2
ぱんかれ(pumpCurry)🎃🍛コミケありがとナス @pcb
今日、災害復旧をお手伝いして分かったことがある。面で停電していると「ケータイの電波がない」のだ。これが原因で、写真も声も状況も情報も、中央に届かないのだ。つまり、だれも声を上げていないとイコールになってしまい、普通に生活している地域からは災害が見えなくなってしまうのだ。
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi
阪神淡路大震災で、防災行政担当者が得た教訓のひとつに「本当に被害が酷い場所からは、被害情報が届かない」というのがある。ドーナツ状に被害情報がある場合、中の空白地帯こそが最も酷い被害を受けている。千葉県の場合、房総半島からの情報が少ないのを「ドーナツの中」と気付くのに遅れたのかも。 twitter.com/pcb/status/117…
リンク twitter.com Like this Tweet

コメント

Ajmw @Ajmw97068810 3日前
そういや東日本大震災の時も石巻の情報が空自偵察機からの空撮があるまで報道に乗ってなかったし三陸も翌朝になって「全住民のうち80%が未だに安否不明」とか不明ばかりだった記憶が
ISW @ISW007 3日前
主要な電話局や市区町村の役所をカバーする基地局はバックアップ電源持ってて停電でも24時間は稼働できるから、停電でいきなり連絡が切れるわけじゃない。各基地局の稼働状況は常時把握できてるから、連絡の取れない地域はすぐに分かる。その際にどう対応するかは防災機関しだいだけど、分からないまま放置されることは無いと思う。
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 3日前
爆撃機を補強するのにあたって帰還機のダメージ個所調べて、被害の少なかった箇所(=被害受けると帰還できない個所)を補強したって話思い出した
とろろ @ein18790314 1日前
今は各自治体、衛星携帯電話持ってるはずだけどなー。 平時にちゃんと充電してなかったり、そのまま干上がらせてバッテリー死んでたりする可能性はあるけど。 単純に被害がでかすぎてたどり着けないパターンだわ。一報は入ってるものの調査中で進まないパターン。倒木あったらそこから先の詳細な調査は徒歩、もしくは空輸になるからどうしても遅れる。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする