神仏もまた、ヒトの創造物

自分の内側にある「生命」という、美しい聖なる存在を 知りたい、というヒトの願いが生み出した世界。
役割 宇宙 神仏 生命
1
宙-sora-ジオ @sora_dio
神仏は信じるものではなく、生きるもの。 全ての中に「生命」という神仏がいる。 自分の内側にある、「生命」という聖なるものを知りたいというヒトの願いが生み出した世界が神仏の世界であり、宗教の世界。 自分の生命と、生命の役割を思い出すために、それはある。
宙-sora-ジオ @sora_dio
私たちが、神や仏を思う時、神や仏に手を合わせる時、自分の内側にある生命と向き合っている。 そして、その生命は宇宙に存在する無数の生命とつながっている。
宙-sora-ジオ @sora_dio
神や仏に祈るのは「自分の生命の役割を思い出す」ため、「自分の生命の役割を果たす」ため。 自分の生命の役割、という原点に戻るため。
宙-sora-ジオ @sora_dio
ゆえに、自分の生命、そして、その本来の営みに害を与える方向へ向かう願いは清められ、本来の方向へ導かれる。それは、社にいる神でも仏像になっている仏がすることではなく。
宙-sora-ジオ @sora_dio
無数の生命とつながっている、自分の生命と、 それに共鳴する現在・過去・未来を貫く、宇宙全てに遍在する無数の生命が行うダイナミックな生命の営み
宙-sora-ジオ @sora_dio
神仏に手を合わせるなら、「自分の生命の役割」を思い出せるよう、果たせるよう、願う。宇宙と地球が生み出した、自分の役割に関するモノなら、 すぐに答えはやってくる。
宙-sora-ジオ @sora_dio
そして、その答えを得るとき、自分が生きる世界を一つ、進化させることになる。 なぜなら、その答えはより愛と調和に満ちた世界から、喜びを伴って現れる「進化」のための、気づきだから。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする