10周年のSPコンテンツ!
28
山口弁たん @Yamaguchi_tan
皆さんが中国地方の方言と聞いて真っ先に思い浮かべるのは広島弁でしょう。 はだしのゲンなどで有名ですし可愛い方言としても有名ですね。

山口弁&広島弁とはなんぞや

山口弁たん @Yamaguchi_tan
この広島弁が分類的にどうなるかというと(上位分類省略)西日本方言>中国方言>西中国方言>安芸弁(これが一般人の思う広島弁) になります。 山口弁も(上位分類省略)西日本方言>中国方言>西中国方言>山口弁 となります。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
同じ都道府県でも方言が全く違う都道府県もありますが西中国方言(安芸弁、山口弁、石見弁(島根西部で使用))は割とよく似ており語彙も中国方言でかなり共有されています。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
違いって言うたのに同じとか似ているとか解説する気あんのかお前と思う方もいるのでそろそろお話していきましょう。

語彙のお話

山口弁たん @Yamaguchi_tan
とりあえず簡単にいうと「山口弁は中国方言と北九州弁のハイブリッド」という感じがかなり強いです。 これは西部に行くほど強くなり下関あたりになるとかなり広島弁との違いを感じるでしょう。

よろしくのんた

山口弁たん @Yamaguchi_tan
山口弁における九州要素についてはなすと「のんた」ですね。 「のんた」は今では死後になっており今では山口県民も寿司屋の名前でしか聞きません。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
しかし、昔は山口弁の代表とも言える語彙でした。 この「のんた」は例えば「あつぅなったのんた」(暑くなったなったなぁ、あなた)というふいに使います
山口弁たん @Yamaguchi_tan
ではこの、「のんた」はどこから来ているかと言うと「のぉ、あんた」から来ており「のぉ、あんた」は九州でも使用例があります

ちゃっちゃ弁in山口

山口弁たん @Yamaguchi_tan
他にも山口弁は「〜ちゃ」を語尾として使いますが広島弁では(一部を除いて)見られません。 「〜ちゃ」ですがこれも北九州弁でよく使われます。 北九州弁とはなんぞやと思われた方は togetter.com/li/1344241 を読んでみることをオススメします
山口弁たん @Yamaguchi_tan
広島弁や山口県東部では「〜じゃけぇ」と言われる接続詞がよく使われます。 しかし、山口県西部ではこれが「〜やけぇ」になります。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
ちなみに下関周辺では北九州弁寄りの傾向がつよく福岡の方言として有名「さんのーがーはい」が聞けます。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
ここまで語彙的な違いを見てきましたがここから音声的な違いを見ていきましょう

音声のお話

山口弁たん @Yamaguchi_tan
山口弁、広島弁共にアクセントは同じ中輪東京式アクセントです。 そのため、どちらも単語のアクセントは標準語に近いです。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
しかし、広島弁では一文節内で高く発音される音節が一つだけになる傾向があります。
山口弁たん @Yamaguchi_tan
次に連母音の結合ですが広島弁、山口弁共通の特徴として「アイ」が結合して「アー」になります。(例:赤い→アカー)
山口弁たん @Yamaguchi_tan
さらに山口弁では エイ→エー(多くの方言で共通) オイ→エー ウイ→イー の結合も見られます

これ使うの若者には少ないような、、、

山口弁たん @Yamaguchi_tan
山口弁は拗音化が著しく、山口弁の大きな特徴になっています 格助詞「は」「を」は、直前語の語尾がイ段・エ段のときに、母音が融合して拗音となる。 [用例] サキャー(酒は)、サキョー(酒を)、ミチャー(道は)、ミチュー・ミチョー(道を)。

アクセントのお話

山口弁たん @Yamaguchi_tan
山口弁、広島弁共に中輪東京式アクセントですが 山口弁では普通名詞では、第一音にアクセントを置いて発音する例が多く見られます
残りを読む(5)

コメント

まえもと @maemoto_moriya 2019年8月27日
ネイティブ広島県人(西)だけど、岩国までは言葉が同じ感じするけどそれより西の山口の人はかなり違う言葉を喋ってる感がある。
まえもと @maemoto_moriya 2019年8月27日
あと、島しょ部(例:ポルノグラフティの二人)の言葉も意外とイントネーション違うときあるよね(あれは水軍の名残という説を聞いたことがあるけど)
Donsuke @DonsukeTonnzura 2019年8月27日
尾道辺りから芸予諸島を経て今治までのしまなみ海道周辺でひとつの方言地域が成立してる感じがする。
ま   す @ryuta100kg 2019年8月27日
山口弁たんって別にわけわからんアカウントではないと思うが・・・
くじら @whaletail98 2019年8月27日
山口西部出身で広島の呉に移り住んだ民だけど 山口は西部、北部、中東部、東部でちょっと違う。 広島は市内と呉でもちょっと違う。 ほんのり愛媛っぽさも感じる。
Yoi @Yoi 2019年8月27日
下関出身ですが、「ちゃ」は多用します。 ちなみに東京に出てきて一番戸惑った方言は、片づけることを「なおす」と言わないことでした。 あと、下関弁で一番大好きなのは「かべちょろ」ですw
Hornet @one_hornet 2019年8月27日
周防と長門で違うのかな。岩国や周南、防府あたりまでは多分広島に近いよね
Hornet @one_hornet 2019年8月27日
というか山口弁を代表するといえば「のんた」より「ちょる」じゃないの?山口県PR本部長だって「ちょるる」だよ。
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2019年8月27日
広島も山口も暮らしてた身から言うと、山口の中でも防府とかはまた違ったりするらしいし…文末に「~ほぉー」とか。 あと文化的にはどうしても小郡か徳山あたりを境に東は広島、西は北九州の影響が…
さしみ @05A5H1M1 2019年8月27日
hiro_orso_viola 「~ほ」の使うタイミングはまじでわからん・・・
ジョージ2世 @GEORGE221 2019年8月27日
「広島弁 可愛い方言としても有名ですね。」 えっ???
KiM! @ktwit142 2019年8月27日
one_hornet この山口県中東部(周防あたり?)の「ちょる」が急に呉の東部から北に抜けたり、東に向けて沿岸部で少しだけ見られるのって、神明さん(とんど)とのつながりなのかなぁ…と思うところ。
@ @KareidoMegane 2019年8月27日
山口県を“代表”する方言? ほんなん、「おいでませ」に決まっちょーわーや。
DJフラ @DJFlachland 2019年8月28日
「広島弁」と一括りにされがちですが、芸州弁と備後弁は結構違いますよね。こっちだと「ぶち」とか滅多に聞かない(三原在住)。
らぷこ(!) @rapter999 2019年8月28日
長州・周防、安芸・備後と同じ県内でも緩やかに変化していってますよね。備後出身なので安芸の「すいばり(小さな棘)」が何か分からなかった思い出が。
毛利⋈ @mourisuiko 2019年8月28日
芸予諸島、島によっては語尾や発音が変わるし、村上三家の勢力分布の違いでか大三島あたりでガラリと変わるの面白いもんがある。
和菓子 @nkltsl2 2019年8月29日
北九州市の東部、門司あたりは山口弁が混ざってる言われてるけど、逆に見ると下関には北九州弁が混ざってる訳か。 当たり前っちゃ当たり前やけど、見る視点で変わってくるの面白い。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする