編集可能

ばしょ

Pityman傑作選第二弾「ばしょ」の感想まとめ
Pityman ばしょ#新宿眼科画廊
1
遅筆堂ネタふり亭じべ。 @chihitsudo
オーストラリアの日本人が経営する飲食店でを舞台にワーキングホリデーで働いていた女性の退職・帰国を前にしての送別会の夜(一部回想あり)のおハナシ。 そんな題材だけに劇中に外国人が出てくる… stage.corich.jp/watch/379126/s… #Pityman #ばしょ #舞台 #演劇
難波なう NauNamba @KkohNau
Pityman「ばしょ」観劇 女性登場人物がナマでナマで仕様がない素敵な作品だった。そうなんだよ、女性はフラれても3秒で次に行けたり、吐瀉物を率先して片付けたりはしない生き物なんだよね。 個人的にはもうワンシーン観たいと思うくらい面白みが深い作品でした。 pic.twitter.com/E6RrjhqprW
拡大
拡大
植村秀史 Hideshi UEMURA @twit_hideny
20190924 #Pityman #ばしょ 今回は、初日と大千秋楽の2回しか行けなかった。狭い空間で、大きな動きのない会話劇、主宰の実体験から膨らむ台詞から、日本人のありようが見えました。 大きな箱で観たい劇団です。次作に期待。@PitymanPityman
安東信助 @__bonkura
あ、つまり芝居にとても説得力があって舌を巻いた。
安東信助 @__bonkura
風くん(心の中とツイッターではこう呼んでる)演じるあいつがとてもきらい(特にしゃべり方!ほとんどしゃべり方!)だったんだけど、ああだからこそかの地でアジア人として暮らしてけてるのかもしれないし、かの地でアジア人として家族を守るために犯罪被害を強情に家族から隠す態度は想像できる。
安東信助 @__bonkura
Pityman「ばしょ」みた。おもしろかった。みんな浮き足立ってるように見えて、立ってたい高さの違いみたいなものを思った。ちょうどよく立てる高さの地面が、或いはそんなもんが、あるのかな。自分はどうかな。焚き火のシーンの外国人たち、あいつらきらいで、フラットな場所なんてねえよなと思った。
大隈道雄 @MichioOokuma
Pityman傑作選企画第2弾『ばしょ』脚本・演出:山下由。田島実紘、東澤有香、池内風、藤田りんごと6人中4人よく知ってる役者さんが出演。豪ワーホリ体験が題材。再演だがかなり書き直したらしい。共演したい俳優No.1(大隈調べ)田島くんいい声いい味期待通りの活躍。新宿眼科画廊にて本日千穐楽。 pic.twitter.com/dlnxnjVtcw
拡大
拡大
中沢 志保 @ShihoKpu
Pitymanを観てきました。ばしょ。 照明と役者の表情だけで見えてくる、オーストラリアの景色と質感。東澤有香さん、ほんと美しいな……
たお @tao_engeki
Pityman「ばしょ」を観ました
中宮川ふくろ @nkm296
好きなセリフ多かったなあ。観後感(て言葉があるかは知らないけど)が良い小説を邪魔される事なく読み切った良い余韻があった。 「あぁ、ここは違う方がいいなぁ」とか思う事なく見れた。 好きなんだと思う。
野良うさぎ13号 @Stray_rabbit13
#Pityman#ばしょ』観劇。 場所って土地、ということだけではないと思うんですよね、たぶん。「誰かの隣」なんてのも場所だと思うんです。だから「ばしょ」なのかな。人の数だけ場所がある。誰もが探している自分の場所。それを見つけるには人生は短すぎるのではないだろうか。とても面白かったです。
中宮川ふくろ @nkm296
普通に、どこか行きたいなぁって思ったよ
宍 泥美 | マチルダアパルトマン @doromidomi
Pityman『ばしょ』千秋楽かけこみ観劇🦘会場を出て空を見上げて、うん、なんかここじゃないんじゃないかって思う。あー、この空じゃない。そして、同じ景色を願えど、同じ景色なんてないんだなぁ。染み入る70分でした。
中宮川ふくろ @nkm296
ぜんぶの自分の「ばしょ」を見失ったら、嘘みたいに、あるいはゲームみたいにたち消えてしまうのかもしれないなぁ。姿を消したコハルのように。
中宮川ふくろ @nkm296
pityman『ばしょ』観てきた。 たまたま出会った人たちと過ごすばしょ。テーブルをみんなで囲むばしょ。ぼんやりと海を眺めるばしょ。マリファナを吸えるばしょ。遠い異国の神聖と言われているばしょ。"外人"の中にある自分のばしょ。外人の中にいる、日本人たちのばしょ。原住民族の、ばしょ。
大庭佳文 @ooba4423
最後まで分からないとある人物の安否、主人公の含みのあるセリフなど、サスペンスっぽいのに話が終わっちゃって個人的には少々消化不良でした。役者さんみんな上手だったけど、こはる役の方いちばんすごかった。
大庭佳文 @ooba4423
pityman「ばしょ」 観劇自体ひさしぶり。小劇場独特の雰囲気も良いものです。 話はオーストラリアでワーキングホリデー中の若者が主人公、バイト先での飲み会中心の話でした。場面転換の処理が面白かったですね、サングラスは外人の証!
宮崎翔太 @shotamiyazaki_
Pityman「ばしょ」観劇しました。 前回のマインドファクトリー作演出でお世話になった池内風さんのお芝居を。あの風さんが役者として立ってる事に新鮮さを感じました。静かに過ぎて行く展開の中で浮き出て行く過去が。生きてれば人間色々ありますね。マインドファクトリー共演者とも会えて満足 pic.twitter.com/G6ftgco8ef
拡大
拡大
拡大
鐸木のすり @suzukinosuri
池内さんがあの役をやっていることになんとなく闇深さとキャスティングの妙を感じるのだった。 あと何故かいつも池内さんと終演後挨拶をすると変な感じで退散してしまう。すみません池内さん。
鐸木のすり @suzukinosuri
#pitymam #ばしょ そっと会話が立ち上がっていく感じがすごく良くて、心地良かった。異国の地で生活する日本人たちの話。こうすけのからっぽ感や愛想笑いが「日本人」を象徴しているようにみえたがあまり括っちゃいけないか。池内さんの店長、いるいる!と共感してしまう怖さ。 pic.twitter.com/0NJJRjVNbB
拡大
拡大
まんも @ymanmo
よかった 普通に登場人物を嫌いになったり大事に思ったりした ゆずちゃんもゆかさんも抱きしめたい 田島くんもやっぱ良き あれは田島くんでよかったなぁ ゆずちゃんの手描きカード とてもうれしい 観劇後にもらうとね とても大事なものを分けてもらった気持ちがするよ #ばしょ #Pityman twitter.com/yuzuzunn/statu… pic.twitter.com/k1BI1f3JZx
拡大
小寺悠介 @ykodera
pityma『ばしょ』観た。池内君と田久保ちゃんを観に行って、まさかの展開に序盤ニヤニヤが止まらない。皆、達者。超達者。あと戯曲が好み。良作。由君に会うのは10年ぶりか(笑) 池内君には言いたいこと言って、気恥ずかしくなり直ぐ退散。皆、とてもセクシーだった。
スケアクロウ @koolge1011
Pitymanの舞台を観ると、いつも身体がざわつきチクチクとする。 何だろうか見終わった後のざわつき感は! 面白いや楽しいとは違う感覚だと思う。やっぱり上手く書けない!! #Pityman #ばしょ #新宿眼科画廊 pic.twitter.com/hrIJTf281P
拡大
ろん@なが〜い @Long_393543
『ばしょ』 なんかなぁ、ちょっとイライラする人ばかりであの中に私の居場所はないなぁと感じた。 海外での生活は難しいかな。ただ、それぞれの好きな場所がその人にはある。その表現の仕方が良かったなぁ。 #Pityman #ばしょ
竹井沙紀【fool】阿頼耶識 @dovetscoce
ちなみになんで思い立って一人スパか、というとバナナ🍌こと田久保柚香(@yuzuzunn )ちゃん出演の舞台 #Pityman さんの #ばしょ を観に行って来たのです😋 こっ酷いフ〇レ方してました😇 店長さんと主人公の方のリアルさが凄かった。てか登場人物みなリアル… アフタートークの様子も。面白かったー🐬✨ pic.twitter.com/KgY9kfVL4a
拡大
拡大
拡大
残りを読む(39)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする