異世界でヨーロッパに行くのもきついけど江戸時代はもっときつい

おこもさんも階級化
人別帳 おこもさん 江戸時代 鍼灸師 無宿人 戸籍
6
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
「現代日本人が中世ヨーロッパ風世界に放り出された死ぬ」っていうネタがあったけど、アレ江戸時代でもかなり厳しいというか、江戸時代は人別帳に記載されていないとその時点で無宿人として扱われるのでその時点で詰む。
江戸時代厳しい
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
江戸時代の戸籍はかなりしっかりしているので、改竄するのはかなり厳しい。無宿人だと、長屋も借りれないし、土地を借りて本百姓にもなれない。
クマトミー十三郎 @youou06
@1xuVLqH3kQ 乞食(おこもさん)もほぼ階級化してたみたいなので、適当にブツ漁ってると話し合い(物理)コース直行ですな。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@youou06 江戸時代は結構な信用社会ですから、そこから外れた存在に対する救済措置は「ゼロ」ですので、JINみたいに高度な医療技術持ちの名医が、幕末という混乱期にタイムスリップしたのは結構な幸運な話なんですよね。
クマトミー十三郎 @youou06
@1xuVLqH3kQ JINは設定として、そこそこの旗本の庇護下に入ったってのはアリだなとおもいましたね。(その後独立したとしても) いきなりあんな怪しいのが長家で開業なんかしたら奉行所にご招待されるでしょうし。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@youou06 第一話でいきなり牢屋暮らしですね。
野良猫丸 @wildcat_x
@1xuVLqH3kQ 20世紀の脳外科医なら江戸時代に行っても…は既に書かれてましたか。肉体が健康で内科医の知識がある主人公なら、小銭を少しずつ貯めて漢方医を目指すルートとかいけるかも? と妄想したことはあります。 むしろ、表面的なスキルよりも「勇午」みたいに片端から友達作れる魅力の方が重要かも。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@wildcat_x あるいは鍼灸師ですかね。梅安さんみたいになれるかもしれません。
Osahiro Nishihata @喪中 @_Osahiro
@1xuVLqH3kQ @wildcat_x 現代のお医者さんが江戸時代へ行くと、機材は無い薬は無い、できることは非常に限られている、みたいな話を聞いたことがあります。消毒用のアルコールだけでも精製できれば、江戸時代のお医者さんよりは名医になれるとは思いますが……。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@_Osahiro うっかり手術も出来ないですから、柔道整復師や鍼灸師の方がずっと活躍できると思います。
Osahiro Nishihata @喪中 @_Osahiro
@1xuVLqH3kQ 江戸時代から見ると、病気や不具合の知識がだいぶ書き換えられています。例えば度々流行してたくさんの命を奪ったコレラとかも、正確に診断ができれば水回りを汚染しないよう指示を出したりして、むやみな拡散を防ぐことができます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@_Osahiro コレラが大流行した原因は上下水道がコレラに汚染されていたことですから、それを改善するだけでもかなり変わってきますしね。
Osahiro Nishihata @喪中 @_Osahiro
@1xuVLqH3kQ 持ってるだけじゃ役に立たない知識もありますが、お医者さんの知識はとても有用なものです。病気を早めに見つけると治りやすいのはよく知られていますが、その「早めに見つける」を正確にできるようにしているのが現代の医学の知識ですから、これだけでもかなり強いのです。
kuku@パブリックエネミーらしいw @wannwannkuku
@1xuVLqH3kQ 村八分以上ですからねw 無宿人は、特に女性はつらそうです、、、
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@wannwannkuku 江戸近郊なら、まだ日雇いの仕事があるのでなんとかいけるかもしれませんが、女性だと夜鷹コースになる可能性が非常に高いです。 これが江戸から離れた地方だともう・・・・・
kuku@パブリックエネミーらしいw @wannwannkuku
@1xuVLqH3kQ 年老いて生き残った人が山姥、、、なんて、以外にありそうです😭 戸籍って大事ですね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ
@wannwannkuku 最悪、佐渡金山とかの鉱山送りとか、ヘタすると流罪にされるとか、なかなか厳しいんですよ。
リンク 棘を抜く 創作活動に関するまとめのまとめ - 棘を抜く イラストのコツ、技法や、創作活動で生計を立てるため、商業の経験などをまとめたものの目次です。 創作活動の始め方: 行動力を発揮し、モチベーションを維持する方法 (MOCOPOCO) 作者: ふるかわれもん 発売日: 2018/09/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る とにかく作れ 技法、資料 理論 お金に関する話 作画動画 とにかく作れ togetter.com togetter.com togetter.com 技法、資料 togetter.com togetter.com t

コメント

文里 @wenly_m 2019年9月7日
コレは面白い。もっと議論が深まって欲しいかも。
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2019年9月7日
命の危険は多かれど、ドサクサに紛れやすい戦国時代に送られるのが一番マシなのかなと思えてきた
ニートその3 @apribi 2019年9月7日
なろうでいうと和モノ転移はそもそも少ないけどだいたい戦国とか幕末。幕末でない江戸モノはなかなかみつからないが、”未来知識で、江戸時代の金程村飢饉回避”っていうのがあってこれは近頃レア目な憑依モノ https://ncode.syosetu.com/n1937en/
水月(みづき) @moonofwater 2019年9月7日
まず、町スタートと思い込んでる時点でダメだろう。大体の人間が町にたどり着く前に山道でゲームオーバーだよ。
みゆう @MinamidaYminami 2019年9月7日
そりゃ、現代人がいきなり他の時代・外国・異世界(言語も通じず、お金も仕事も身寄りも戸籍も持っていない状態)に放り出されたら、生きのびるのは相当難しいわな。 (;=Φ人Φ=)
みゆう @MinamidaYminami 2019年9月7日
MinamidaYminami 漫画・アニメ・ラノベの主人公みたいに、神様から便利な能力を授けてもらって、現地で衣食住の面倒みてくれる人物(地方の領主・貴族等それなりの地位と財産があって、未知の技術や機械等を目にしても化け物扱いせず黙って受け入れてくれる)に保護してもらえれば話は別だけど (;=Φ人Φ=)
いつき @ituki_s 2019年9月7日
製薬会社勤務の主人公が江戸時代にタイムスリップして医者の居候になり、脚気の薬(米ぬかから作るビタミンB剤)を作る大江戸神仙伝というSF小説が80年代にでてますね。作者はNHKお江戸でござるの解説も務めた石川英輔。
Daregada @daichi14657 2019年9月7日
「偶然転移先で生き残るのに役立つ能力を持っていたとか、幸運にもスポンサーに保護されたとか、そうして生き残った人の物語だけが綴られて読者の目にとまることになる。これをなろう生存者バイアスと呼び...」
某製薬会社営業 @hameln 2019年9月7日
転移先が薩摩藩の場合、当時の薩摩の言葉が理解できない → 最初に出会った人に怪しい奴認定される → チェストされて終了、だったりするんですかね。
けもさわこういち(冬毛アルヘスさんの姿) @zsiCmwdl_ 2019年9月7日
転移者で普通の場所に出られると思う事が間違いなんだよね、いしのなかにいる、とか、海の中に転移とか、高度6000mに転移するのもあり得る訳で転移した瞬間に死亡という物凄く笑えない結末も有る訳だ
Yo-太 @Yota586 2019年9月7日
平行世界の現代日本でもそこそこキツそう 戸籍もねぇ!保険もねぇ!保証人とはなにもんだ!?ってなりそう
すっぱんぴん組@おやつ担当 @lolGlo0IlopLoz 2019年9月7日
第1話から早速牢屋暮らしw むしろ面白いかも。専門家の目線で「江戸時代にタイムスリップしたら実際こう言う目に遭います」設定を忠実に守りつつ、現代人が初回ハードモードから何とか立ち回って、じわじわと生活の基盤を築いていく異世界タイムスリップものなら是非読んでみたい。
T死 @sunayamaGINZA 2019年9月7日
無宿人自体は多かった(人足寄場や人返し令の必要性に鑑みて)んだから入り込む余地はあるんじゃないかな。
たぬきかわいいbot @tanuking256 2019年9月8日
アクア「あなたを江戸時代に転生させるにあたって、願いを一つ叶えてあげましょう。何が良いですか?妖刀?陰陽術?それとも…?」 カズマ「戸籍をくれ」 アクア「戸籍」
Ajmw @Ajmw97068810 2019年9月8日
hameln 怪しい奴ではなく幕府の密偵として、かな
いかおとこ @mororeve 2019年9月8日
本人もヤバいけど現代の病原菌持ち込まれた周りもヤバいだろうな…
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2019年9月8日
mororeve インフルエンザで異世界新大陸無双
jpnemp @jpnemp 2019年9月8日
Yota586 未来社会に転移して「市民カード」がない、はディストピアものの定番ですしね
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年9月11日
江戸時代にも戸籍はありましたが、あまり有効ではなかったようですよ。江戸で流行り病が発生して火葬が追いつかないレベルにまで死人が増えると、戸籍上氏名が判明していても故郷への連絡がつかないので、空いたみそ樽やしょうゆ樽に死体を突っ込んで品川沖へドンブラコは普通に行われておりました
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年9月11日
逆に徳川将軍家のお手付きになった女性の出自を見るとごく一般の平民層が多いですが、有力者からのコネや紹介によって、あまり出自は問題にされず上流家庭にはいりこむこともできたようです