2019年8月21日

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」】

横山光輝「三国志」を一話ずつ解説してみようというコーナー。第236話「四十万曹軍」の巻。 ※解説はbotさんの個人的見解です。 ※今回の話は、大判・横山光輝「三国志」第13巻に収録されています。
0
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」01】 第236話です。 漢中占領中の曹操ですが、合肥にいる張遼から使者がやってきました。今でこそLINEやメールで送れればいいですが、この時代は連絡手段は使者による手紙のやり取りが主流です。移動距離を考えると連絡一つとるのもえらい時間がかかります。

2019-08-21 12:39:21
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」02】 合肥の張遼には曹操から戦のアドバイスを送っていますが、その結果が気になるところ。すぐに使者を通すようにと曹操。張遼からの手紙を受け取り一読します。そばにい返る曹仁が張遼からなにを言ってきたかと尋ねます。

2019-08-21 12:41:22
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」03】 張遼の報告は呉の動きについてです。前回の大敗に懲りず、前にも増して軍備を整え、再び合肥城攻めを企てているようです。張遼は一度は奇襲で撃退しましたが、同じ手は二度と通用しないと曹操は考えます。

2019-08-21 12:42:43
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」04】 合肥城は魏の国境を守る重要拠点。ここが呉の手に落ちると、戦略上まずいことになります。蜀と呉の二正面と対峙している曹操は、蜀を攻めるにも時間がかかる、まだ軍備が整えぬうちに呉を滅ぼそうと考えます。

2019-08-21 12:45:25
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」05】 赤壁の戦いの恨みを晴らそうと、曹操は四十万の大軍を、陸路と軍船でもって呉に向かわせます。 一方、濡須城にいた孫権。曹軍四十万が来るという報告を聞き、呉国存亡の時がきたと言います。

2019-08-21 12:47:25
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」06】 呉の重臣、張昭は、曹軍も遠路はるばる攻め寄せてくるから、兵も疲れていることだろうと。まずは出鼻をくじいてはどうか、と進言します。 よし、と孫権。当面の対応策を指示します。

2019-08-21 12:49:55
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」07】 徐盛と董襲には大船50艘を率いて濡須口を守るように言い、陳武には長江沿岸を巡回し、物見をするように命じます。そして、曹操の出鼻を挫く役目を誰にするか、と志願者を募ります。

2019-08-21 12:51:54
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」08】 真っ先に名乗りを上げたのは凌統です。前回負った傷はすっかり治っているようです。孫権にどれくら兵がいるかと聞かれ、出鼻をたたくくらい三千あれば充分と言います。そこに、割って入ったのは甘寧です。自分は百騎もあれば充分と言い出します。

2019-08-21 12:53:26
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」09】 これは聞き捨てならないと凌統。先の皖城一番乗りを鼻にかけての暴言か、と甘寧に詰め寄ります。甘寧も、自分には考えあってのこと、と譲りません。このままでは仲間内で大喧嘩に発展しそうになりますが、ここで孫権が待ったをかけます。

2019-08-21 12:55:01
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」10】 味方同士で争ってどうする、と言う孫権。だんまりを決め込む凌統と甘寧。孫権はまず先に名乗りをあげた凌統が曹軍に挑めと。甘寧はその次だ、と決裁します。二人は素直に従い、凌統は三千の兵を引き連れ濡須城を出ます。

2019-08-21 12:57:22
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」11】 その後から孫権も諸大将を引き連れ堂々と出陣し、陣を張って曹軍を待ち構えます。 間もなく張遼率いる曹軍の先鋒隊が現れます。その中に凌統軍は突っ込んでいきますが、さすがに張遼率いる先鋒隊は強かった。凌統軍の旗色がだんだん悪くなってきます。

2019-08-21 12:59:37
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」12】 凌統の形勢が不利と見た孫権は、呂蒙に凌統軍救出を命じます。呂蒙は一軍を率いて駆け出し大乱戦の末、凌統軍を救い出します。救い出すまで3コマと鮮やかな呂蒙の戦いぶりです。

2019-08-21 13:01:30
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座236「四十万曹軍」13】 初戦は思惑通りの展開にならなかった呉軍。凌統がだめなら次は甘寧の番です。甘寧の活躍を引き立てる舞台は整いましたが…。この続きはまた次回となります。 今回はここまで。

2019-08-21 13:03:08

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?