10周年のSPコンテンツ!
3
リンク ごみくずメンタルヘルプ ごみくずメンタルヘルプ 精神疾患をもつクリスチャンの日記です
人間未遂 @imaginary_log
小学一年 意外と大人っぽかった。勉強ができた。友達の作り方がわからなかったのでよく「友達になろうよ!」って言ってた。打率2割だったと思う。
人間未遂 @imaginary_log
小学二年 家が貧乏なのでいじめられた。先生に相談したら「家が貧乏だからって理由だけじゃないと思う」と言われて泣きながら家に帰った。
人間未遂 @imaginary_log
小学四年 叔父にレイプされたので貞操観念が狂った。 家が貧乏なので援交して稼ぐことにした。 パケ放題のパコ放題だった。
人間未遂 @imaginary_log
小学五年 勉強についていけなくなった。 代わりに月の収入が約30万を超えた。
人間未遂 @imaginary_log
小学六年 いじめでクラス替えが起きた。 学年集会で「るるさんは精神病です」と言われた。 みんなが優しくなった。
人間未遂 @imaginary_log
中学二年 父親が飛び降り自殺した。 母親と二人暮しになった。
人間未遂 @imaginary_log
中学三年 母親が病死した。叔父が私を迎えにきたのでこっぴどく断り、満を持して天涯孤独になった。
人間未遂 @imaginary_log
高校一年(15歳) 2つ目の里親宅にいた。 高校は1週間でいじめと暴力、レイプ未遂に合って辞めた。 躁状態だったのでバイト先の副店長とセフレになりストーカーと化したため、里親宅を追い出され施設に行く。 施設で多々理不尽な目にあった上追い出される。 現在の施設に移送される。
人間未遂 @imaginary_log
16歳 施設の協力のもと、一人暮らしを始める。 メイドと地下ドルをやっていた。 摂食障害になる。
人間未遂 @imaginary_log
17歳 女の子とばかり付き合うようになる。 女の子と同居していた。
人間未遂 @imaginary_log
18歳 某コンビニオーナーと同棲する。 初めはヒモをやっていたが、お金欲しさに働くようになる。 ブラック企業だった。
人間未遂 @imaginary_log
19歳 まだ某コンビニオーナーと同棲している。 合ドラがキマりすぎて、オーナーにだる絡みしてブチキレられ、全裸土下座キメた(らしい、覚えてない)のがいい思い出。 ハタチになる直前に一人暮らしに戻る。
人間未遂 @imaginary_log
20歳 入退院を繰り返す。 双極性障害と診断される。 ツイキャスを始める。 家族が出来る。
人間未遂 @imaginary_log
21歳←NEW!! 統合失調症と診断される。 婚約者ができて同棲する。 駆け落ちをする。 婚約者が失踪する。 飛び降り自殺失敗して入院する。 婚約者の遺体が発見される。自殺を図った模様。
姉の人生
人間未遂 @imaginary_log
私の人生はお涙頂戴の臭いドラマみたいなものだったから、私の周りの人間も登場人物として相応しい人生を送っていたと思う。例えば姉。 私と私の姉は腹違いの姉妹で、姉はお父さんの連れ子だった。 元々姉はお父さんの元嫁に引き取られてたんだけど、元嫁が姉に虐待をしている事が明らかになり、
人間未遂 @imaginary_log
姉は3歳くらいのころ、児童相談所に引き取られ、児童養護施設で育った。 一方、お父さんは私のお母さんと再婚して、姉が10歳の時、私が生まれる。 お父さんは姉を引き取りたいとずっと願っていたけど、児童相談所は我が家の収入のことを気にして決して姉を引き取らせなかった。
人間未遂 @imaginary_log
私が3歳くらいのころ、転機が訪れた。両親が小料理屋を営みはじめ、それなりの収入が確保出来たため、姉を引き取れるかもしれなかった その頃両親は忙しかったため私を知人の女性宅に預け、仕事に出かけていた。姉は中学生で進路指導が始まっていた時期。 姉は高校進学をしたくないと言っていたから
人間未遂 @imaginary_log
店の手伝いや私の世話の手伝いをしてもらおうと決めていた。 私が5歳、姉はいよいよ中学卒業間近となったころ、その計画は一瞬にして崩れた。 私が預けられていた知人宅で虐待を受けていたことが母にバレたからだ。 母は元々自分自身が虐待を受けており、そのため精神疾患を抱えていた。
人間未遂 @imaginary_log
私の体についたアザが母のトラウマをえぐった。自殺未遂を図り入院になった母、閉めざるを得なくなった店、行き場をなくし、高校にすら入学出来なかった姉、情けないと自責し酒に逃げた父。私が状況を理解出来ていればこんなことにはならなかったと、物心ついてからよく母に行って聞かせられた私。
人間未遂 @imaginary_log
姉は中学を卒業したあと、里親に引き取られ、働きながら自立を目指し、18でその家を出た。 私が物心ついてから姉に会ったのはその6年後、父が死んだ時である。 父が死んだ理由は自殺。私はその時現場にいたし、止めようと思えば止められた。姉にいくらぶたれても文句は言えないと思った。
残りを読む(165)

コメント

熾 (ツイッター休止、マストドンにいます) @JapaneseDrugLab 2019年10月3日
21歳だったんですね。もっと若いと思っていたので、「24歳まで死にません」というブログを見ても、余裕があると思っていました。