10周年のSPコンテンツ!

カップヌードルのふたどめシールから考えたこと

紙カップになって昔ほど開けにくくなくなったカップヌードル。もともとふたどめとしてはいまいち中途半端な性能だったあのシールの話からとりとめのない懐古話に。そして過去のカップヌードルの魂をブタメンが引き継いでいるという結論に
シール カップヌードル 食文化史 発泡スチロール ラーメン史 フォーク カップ麺 ブタメン
20
後藤寿庵 @juangotoh
カップヌードルシリーズには「ふたどめシール」なるものがカップの底についているのだけど、あれはラップの開封を兼ねたものなんだよね。しかしいまのカップヌードルはあれを引っ張らなくても爪を突っ込めばラップが破れる。
後藤寿庵 @juangotoh
思い出してみると、あのシールが付いたころは発泡スチロール容器で底が浅く、空間がが少なかったのでたしかにシールがいいアイデアだった。しかしあのシール。もともと合った覚えはない。
musasabi✲゚。.(╹◡╹)ノ☆ @zinc_shiro
@juangotoh できたときは結構コロチャーまではいかないまでも宣伝してた気がしますたぶん10年くらい前だったか。
後藤寿庵 @juangotoh
グリコ・森永事件後、開封して毒を入れた後戻せないようにと、食品業界がやたらシュリンクラップや開けると文字が浮き出る「開封済みシール」を採用した時機があった。カップヌードルのふたどめシールもあの時ころじゃなかったかなあ。
たらこみ @i_tarako
@juangotoh あのシール昔バーコードでしたね
後藤寿庵 @juangotoh
ヘコミの少ない発泡スチロールのカップ麺でシュリンクラップを使われると、爪楊枝かなんかで開けないとほんと開かないんだよね。ラップの一部に切れ込みを入れてそこにシールを貼るというのはまさにグッドアイデア
後藤寿庵 @juangotoh
反面、シールの方に案外ラップがくっついてきて、それをふたどめに使っても途中で開いてしまうことがあったり。
後藤寿庵 @juangotoh
で、まあ、発泡スチロールのゴミが自然に分解されないとか、熱湯で溶け出した成分が環境ホルモン的に働く危険性があるとか言われて紙カップになったら、底に結構へこみができて、開封シールとしては意味が無くなってしまった。
後藤寿庵 @juangotoh
もともとふたどめシールとしては微妙な性能で、開封シールとしては意味を失って、あのシールの立ち位置が微妙になってしまったなあと、思うのです。
後藤寿庵 @juangotoh
あれ?て思ったのが、カップヌードルスケルトン。あれは蓋をしないで調理するんだよね。蓋必須じゃねーの?となるとますますふたどめシールの立場が…
後藤寿庵 @juangotoh
ふたどめシールがグリコ・森永事件の頃に出来たかどうか、ちょっとググッても判明しなかったのでこれは保留。あれ以来シュリンクラップがついたとするとその前はラップ無しだったのかとか、ちょと記憶が定かでないし。
musasabi✲゚。.(╹◡╹)ノ☆ @zinc_shiro
@juangotoh 90年代まではUの字型の切れ込みが容器側面のフィルムについててそこを指で滑らせて空ける感じなってた記憶があります。紙シールも結構最近(10年前後)だと思います。その後現在のプラシールへ。
musasabi✲゚。.(╹◡╹)ノ☆ @zinc_shiro
@juangotoh もう少し思い出してみたら多分側面じゃなくて底面でしたね、切れ込み。よく考えたら側面だったら手に持っただけで破れてしまう恐れがあるし…。
後藤寿庵 @juangotoh
@zinc_shiro あー、なんかそんなだった気がします。
後藤寿庵 @juangotoh
発泡スチロール容器は安価で断熱性能がいいので、70年代~80年代に多用されました。いまのカップヌードルは紙カップだけど、昔は紙で素直にカップを作ると熱くて持てないものになったはず。
後藤寿庵 @juangotoh
カップスターは紙カップだけどダンボールと同じ原理で細かい波型に整形し、間に空気を入れる方式。カップスターが昔のデザインを復刻したときにつるっとした紙に波パターンを印刷で表現したのに怒ったファンは多いはずw
日高トモキチ@8/30年刊日本SF傑作選 @mokizo
ノシ RT @juangotoh: カップスターは紙カップだけどダンボールと同じ原理で細かい波型に整形し、間に空気を入れる方式。カップスターが昔のデザインを復刻したときにつるっとした紙に波パターンを印刷で表現したのに怒ったファンは多いはずw
後藤寿庵 @juangotoh
高断熱の紙が開発されたのでカップ麺の紙パッケージ化が可能になった。
後藤寿庵 @juangotoh
発泡スチロールが悪役になる画期としてはやはり環境ホルモン騒ぎだろうか。マクドナルドではハンバーガー、チーズバーガー、フィレオフォッシュあたりはぺらぺらの紙でくるんで、それより高いものは発泡スチロール容器だったが、あきらかに組み立てのコストがかかる紙箱に変わっていった。
後藤寿庵 @juangotoh
そういえばカップヌードルは当初自販機での販売に力を入れていて、自販機下部のポケットをあけるとフォークが入っていたり、のちには自動でお湯を入れる自販機まであったのだけど、いつのまにか廃れてしまった。あれはコンビニの普及と関係してるのかなあ。
musasabi✲゚。.(╹◡╹)ノ☆ @zinc_shiro
@juangotoh でしょうねえ、今はビジネスホテルとか高速道路のSA位でしか見ないですね。ただ、一応新しくはなってるっぽいので自販機自体は生産されてるっぽいですが。
後藤寿庵 @juangotoh
専用フォークの端の部分がちょっと太くなっているのは、あそこをさして蓋を止めるためだったとか。そんな使い方したことなかったけど。
後藤寿庵 @juangotoh
そもそもカップ型の容器といい、専用のプラフォークといい、なんかラーメンとは違う洋風の食べ物を指向してたのかなー。たしかに初期にはカップヌードルはフォークで食べるものという気持があった。なぜか今はブタメンがそれを継承してるけどw
房乃介 @fusanosuke
@juangotoh 僕はあれは「ヌードル」だと思っていたのですけど公式を見るとラーメンと書いてありますね http://www.cupnoodle.jp/product/cupnoodle/index.html
musasabi✲゚。.(╹◡╹)ノ☆ @zinc_shiro
@juangotoh 安藤百福さんの読み物によるとそもそもあれはチキンラーメンの海外進出を目指して作られたものだからみたいですね>洋風イメージ
残りを読む(3)

コメント

カズマ[OTAFK-FORCE] @OtafkForce 2011年5月24日
子供の頃、カップヌードルの自販機は何故か憧れだったなあ、というか「食べ物」の出てくる自販機に燃えていたのかもしれないけれど。
SOLA @w_r_sola 2019年1月20日
フタ止めシールはマルちゃん発だったような気が。