10周年のSPコンテンツ!

増川宏一氏の日本将棋「中国南岸の貿易港経由」伝来説を裏付ける史料ついに発見!?東南アジアから海のシルクロードで伝わった?

漢から唐の間に、古代インドのチェス「チャトランガ」が中国南岸の国際貿易港に伝わった。日本に伝来した将棋は「東南アジア型」のチェスにあたる。「東南アジア型」のチェスは「象=指揮官が乗ってる駒」だとされたが、国際貿易港があった中国南方ではエレファント(象)もジェネラル(将)も、同じく「ツィアン」と発音されてたことが分かった!中国でよく使われる「象棋」、日本の「将棋」は、中国南岸の国際貿易港で「ツィアンギ」(象棋=将棋)と名付けられたものだった。「ツィアンギ」は平安時代以前の日本に伝来して、現在の将棋になっていく。一方、中国では唐の次の北宋時代に「ルールの大改革」が起こり、シャンチー(象棋)という新しい象棋が生まれた。朝鮮半島、現代ベトナム、琉球王国もシャンチー系統の象棋を使っていた。そして中国王朝の外の日本とタイには、古いタイプの将棋(チェス)がそのまま残ることになった。
シルクロード 歴史 ボードゲーム 将棋 東南アジア タイ 日本史 チェス 中国史 世界史
57

まとめのまとめ

平凡社新書『将棋の歴史』の作者増川宏一さんは、
日本の将棋の伝来ルートは、
「南海シルクロードから中国沿岸を経由して、海沿いに船員の遊び文化が日本まで伝わった」
と構想してます。

しかし、この魅力的な増川説を裏付ける中国側の史料は、全く欠けてたのですが、「中国沿岸」の部分について、先ほど「裏付けとなる史料」!?を発見したところです。

巫俊(ふしゅん) @fushunia
「将棋」は平安時代以前にインドから中国を経由して伝来したものです。インドからイランを経由してヨーロッパに伝来したのが「チェス」です。中国将棋の「シャンチー」(象棋)は、北宋時代に現在のルールのものが広まったもので、インドから遠い日本に、唐以前の将棋(=象棋)が保存されてるようです

増川先生は、中国沿岸部を経由したと主張してるのに、「中国から来たのではない」と主張されてるから、不思議です…(^^;
「現代中国のシャンチーというゲームとは関係が無いよ」という意味だと思いますが、中国史を専攻した私からすると、中国大陸の南岸も「中国」であって、中国の史料を探すべきだと思っていました。

巫俊(ふしゅん) @fushunia
中国南方でエレファント(象)を意味するツィアンtshiang ジェネラル(将軍)を意味するツィアンtsiang 発音がほぼ同じ ↓ 後漢時代以前に、大月氏(クシャン朝)が発明したェス(チャトランガ)は、後世の中国で「象棋」、日本で「将棋」と表記されてるが、元は同じ発音だったと判明
巫俊(ふしゅん) @fushunia
そうすると、後漢時代以降の中国で生まれた「ツィアンギ」(象棋=将棋)も、インドのチェスの「チャトランガ」の亜種ゲームにあたり、漢字言葉としての体裁や意味を保ちつつ「ツィアンギ」の発音をインドから伝来した「チャトランガ」(の短縮形?)に似せてる可能性が高いです

↑今回の発見 解説と議論は記事後半へどうぞ

将棋=チェスの起源は「大月氏」の時代にさかのぼる?

有名な「大月氏」(遊牧国家)の後を継いだクシャン朝時代のインドで、最初のチェスが生まれたらしい。1世紀から3世紀まで続いたクシャン朝も「大月氏」と呼ばれ、後漢に使者を送っていた。

巫俊(ふしゅん) @fushunia
「チェスの歴史家ゲルハルトジョステンとイサックリンダーは、チャトゥランガの起源は現在のアフガニスタンのクシャン帝国にまで遡ることができると主張しています」 チェス(インド名:チャトゥランガ)の歴史と起源の論文みたいです!論文は英語です。 cloondara.org/wp-content/upl…
巫俊(ふしゅん) @fushunia
増川氏の平凡社新書『将棋の歴史』(2013年)では、5世紀にインドのマウカリ王朝でチャトランガが成立したと考えるのが、諸研究を見て妥当とか書かれてましたが、もう少し遡るのかもしれないですね。
巫俊(ふしゅん) @fushunia
大月氏の後継国家のクシャ―ン朝で既にチェス(チャトランガ)が遊ばれてたとすると、中国への伝来時期(象棋、将棋)が気になりますね
巫俊(ふしゅん) @fushunia
言語が違うので、読みにくいですが、異国の研究に触れると、とても斬新な気持ちになりますね。あちらでは、将棋はチェスの一種としてユーラシアスケールで研究されてるようです。
巫俊(ふしゅん) @fushunia
今朝のツイートの続きですが、たしか後漢に仏教が伝来したとき、その僧侶は「大月氏人」(クシャン朝に帰属する人間)だったはずで、平安時代の日本でも最初に将棋を指したのは仏教の僧侶だったから、そういう交流でインドのチャトランガ(チェス)が入って来て、しだいに象棋(将棋)として定着した?

陸より海の方が速い?

巫俊(ふしゅん) @fushunia
増川氏の著作を読み直して、なるほど…と思ったのですが、ラクダに荷を積んで商品を運ぶ砂漠のシルクロードでは、軽そうな茶でさえ粉末に固めて小さくして運んでたとあり、重たいチェス(将棋)盤を運ぶのには全く向いて無かったとあります。
巫俊(ふしゅん) @fushunia
とはいえ、中央アジアではチェスの駒が出土してるので、ヒトの移動とともにチェスを遊ぶ楽しさもシルクロードを移動していたことは確かなのですが、南海経由の海のシルクロードだと、将棋盤程度の重量のものは積んでおいて暇つぶしに遊ぶことができたので、伝播が早いと推測できるのだとか。
巫俊(ふしゅん) @fushunia
それほど古くは無いのでしょうが、荷物を運ぶ箱の上部に、チェス(将棋)の盤を描いたものが見つかってるそうで、こういう工夫で重さの制限を受けずに、船上でチェス(将棋)を楽しんでいたのだとか。そして増川説では、東南アジアから中国沿岸を経由して日本の将棋はインドから伝来したとしてます。

チェスを何て呼ぶ?

巫俊(ふしゅん) @fushunia
@Namfon_in_Thai 将棋はインドから世界中に広まった遊びで、名前も似ていて、 インドでは「チャトランガ」Chaturanga イランでは「チャトラング」Chatrang、 英語では「チェス」Chess、 マレーシアでは「チャトール」、 タイでは「ジャドルング」と呼ばれてたとあります。
雄介(math) @shoukax
増川宏一さんの将棋の歴史本に、タイのマークルックとの類似が指摘されていたような。 シャンチーは、囲碁のように線の交点に駒を置くけど、タイのは、チェスや将棋と同じように枡の中に置くから、南方の影響が大きいとか。 twitter.com/fushunia/statu…

シャンチーは、北宋時代に成立した中国の新しい象棋(将棋)

タイの将棋マークルックは、カンボジアから受け継いだゲームとされ、カンボジアは三国志の「呉」など、中国の南朝(六朝)と貿易をしていた。カンボジア時代の将棋の名前は不明だが、起源はインドのチェス(チャトランガ)。

マークルックは、チェスと同じ8×8マスのゲームで、並びはほぼチェスと同じだが、日本の将棋とチェスの中間的特徴があるとされる。
前から3列目に「歩兵」が構えていることや、敵陣3列目に入ると昇格できること。「歩兵」は「金将」にあたる駒に成るが、タイの「将」の駒は動きが弱い。
そして、後述するように、タイの「象」駒は日本の「銀将」と全く同じ動き方をする。

巫俊(ふしゅん) @fushunia
チェスの起源にあたる、インドの2人制ボードゲーム「チャトランガ」は、「4兵科」(車、馬、象、歩兵)を意味するサンスクリット語ですが、このインドのチェスから派生した4人制ボードゲーム「チャトラジ」は、サンスクリット語で「4人の王」という意味です ↓ 亜種ゲームは「名前をもじり」になる
巫俊(ふしゅん) @fushunia
あー、そうか。チェスの語源にあたるインド語の「チャトランガ」も、当然の如くインドヨーロッパ祖語まで語形を戻すことができるっぽいです。インドヨーロッパ祖語の時代には、まだチェスや将棋の類は存在しない可能性が高いですが。
残りを読む(119)

コメント

巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月1日
まとめを更新しました。
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月1日
日本最古の出土「将棋駒」の論文へのリンクを追加しました。出土した「酔像」の駒について。
coilcoils @coilcoils 2019年9月1日
凄い興味深いな。言語と娯楽の関係にも興味が行くけど、将棋とチェスが文化の影響で別物になった仮説も説得力ある。
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月1日
更に、色々と追記を書き加えました。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年9月1日
囲碁が比較的戦略的(状況作りや陣取りの要素強い)将棋は比較的戦術的と言われるので、囲碁の文化圏と重ねるとなぜ日本の将棋が今のルールになったかのヒントになるかも?
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2019年9月2日
タイのマークルックは日本の将棋と駒の動かし方がかなり似てるんだっけ。持ち駒を自軍として再利用できるルールは日本将棋だけなんだろうか?増川さんの本を昔読んだ時「マークルックは駒の再利用が出来て日本将棋に似てる」と読んだ記憶があったのに今Wikipediaで確認したらそんなルール無かった。
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2019年9月2日
「玉将、金将、銀将は仏舎利を覆う容器の順列を表す」マジかぁー、増川さんの卓上遊戯の本はほぼ全て読んだがその事について記憶が無い。10年以上経つと忘れてるなぁ。
Mongyang @taisyo_2015 2019年9月2日
増川さんの仕事は、今は評価高いですね。生前は論敵が木村名人Jrだったので劣勢だった。今後はこれベースで研究や議論を進めていくことになると思う。加えて、棋士である大内延介の「将棋の来た道」。南方ルートのフィールドワークといった感じ。文庫本やNHKドキュメンタリーで見られます。南方ルートは仏像系もあるのではないかしら?と眺めると面白いですよ
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月2日
確認したところ、インドでは象に乗った王の駒も出土してると、増川先生の本にありました。象=将であることから、ゾウが生息する中国南方地域の貿易港で「象棋」「将棋」の言葉が生まれたのですが、そこから日本に将棋が伝わるときには「ゾウ」の要素が弱まり、「将」が強化されて金将、銀将のコンビが生まれたと考えられます。
バジル @dNPQyjwy2HfUdMX 2019年9月2日
伝わった地でそのまま残ったり別ゲームになるほど魔改造されたり、歴史はおもしろいな
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年9月2日
おそらくは、チャトランガに近いものが最初に日本に来て、8×8マスとコマの並べ方、勝敗のルールだけが伝わった。(平安将棋の骨格)。ただ、日本には象がいないし、船での戦いは白村江の戦い以降官軍ではタブーなので、そのままでは普及しなかった。その後、条坊制を採用した中国将棋が後から伝わって、マスが9×9になり、コマの文字面は中国将棋の駒に倣って将・車・馬・兵の4種に集約されたが、コマの動きは旧来から大きく変化しなかった。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年9月2日
その後、中国由来の将・車・馬・兵の名称に、天竺由来の宝物である玉・金・銀・桂・香(桂も香も香木の一種)をプラスして駒が成立した。現在の日本将棋の金に相当する動きをするコマが世界の将棋系ゲームに見当たらないのは、おそらくは、金の字の3~5画を引用する形で駒の利きを後付けしたからではないか?
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年9月2日
そもそも将棋の基となった漢字の象棋の「象」は動物の象を指すのではなく、「現物をもとに抽象化してかたちどる」という意味ではないの?棋には「すごろくなどの駒」を意味するから、象棋とは元々「人や動物を模した駒で遊ぶもの一般」を指すはずで、将と象の同音云々はおそらくあまり意味のない議論だと思う。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年9月2日
昔から「世界文化の吹き溜まり」たる日本では、とにかくいち早く音だけが入ってくるが、それに呼応した文字と現物が大きな時間差を経ないと流入してこない。結果として日本の将棋も、先に伝わったチャトランガという元々の「4兵種」の意味を知ることなく音だけを採用し、後に中国から伝わったであろう「象棋(将棋)」の漢字をあてがっただけでなく、「象」の意味するところをしらずに「将」に改称し、ルール自体もチャンポンになって今に続いている。ということでしょう。
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月2日
今日も、引き続き、追加のツイートを編集していきます。
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月2日
先述しましたが、紀元前数世紀の中国の詩集『楚辞』に、「象棋」がが出てきまして、「象牙でつくった棋」という意味だとされます。増川氏は、この紀元前の「象棋」は現在のチェス将棋ゲームとは無関係してますね。漢字には、「かたどる」という意味の「象」もありますが、北周の武帝の思想書『象経』については「かたどる」の意味になります。後世、武帝が象棋を発明したと信じられるようになったこともあり、象棋の名称を「かたどる」の方で理解しようとすることもあったようです
Mongyang @taisyo_2015 2019年9月3日
> 中国沿岸部を経由したと主張してるのに、「中国から来たのではない」と主張されてるから、不思議 これは中国伝来のものにすべからく出てくるんだよなあ。同時代的には日本語の「呉音」とか。華北と華南で分ければいいのにと思うが、歴史が国家と結びついてるので相手の立場は尊重せないかん
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2019年9月3日
記事を読んでくださった方の感想によると、現在の広東語でも、「象」と「将」は声調以外同じ発音だとのことです。それと、唐代の幻想小説『玄怪録』には、象棋の「王」の駒にあたる存在として、「金象将軍」という駒が出てくるとのことで、「象棋」や「将棋」の名称とのつながりが気になります。
goushu @goushuouji 2019年9月4日
引用された象の語源に関する私のツイート中 >(具体的にはp104でモン・クメール系のモン祖語からの借用だとする) は私の読み間違いでしたので訂正します https://twitter.com/goushuouji/status/1167226339159465984
goushu @goushuouji 2019年9月4日
p104の記述は上古漢語の母音*aが、同語源の非漢語の言葉で*iに交代している例として 象の上古音(OCM)*s-jaŋʔ (or *ziaŋʔ )注*とモン・クメール系のモン祖語*ciiŋ、セマイ祖語*ciigŋと比較しているだけで、そこからの借用とまでは書いてなかったです
goushu @goushuouji 2019年9月4日
*原文は*s-jaŋの後ろのʔが脱落してたので、辞書部分p534によって修正
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする