10周年のSPコンテンツ!

千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄塔の件、どうにかする方法が無いか探してみた。

市原市が被害状況を千葉県に報告し、千葉県が主体となって除去することが出来るかも知れない。 千葉県防災政策課と市原市危機管理課に確認してみたので、若干追記。
除去 鉄塔 災害救助法 ゴルフ練習場 市原市 千葉県
6
大森保英 @y_omori
災害救助法 bousai.go.jp/taisaku/kyuujo… のページを見てみた。 「概要」のPDFを確認する bousai.go.jp/taisaku/kyuujo… PDFの7ページ目 「住居またはその周辺の土石等の障害物の除去」 が対象に入っている #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
条文を確認する elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSe… 災害救助法施行令 第二条 法第四条第一項第十号に規定する救助の種類は、次のとおりとする。 二 災害によって住居又はその周辺に運ばれた土石、竹木等で、日常生活に著しい支障を及ぼしているものの除去
大森保英 @y_omori
elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSe… 災害救助法 第四条 救助の種類は、次のとおりとする。 十 前各号に規定するもののほか、政令で定めるもの
大森保英 @y_omori
施行令に、「災害によって住居又はその周辺に運ばれた土石、竹木等」とある →「~等」は具体例に過ぎない。この条文の場合「土石、竹木」以外でも除去の対象となりうる →「日常生活に著しい支障を及ぼしているもの」と言えれば鉄塔でも当てはまるのでは?
大森保英 @y_omori
※この手の規定は前例やら何やらあるのが普通だから、断言は出来んけど #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
@ichihara_city 【3行】 ゴルフ練習場の鉄塔は、「日常生活に著しい支障を及ぼしているもの」である 災害救助法に基づいて「除去」できるのではないか 市原市が被害状況を報告し、千葉県が主体となって行うべきものではないか #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
Twitter で書くには長くなりすぎた…けど書く。 1. 災害救助法施行令2条2号には「それをどけたらすぐに住めるようになる」もののみが除去の対象であるとする、文言上の制限規定が存在しない。なお、鉄塔により「全壊」と判定された家屋は存在しない
大森保英 @y_omori
2. 今回の鉄塔は、たしかに「災害によって住居又はその周辺に運ばれた土石、竹木等」ではないと解釈する余地がある。しかし、まず「災害によって住居又はその周辺に」所在している。
大森保英 @y_omori
また、「等」が修飾する範囲は規定上不明確であって「運ばれた土石、竹木」を修飾していると解釈した場合、必ずしも「運ばれた」ものに限定されないこととなる
大森保英 @y_omori
3. 仮に、これまでの運用が「運ばれた」ものに限定されていたとしても、「等」は「土石、竹木」のみを修飾するものではなく「運ばれた土石、竹木等」を修飾すると解釈する余地がある
大森保英 @y_omori
4. 災害救助法第1条は「被災者の保護と社会の秩序の保全を図ることを目的とする」と規定しており、「被災者の保護」は災害救助法の目的の範囲内である。
大森保英 @y_omori
従って、  (1) 「それをどけたらすぐに住めるようになる」もののみに除去の対象を限定する合理的な理由は存在しない  (2) 「等」が修飾する範囲は「土石、竹木等」にとどまるとする合理的な理由は存在しない
大森保英 @y_omori
(3) 過去の解釈がどのようであったとしても、除去の対象は「それをどけたとしてもすぐには住めるようにならないもの」も含むと解釈する、また、「等」が修飾する範囲は「運ばれた土石、竹木」と解釈することは、災害救助法の目的に照らし合目的的である。
大森保英 @y_omori
少なくとも「災害救助法の目的に反する」とはいえない  (4) ゴルフ練習場の鉄塔を除去することは「被災者の保護」に資するものであり、災害救助法の目的に反するところは無い
大森保英 @y_omori
(5) 昭和34年政令改正は「障害物の除去」を追加しており、追加の趣旨は救助項目の拡大である。その点で、本規定の趣旨に合致する  (6) 解釈を変更したとしても、文言解釈の範囲内なので「法律による行政の原理」に反しない
大森保英 @y_omori
(7) 「応急救助に必要な範囲内」といえなかったとしても、都道府県知事等は、内閣総理大臣に協議し、その同意を得た上で、救助の程度、方法及び期間を定めることができる(施行令3条2項)
大森保英 @y_omori
上記の根拠により、過去の運用いかんを問わず、災害救助法施行令2条2号により、除去して救助する法令上の根拠が存在するといいうる
大森保英 @y_omori
過去の運用として「それをどけたらすぐに住めるようになる」ものに限定していたり、「等」は「土石、竹木」のみを修飾するものであるとしていたりすれば、面倒なことになります。
大森保英 @y_omori
千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄塔の件、千葉県防災政策課に確認してみた 必ずしも「運ばれた」ものであることを要しない 「居室・炊事場・トイレ・玄関」の状況いかんにより適用対象。市原市は、被害状況を確認するか否か、結論出していない #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
【補足】 「日常生活に著しい支障を及ぼしている」かどうかの判断は「居室・炊事場・トイレ・玄関」の状況で決まる、と。 「居室まっぷたつ」「玄関直撃」というのが典型例かと。 #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
今回のケースだと問題が残る可能性はあるんだよなあ。 「居室・炊事場・トイレ・玄関」直撃くらっている住宅が無い鉄塔については、現行制度では除去の対象から外れることになる。その場合、平等性の観点と現行制度との調整を取らざるを得まい。 #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
個別の問題として「今回は全ての鉄塔が何らかの対象に直撃」というのであれば『今回は』問題にならんけど。 市の調査結果まち、というか、そもそも市が調査するかどうか確定してない #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
倒壊したゴルフ練習場のポール 1週間たっても撤去始まらず | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019… この写真の右端の鉄塔、「居室・炊事場・トイレ・玄関」を直撃している訳ではないから、災害救助法施行令2条2号の対象外となる可能性が… #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法
大森保英 @y_omori
「政令」の規定を見直して対処するのであれば、内閣の仕事となる訳ですが…さて… #千葉県 #市原市 #災害 #災害救助法

コメント

ざわざわ @MfekaYrZhWtx2SG 2019年9月20日
災害救助法は「それをどけたらすぐに住めるようになる」ものを想定しているので、今回の鉄塔はたぶん適用外。家ごと潰しちゃってるので。瓦礫除去に近く、環境省マターになるのでは。間違ってたらすみません。
Hornet @one_hornet 2019年9月20日
鉄塔は「災害によって住居又はその周辺に運ばれた」ものじゃないだろうし、そもそも法人が保有する固定資産だからなぁ。
大森保英 @y_omori 2019年9月20日
まとめを更新しました。
ないあーらるとほてっぷ @nyalrathottep 2019年9月20日
ん? これはまず「鉄塔倒れたけど家の弁償しねえよ?」があった上よな?
とろろ @ein18790314 2019年9月20日
災対法で規定がある理由は、ごちゃまぜになった誰の持ち物だかわからない廃棄物は処理の責任追求相手がわからないから、各種法規制をひとまず置いといて国や自治体が片付けをガガッとやってさっさと復興フェーズに移行しよか、との意味合いが強い。 なので原因者が明確な場合は想定してないと思うよ。民民の紛争事案に関しては民事不介入。
大森保英 @y_omori 2019年9月20日
まとめを更新しました。
大森保英 @y_omori 2019年9月21日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする