のプラモの箱絵なども売られている。こうしたことは漫画の世界でもよくある話かもしれないが、とても腹が立つ。
7
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

妻がヤフオクで柳柊二さんが描いた絵本の原画が大量に売られていたのを見つけて知らせてくれた。僕も検索してみたら、生賴範義さんの戦車のプラモの箱絵なども売られている。こうしたことは漫画の世界でもよくある話かもしれないが、とても腹が立つ。

2019-08-17 12:39:07
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

時代でいうと、僕が絵の仕事を始めた頃は、ちょうど、絵の原画の所有や価値が業界に認識され始めたばかりの頃で、僕の先輩たちが描いた絵も印刷が終わると、捨てられたり、担当編集者が持ち帰ったなんてこともあったらしい。出版社、印刷会社、画家本人がそんな考えだったのだ。

2019-08-17 12:41:46
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

絵の価値としては、著作権(著作財産権と著作者人格権)と所有権があり、とくに所有権がないがしろにされていたころだ。著作権については、日本美術著作権連合が作られてはいたが、まだまだ一般に知られるようにはなっていない(僕も最初はその存在を知らなかった)

2019-08-17 12:45:15
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

あるとき、僕が自分の画集を作るために原画を出版社から返却してもらったときに、一部の原画が傷んでいることにきづき愕然とした。イラストボードに描かれたイラストの、ボードの絵を描いた薄皮部分がいちど剥がされ、また糊で貼り付けられていたが紙の表面が波打っていたのだ。

2019-08-17 12:52:08
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

紙は絵の具に含まれた水でふやけて膨張し、乾くと収縮して、その収縮率の違いで、歪む(波打つ)ことになる。しかしイラストボードはそれを厚い紙の層(土台)で防ぐことが出来る。張りキャンバスなら木枠がその役目を果たす。

2019-08-17 12:54:45
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

当時、イラストや絵画は、印刷するために、いちどカメラで複写してポジフィルムにするという工程を経るが、 絵を高解像度で複写するための「ドラムスキャン」という機械が普及し始めていた。大きな透明なプラでできた円筒の内側に絵を置き、そのドラムを読み取り装置の上で回転させ、スキャンする

2019-08-17 13:00:10
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

円筒の内側にスキャンする絵を置くから、その絵は丸く曲げられる、薄い紙に描かれたものでなければならないのだ。だからイラストボードに描かれた絵ではそれができない。カメラで複写しなければならない。しかしその手間を惜しんだ印刷会社があったのだ。

2019-08-17 13:02:38
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

それでも、一度ボードから剥がした絵を、キレイに元のように糊で貼り付ける努力と手間をかける製版担当者ならよかったのだが、それをしない奴がいた。こうして、僕のもとに戻ってきたイラストボードがたくさんあった。 著作権については多少の知識があっても、所有権については疎い人間がたくさんいた

2019-08-17 13:05:16
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

このようにして、絵描きや漫画家やイラストレーターの原画は、そのまま捨てられたり、担当者が家に持ち帰ったり、倉庫にそのまま置かれたままになった。僕はたまたま、画集のために返してもらったから、この問題が発覚して。

2019-08-17 13:06:42
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

このことを知った僕は、まず出版社に連絡した。業界そのものが、まだ著作権や所有権に無知な時代。担当編集者は普通にそれが当たり前だと考えていて、深く考え手配ない時代。ある出版社は、社長さんが直接、お金が入った封筒を持ってとんできて、謝罪してくれた。 でも僕はそのお金を受け取らなかった

2019-08-17 13:09:26
mamayamn @myan62

@NaoyukiKatoh @ShinyaMatsuura ヤフオクに出した人間(誰から仕入れたかも含めて)徹底的に洗いべき。許されないです。

2019-08-17 13:10:08
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

お金の問題ではない。絵に対する考え方を、業界に、根本から、考え直してもらうことを、しなければならない。 そこで僕は、あらゆるツテを頼って、同じ仕事をしている同業者に連絡しまくった。そして、ある出版社の計らいで、イラストレーターたちに来てもらってパーティーを開いた。

2019-08-17 13:12:57
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

そのとき参加してくれた人の中に、柳柊二さんがいた。いろいろなイラストレーターとの交流が始まった。そして、時代とともに亡くなるひとも。そうした方たちが保管している原画は今後どうなるのか? そもそもその前に市場に出回ってしまった原画はどうなるのか?

2019-08-17 13:14:53
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

僕はまだ生きているので、そして、ツイッターなどの場で色々意見を言う機会があるが、もう亡くなってしまった人たちの考えや意志は、どう伝えていけばいいのか?

2019-08-17 13:16:19
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

僕は、きほん、自分の原画を売ることはしない。中には作者さんがとても僕の絵を気に入ってくれて、差し上げたり、売ったりしたことはあるが、その数は数えるほどしかない。 つまり、僕が直接知っている人が僕の原画を売り出すのでなければ、もし売られていたとしたら、それは不当なルートから流失した

2019-08-17 13:18:28
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

そう言える。もし僕の絵をお持ちでその所有権が心配なら、僕に直接、いつでも連絡ができる。 しかしすでにお亡くなりになったイラストレーター(やそのご遺族に)問い合わせできないことのほうが多いだろう。 またいちど市場に出てしまった原画を描いた本人がどうこう言える社会に未だなっていない。

2019-08-17 13:21:14
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

僕がイラストを仕事にして何十年か経つ間にこうした時代の変化があった。 スキャンも、ドラムからフラットベッドに替わり、絵の複写もシンプルになったが、 僕はスキャナーでの複写に満足が行かず、自分のデジタルカメラを使って複写するようになった。

2019-08-17 13:24:23
偵察型 @RegultScout

@NaoyukiKatoh スタジオぬえ関連でいえば、高荷画伯が描かれたマクロスのパッケージアートはかなりの枚数がヤフオク等で捌かれて散逸しています(そのうちの1枚、アーマードバルキリー絵は天神先生が保護されたように記憶しています)。 他にも河森監督の描かれた愛おぼ版VF-1の機首詳細図の原図もヤフオクで散逸。

2019-08-17 13:27:05
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

さらに、僕自身も、最初からデジタルで絵を描くようになった。今では、アナログで描く絵は大きなキャンバスくらいだから、今回のような問題は、長らく忘れていたのだが、ネットで、絵を簡単に販売できるようになって、 もう一度改めて深く考え直す 時 が来たのだと思う。

2019-08-17 13:27:10
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

@eboshi_kuro だれでも「最初」があります。それをやめさせようとしなかった人たちがいたために。

2019-08-17 13:30:30
宮川海流 @Q0vClE9db3MO80Q

@NaoyukiKatoh この話で思うのですがあのシド ミードさんの絵イラスト原稿の管理の仕方はは凄いと思いました。

2019-08-17 16:59:18
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

あ、間違い。生賴さんではなく、高荷義之さんの絵だった。

2019-08-17 17:05:55
宮川海流 @Q0vClE9db3MO80Q

@NaoyukiKatoh 私はアナログ製版の時代にオペレーターの方が製版カメラとリスフィルムと、フィルターを使い撮影台の上にイラスト原稿を挟んで撮影してたのを覚えてますが、 以前スキャナー撮り込みの話聞いた時余計に手間がかかるのではと思ってました。

2019-08-17 17:20:04
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh

つまり 印刷することを前提に描かれた原画がネットで売られていたらそれはその絵を描いたイラストレーターや遺族にとって「とても不本意である」ということだ。 かりに、正式にイラストレーターから譲られた原画であったとしてもそれを本人の知らないところで売買されることは許しがたい行為なのだ

2019-08-17 18:19:47
残りを読む(39)

コメント

yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2019年8月18日
普通にドロドロにして破棄しないならスカベンジャーが回収しておしまい。それは廃棄するものを適切に管理しないことの問題でしかない。玄関を開けて寝ていたら泥棒が入ったようなこと。一度他人の手に渡った鍵が複製されないと誰が断言するだろう(´・ω・`)貸して汚損した場合は補償させる契約を結べばいいだけの話だし。汚損の基準と補償額は提示された別文書で基準をいっぱい書いておけばいいだけの話。要するに契約が雑なだけ。
1