94
マンガ on ウェブ @mangaonweb
今、お昼ご飯を食べながら、スタッフと話していたんですけどね。 スタッフの描いた漫画の背景イラストは、誰に著作権があるんですかね? 漫画家の物?スタッフの物?(佐藤秀峰)
茂虎 @t_shigetora
業務著作、つまり社員が業務として描いたものなら会社の著作物になりますね。 委託の場合は契約内容によるかと。 (@mangaonweb  今、お昼ご飯を食べながら、スタッフと話していたんですけどね。スタッフの描いた漫画の背景イラストは、誰に著作権があるんですかね?漫画家の物?…)
マンガ on ウェブ @mangaonweb
例えば、トトロの背景とかを描いてる男鹿和雄さんが、アニメの背景用に描いた絵で画集を出したり、個展をするじゃないですか。あれって、著作権が男鹿さんにあるってことですよね?(佐藤秀峰)@t_shigetora 業務著作、つまり社員が業務として描いたものなら会社の著作物になりますね。
マンガ on ウェブ @mangaonweb
漫画の場合で言うと、漫画家が作画資料を用意したり、構図を決めてから、スタッフに作画を依頼しますよね。スタッフは社内の業務として作画を行います。で、完成した絵は、誰の絵なのかなぁ?僕とスタッフの共同著作物になる気がするんだけど。(佐藤秀峰)
マンガ on ウェブ @mangaonweb
漫画の背景の絵は、漫画家とスタッフの共同著作物であり、その上で、スタッフは報酬と引き換えに、作品内において絵を自由に使用していい権利を、漫画家に与えているのではないかと思うのですが。違うのかな?(佐藤秀峰)
茂虎 @t_shigetora
アニメの場合ですと、社内のスタッフに関しては「スタッフにお金払った人」という感じですかね… それがいいか悪いかはともかくとして。 @mangaonweb
マンガ on ウェブ @mangaonweb
ストーリー(原作)の著作権は漫画家に帰属するので、原作の印税はスタッフには分配する義務はないけど、逆に原稿は共同著作物なので、漫画作品として同一タイトルで利用する場合を除いては、スタッフの了承が必要ではないかと思ったりもするのですが。。(佐藤秀峰)
茂虎 @t_shigetora
うーん、一応法的には業務著作の場合、その必要はないことになります。 道義的な話になると業界によってかなり差があるので何とも… @mangaonweb
マンガ on ウェブ @mangaonweb
要するに、漫画の背景イラストは、スタッフの物でもあるから、漫画家が自由に使っていいと認められているのは、作品内においてだけで、例えば、他の漫画家と共有して使い回したりするのは、道義的にも法的にも許されないんじゃないかなぁ、と思いました。違うの?(佐藤秀峰)
茂虎 @t_shigetora
法的には会社の物ですね。 正確に言えば佐藤さんの漫画も著作権は会社の物となります。 なので乗っ取りには注意してくださいw まあ著作権法自体、不備だらけの法なので、最終的には裁判官の胸先三寸なところはありますが… @mangaonweb
マンガ on ウェブ @mangaonweb
漫画業界には、そういう背景イラストの取り扱いについて、取り決めがないので、今度、契約書を作ろうかぁ?という話をスタッフとしていました。漫画家の中には、金払ったんだから、どう使おうと俺の自由だ、という考え方の人もいて、それはフェアじゃないなぁ、と。(佐藤秀峰)
マンガ on ウェブ @mangaonweb
@t_shigetora 残念ながら、著作権は法的に僕個人に帰属しています。税務上も、税務署の指導でそうなっていますよ。会社は著作権の管理をしています。(佐藤秀峰)
茂虎 @t_shigetora
契約書があれば、それが極端に一方的なものでない限り、少なくとも佐藤さんのスタッフに関しては契約が優先されます。 @mangaonweb
茂虎 @t_shigetora
なるほど、版権管理会社としてあるわけですね。 その辺原作者は強いですねぇ。 @mangaonweb
マンガ on ウェブ @mangaonweb
印税を会社の収入にしてたら、「著作権はそもそも譲渡できるものではない」と税務署に言われて、追徴金を支払いました。。少なくとも、武蔵野市ではそうみたいですよ。(佐藤秀峰)@t_shigetora
茂虎 @t_shigetora
お気の毒ですw ただ、財産としての著作権は譲渡可能です。 例えば相続とか。 譲渡不可能なのは著作人格権といって、例えば佐藤さんの漫画を私が勝手に書き換える権利とかは譲渡不可能です。 まあお上に逆らうと後が怖いので、追徴金で済んだのならw @mangaonweb
マンガ on ウェブ @mangaonweb
なんつーか、漫画家がスタッフの権利を奪い続ける限り、出版社のことをいっても仕方ないと思うんですよね。。何の保証もせず、俺は漫画家だぞ、尊敬しろ、って言われてもね。。(佐藤秀峰)
hide_tk @hide_tk
これってつまり雇用形態の話になるんでは?権利が必要な場合は業務委託契約とか。 QT @mangaonweb: なんつーか、漫画家がスタッフの権利を奪い続ける限り、出版社のことをいっても仕方ないと思うんですよね。。何の保証もせず、俺は漫画家だぞ、尊敬しろ、って言われてもね。
マンガ on ウェブ @mangaonweb
それもそうなんですけど、ここで問題提起したいのは、漫画の背景美術は、著作物なんじゃないか?ということですね。@hide_tk これってつまり雇用形態の話になるんでは?権利が必要な場合は業務委託契約とか。
マンガ on ウェブ @mangaonweb
建築であれば、設計図を引く建築士がいて、実際に現場で建築物を作る人達は、技術職ですよね? 漫画の背景の場合、漫画家の指示によって描かれた絵ではあるけど、単に技術で組み上げらた物ではなく、描いた人の著作物に当たるんじゃないかなぁ、と。@hide_tk
hide_tk @hide_tk
背景に関して言えば、著作権はあくまでも創作(オリジナル)したものに対して与えられる物なので、著作物には当たらないのでは?ネジを作る工員にネジの発明対価が与えられないのと同じ様に。 RT @mangaonweb: 漫画家の指示によって描いた人の著作物に当たるんじゃないかなぁ
hide_tk @hide_tk
ただ、背景の描写を委託しているスタッフが個人の作品として「背景」みたいな画集を出していて、その確立されたタッチに準じた作画を依頼された上で背景を書いていれば、そこには著作権が発生するかも。ま、考え過ぎやけども。 @mangaonweb
hide_tk @hide_tk
その視点でいくとその背景が創作ではない(所謂トレース)場合のオリジナリティが論点になるんかな。いずれにしても著作権は著作を主張出来る権利なので行き着くところ契約の話になるような。@mangaonweb: ネジとはかなり違いますかね。背景のイラストを描く作業は非常にクリエイティブ
マンガ on ウェブ @mangaonweb
漫画の原稿は著作物として認められているので、背景の絵もそれに従うと著作物ということになると思いますよ。 なので、著作権は描いたスタッフにもあると思います。 作画スタッフは報酬と引き換えに、同タイタル内において、著作物の使用権を認めているだけかなぁ?(佐藤秀峰)@hide_tk
マンガ on ウェブ @mangaonweb
契約の話になるというのはその通りで、恐らく、現状でその辺りを明文化した契約書は、漫画界に存在していません。だから、そのガイドラインを考えたいという話ですね。(佐藤秀峰)@hide_tk
残りを読む(130)

コメント

hylom @hylom 2011年5月26日
結局裁判沙汰にならないと何とも、って感じですかね。背景にそれ単独で創作性が見られるかが争点。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月26日
いや、創作性を否定するのは小学館みたいなアグレッシブに創作性を否定する人達だけじゃないっすかね? 職務著作か、使用権の許諾なのか? が争点になると思いますよ。で、勤務実態や漫画家さんの指示に基いて描くので職務著作だと思いますが。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年5月26日
そうは思うのですが、漫画家さんの中には殆ど指示を出さず、アシさんに任せっぱなし(ギャグなのかどうか分らないけども)とか言う人も居るそうで、そうなると、職務著作と言うのは詭弁という論法も成り立つので、裁判で個別具体的に検討って事になるのかも? 
lastline@オバケフィット @lastline 2011年5月26日
どのような著作権が生じるか(共同なのか、職務なのか)は漫画家とアシスタントの関係によって違うだろうから、厳密なことを言えば契約書を作るに越したことはないんじゃないかなぁ。
ワンダ @wanda001 2011年5月26日
個々の事例は裁判してみないことには分からないという前提だけど、「創作活動を行う者の作業をその手足として手伝うことや、素材を提供することだけでは著作者になることはできない」(作花文雄『詳解著作権法[第3版]p182)とある。著作者になれない=著作権を持てないということ。
Virtue (ヴァーチェ)⛎ @JAPONIUM 2011年5月26日
著作権は著作権者の物。著作物の所有権は其れ以外にも移譲出来る。ってだけの事。だから仕事始める前の段階で契約するでしょ普通。そんな事は出版でもテレビでも何処の業界でも一緒。
蒼井カッコウ @aoikakkoh 2011年5月26日
漫画のアシスタントさんの通常の仕事は、職務著作の成立要件にかなりあてはまりそうなので、共同著作権を主張するのは苦しい気がします。①法人等の使用者の発意に基づいて、②使用者の業務に従事する者が、③職務上作成し、④使用者の名義の下に公表する著作物で、⑤作成時における契約等において別段の定めがない。
蒼井カッコウ @aoikakkoh 2011年5月26日
一番問題となりそうなのは②ですかね。雇用関係にあるとは言えないアシさんも多そうなので。あとは、アシさんが投稿するために描いた作品をの背景を、修羅場の先生に頼まれてコピーして使ったとか言う場合には、③が問題になりそう。
やこ @yako10000 2011年5月26日
映画やアニメのクレジットに○○製作委員会ってなってるのが増えてるのはこういうこと(権利者が複数人居ること)の対応のためじゃなかったっけ
りょう(カロリー不足) @ryokanuma 2011年5月27日
商品である著作権について契約書に明記されていない事がまずびっくり。ソフト屋では契約する場合は著作権の帰属についての一文が必ずある。
へぼやま @heboya 2011年5月27日
業界内での明確な合意が出来ていない事柄に関しては、結局強い者勝ちになるのが現状で、その上で、他者に対してどれだけ真摯になれるかが個々の現場での対応になるもんなんだろうな。
ワス @wsplus 2011年5月27日
佐藤秀峰氏のつぶやき、続きのまとめを作りました。http://togetter.com/li/140725
テンペンロイド @TempemLoid 2016年10月30日
最後の方で譲渡権が出て来るのはおかしいな。譲渡権は権利を譲渡する権利じゃないぞ。 職務著作は法人でない個人の使用者も含まれるから、アルバイトでも賃金で支払っていれば該当すると思う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする