2019年9月14日

【論文】1〜2巡目の甲状腺がん184例と外部被ばく線量率の解析 #東京電力福島第一原発事故 (2019.9.14作成)【福島原発事故後の甲状腺がんの検出率と外部被ばく線量の関係】

2
リンク LWW Association between the detection rate of thyroid cancer... : Medicine . Thyroid cancer in 184 cases was reported by February 2017. The question arises to which extent those cancer cases are a biological consequence of the radiation exposure or an artefactual result of the intense screening of a large population. Experiences
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

Association between the detection rate of thyroid cancer and the external radiation dose-rate after the nuclear power plant accidents in Fukushima, Japan by Yamamoto, Hayashi and Scherb journals.lww.com/md-journal/Ful… 1〜2巡目の甲状腺がん184例と外部被ばく線量率の解析→有意な関連性

2019-09-14 02:13:37
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

検査期間を考慮した観察人年を市町村ごとに計算し、文科省の2011年6月の地表沈着測定値データ(UNSCEAR 2017 Attachment C7)から市町村ごとの平均線量率(µSv/h)を計算し、µSv/hあたりの発見率を出した、という感じ? pic.twitter.com/LOjposOSQW

2019-09-14 03:31:39
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

発見率比(59市町村全体と、2 μSv/h以上の6市町村を除いた53市町村) 1巡目 全体 1.086 (1.012, 1.165) <2 μSv/h 1.672 (1.062, 2.631) 2巡目 全体 1.101 (1.031, 1.176) <2 μSv/h 2.498 (1.446, 4.315) 2 μSv/h未満での方が、発見率比が大きく出ている。 pic.twitter.com/k2CPzQ89ov

2019-09-14 03:46:15
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

"Somewhat different population-protective mechanisms such as the evacuations and/or different biological or carcinogenic processes may be relevant in the dose ranges below and above 2 μSv/h in Fukushima."

2019-09-14 03:46:44
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

検査間隔を考慮した観察人年での発見率というのは、大津留論文で年齢グループごとのを出していたけど、”1巡目と2巡目が似ている、年齢とともに高くなる、ゆえに潜在がん” みたいな感じだった。この論文では、市町村ごとに解析し、線量率あたりの発見率を出している。やればできるんやん。

2019-09-14 03:55:55
まとめ 『見捨てようとした追加被曝』宮崎真・早野龍五論文、 内藤論文問題 関連まとめ一覧(編集中) 宮崎真・早野龍五論文の問題要約 ・倫理指針違反(信じられないぐらい規模) ・不適切な計測で集めた出鱈目なデータを集計・分析している。 ・データの分析に明らかな間違い(意図的かどうかは不明)が多数存在する。 ・黒川レターに回答する意志が見られない。 7426 pv 459 1 user 120
日付切取線 @krtr_date

✄------------ 9/17(火) -----------✄

2019-09-17 00:00:00
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

問診票による基本調査データ(縦軸)と文科省データによる線量率には、比較的強い相関がみられている。しかし、基本調査では1 mSv単位なのと、問診票の返却率が低いため、0.4 µSv/以下の線量率では分散度が低い。 pic.twitter.com/JCKnYb7GcV

2019-09-17 01:27:38
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

文科省データによるµSv/hあたりの発見率を、基本調査データによる1mSvあたりの発見率と比較した表。(1.5μSv/h未満, 2.0μSv/h未満、20.0 μSv/h未満に分類してある。) 基本調査データでも発見率比が有意となっており、2つのデータによる解析は、お互いを裏付けるものとなっている。 pic.twitter.com/wSmTyIQ18J

2019-09-17 01:37:59
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

大平論文1&2では、市町村を3つや5つのグループに分けていたけれど、そのように色々と画策せずに解析したら、関連が見えるということになるのかな。

2019-09-17 01:40:27
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

この論文では、2.0μSv/h未満の53市町村での方が、2.0 μSv/h以上の6市町村を入れた59市町村でよりも甲状腺がんの発見率比が高いことについて、避難のような集団防護メカニズムが異なることや、あるいは生物学的・発がん的プロセスが異なることが理由ではないか、と推察している。

2019-09-17 06:29:09
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

線量率が2.0 μSv/h以上の6市町村は、浪江町、飯舘村、富岡町、大熊町、双葉町、葛尾村。線量率の元となる文科省データが2011年6月に測定された時点では、すべて避難区域。

2019-09-17 06:35:24
日付切取線 @krtr_date

✄------------ 1/5(日) ------------✄

2020-01-05 00:00:02
Jun Makino @jun_makino

mdsweb.jp/doc/1600/1600_… 放射線被ばくと甲状腺がん多発の関係を証明/医問研論文を国際医学専門誌が掲載】

2020-01-05 13:48:27

「福島の原発事故後の甲状腺がん検出率と外部被ばく線量率との関係」という医問研とドイツの研究者との共著論文が国際雑誌Medicineに掲載されました(NEWS No.529 p01) http://ebm-jp.com/2019/11/news-529-2019-09-p01/

Jun Makino @jun_makino

引用:掲載の可否判断を同誌から委託された2人の判定者(査読者という)は「素晴らしい」と評価したが、最初に投稿した雑誌は違った。福島医大の査読者は、自分たちしか持っていない非公開情報を根拠に「拒否すべし」と判定した。

2020-01-05 13:48:30
Jun Makino @jun_makino

引用:その後もいくつかの雑誌から掲載を断られ、原子力村の影響力を思い知らされていた矢先だっただけに、非常に意義深い掲載といえる。

2020-01-05 13:48:33
Jun Makino @jun_makino

Medicine は伝統ある立派な雑誌な気が。最初に投稿した雑誌がどこかは想像がつくような、、、

2020-01-05 13:48:39
Jun Makino @jun_makino

別の著者の論文 longdom.org/articles/dose-… 県立医大のグループの論文と同様な地域区分で推定被ばく量と小児甲状腺がん発生率の回帰分析をして有意に関係ありとの結論。

2020-01-05 15:51:09

Dose dependence of pediatric thyroid cancer prevalence in the 6 years after the Fukushima nuclear power plant accident
https://www.longdom.org/articles/dose-dependence-of-pediatric-thyroid-cancer-prevalence-in-the-6-years-after-the-fukushima-nuclear-power-plant-accident.pdf

内田 @uchida_kawasaki

2019.12.19 医学雑誌Medicine掲載論文「福島原発事故後の甲状腺がんの検出率と外部被ばく線量の関係」の紹介(NEWS No.530 p06) ebm-jp.com/2019/12/news-5…

2020-05-13 08:10:27
残りを読む(7)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2019年9月17日
関連ツイート、関連まとめ(恣意的な地域分けをしていた大平論文関連)を追加しました。
0
内田 @uchida_kawasaki 2019年9月17日
関連ツイート2つ追加しました。
0
内田 @uchida_kawasaki 2020年1月5日
マキノさんのツイートを追加しました。
0
内田 @uchida_kawasaki 2020年5月13日
論文へのレター(祖父江ら)関連追加しました。
0