10周年のSPコンテンツ!
27
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
forbes.com/sites/jamescon… 先日、Forbesに掲載された福島のトリチウム処理水放出に関する非常に素晴らしい解説記事。書いたのはジェームス・コンカ(James Conca)というPh.Dの科学者(地球と環境に関する研究者らしいです)。 ・何故トリチウム水を放出するのが安全かつベストなのか?…
リンク Forbes 3 users 3395 It's Really OK If Japan Dumps Radioactive Fukushima Water Into The Ocean Slowly releasing Fukushima tritium-contaminated water into the Pacific Ocean is a very good idea. No other radioactive elements are in the water and tritium just isn’t very radioactive - it self-dilutes in water really quickly, even in our bodies, making
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
・トリチウムという物質はどんなもんじゃらほい? ・日本は一体どうすべきなのか? という事を素人にも判るように解説してくれています。特に最後の日本に対する指針には我が意を得たり、でした。 以下、面白かった部分を抽出訳。これを読めば今日からあなたもトリチウム博士です!(ただし一般人の…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
中では、という限定つき)。 (※文中「汚染水」という言葉を使いましたが悪意はありません。単に”contaminated water”を仕方なくそう訳しただけです) 【訳はじまり】======== 「もし日本が福島の放射能処理水を海に放出したとしてもそれは全くもってオーケーだ」…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
..by James Conca 今週初め、東京での記者懇談会において日本の原田義昭環境大臣は「東京電力は動作不能となった福島原子力発電所の放射能処理水を太平洋に放出しなければならないだろう」と記者たちに語った。 彼はそれは「たった一つの選択肢だ」とまで言ったが、これは実は事実である。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
東京電力には放射能処理水を貯蔵しておく余地が無いのである。そして放射能処理水を保存するというのはいずれにせよ間違った戦略である。 東京電力は2011年に起きた東北大地震と津波によって原子炉設備が破壊されて以来、燃料棒の溶融を防ぐために使われた後冷却パイプから出てきた汚染された冷却水…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
を2億5000万ガロン(9億5000万リットル)以上集積した。 妙な話だがこの水は海に入れてしまうことが実際には最上の取り扱いなのである。そしてその理由はその水を汚染しているのは主としてトリチウムという、あらゆる放射性物質の中で最も放射能が弱く、最も害が少ない物質だからである。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
その他の放射性物質は全て化学処理によって貯蔵水から低レベルになるまで取り除かれている。 そして貯蔵水中の他の放射性物質の総量は比較的少なく、ここまで希釈されたものが危機を引き起こす事は無いであろう。 日本政府は最終決定を下すに先立って、専門家委員会からの報告を待ち望んでいる段階…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
だったので、原田大臣の意見は彼独自のものであり政府としての決定を示すものではないと素早く言及した。東京電力は政府が決めたことは何であれ遵守するであろう。 グリーンピースのような批評家たちはいつも通り「原子力はみんな危険なのだ」と、そして…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
「この水は貯蔵されたまま永遠に面倒を見るべきである」と割り込んできた。彼らはトリチウムの放射エネルギーと化学的物性を理解していないようだ。 だが理解している人は少ないのだ。 我々のようにきちんと理解している人間は「トリチウム混入水」を大体10年以上の期間に亘って太平洋に放出する事…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
を提案してきた。その水は施設内の1000個にも及ぶ良く知られた化学的手法(※)を用いたタンク内に貯蔵されているのである。 (※注:『良く知られた化学的手法』の原文は”known chemistry”でALPS等の化学的放射性物質除去手法を指しています。原文のリンク先資料参照)…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
直感的に理解できるものではないが、これは非常に良いアイデアである。トリチウムとは緩やかな放射性をもった水素の同位元素である。これは2つのニュートロンと1つのプロトンからなっており、その放射性は非常に低いため、それによって何か環境上の問題、人間への問題が起こることが無いのである。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
トリチウムが自然環境においてありふれた放射性物質であるにも関わらず、である。 核爆弾実験や原子力発電所においてと同様、トリチウムは大気圏内生成過程(atmospheric processes)によって自然に生成される。
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
さあ、もう一度言おうじゃないか、トリチウムがかつて人間や自然環境に危機を運んできた事は無いのだ、例えどのような濃度であろうとどのような放射線量だろうと、とね。 トリチウムは強いて言えば超絶高レベル放射線量だと発癌性があると見られている。だがそれは仮設に基づいた主張に過ぎない。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
何故ならトリチウムによる健康を害する作用は人間や自然環境の中には見られないからである。研究室においてネズミちゃんを超絶ハイレベル放射線に当てた時のみ、研究室の中においてのみ健康を害する効果が認められるに過ぎない。 この(福島の)貯蔵水を海に流すことは疑いもなく貯蔵水を無くすベスト…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
な方法である。貯蔵水を集積し、貯蔵する事は実際には人々、そして自然環境に対する潜在的危機の発生を高めるのである。そしてそれはとても、とても高くつくものであるのに見返りはひとつも無い。 残念ながらいかなる種類であれ放射性物質を解き放つという考えは殆どの人々を縮み上がらせる。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
だがそれこそが問題だ。「トリチウムは悪だ」というだけの認識、それは現実とは異なる。そして今の我々の(住む)「新しい反科学の世界」においてはこんな間違った考えが「為すべき正しい事は何か」を押しのけて支配し、貴重な資源と時間を無駄にするのだ。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
トリチウムは信じがたい程弱々しいベータ粒子を放射するがそれは我々の皮膚の角質層で簡単に食い止められてしまう。空気中のトリチウムは6mm程度進むのみである。トリチウムの経口摂取ですら何事も起こさないのである。 (以下、トリチウムに関するやや専門的説明ドカッと省略)…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
●魚資源とトリチウムの関係について● 魚類および海洋生物の体内におけるトリチウムの半減期は人間の体内におけるそれよりも短く2日以下である。そして海水内におけるトリチウムの希釈は人々が体内に有意な量の摂取するには余りにも早いのである。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
何故ならトリチウムの物理的特性、化学的特性はそれが「食物連鎖において濃縮されない」という事を意味しているからだ。食物連鎖の中で希釈されていくのである。 よって日本の漁業者はニュース的見地から(貯蔵水)放出という戦略を恐れているのだが(放出したとしても)彼らが獲った魚は相変わらず…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
食物放射線被曝という点では「なし」のままであろうし、彼らが市場に出荷するパックされた魚には相変わらず公式の「安全シール」が貼られている事だろう。 福島におけるこの特殊な問題(貯蔵水問題)は本当に重要である。何故なら日本は2011年の地震以降止められてしまった沢山の原子炉をリスタート…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
する必要があるからだ。それらは地震や津波によって影響を受け(て止まっ)た訳ではない。そして将来の地震や津波にも影響を受けるべきでもないのだ(訳チト苦しいです)。 原子力は地球温暖化に取り組むにあたって決定的に重要な意味を持つ。日本の経済的沈滞に関しても重要であるのは論を俟たない。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
かつて日本は地球温暖化に対する戦いの最前線にいた。ところが今の日本の炭素放出量は飛躍的に上昇している。何故なら原子力で賄うはずだった電力が不必要に化石燃料由来のものに置き換えられてしまったからだ。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
科学者には意思決定を促す力など無いという事は私も理解している。だが彼らの意見は絶対耳を傾けられるべきなのである。 ジェームス・コンカ James Conca ============================= (訳終り) 正直この記事を読んで「トリチウムってそういう物質だったのか」とあらためて知りました。…
Ricky_Elwood @David_R_Stanton
またこの記事は読後感が爽やかですね。衒いのない真面目な文章だと思いました。文章の中に皮肉っぽい表現、そっと潜り込ませた悪意の調味料みたいなものが皆無なんです。例えばCNNの日本関連のニュースを読んでいると「これってイヤミ言ってるんじゃないの?」と思うような表現を発見する事が…
残りを読む(1)

コメント

kadochika @kadochika 2019年9月22日
9sugar そのまま貯めていけばいつかは溢れるので、1そのまま溢れさせる.2どこかに移す.3捨てる.の三択です。1は意味がありませんし、2なんて反トリチウムの人はますます許さない…となったら、できるだけ慎重に3をやるしかないわけです。幸いトリチウムは宇宙から毎年何京ベクレルも地球の海に降り注いでいますので、しっかり二次処理をすれば何の問題もありません。
kadochika @kadochika 2019年9月22日
1も2も3もダメという人は、という人は、まぁその時点で現実逃避しているだけなので…気になる方は二次処理と海洋放出の過程に目を光らせたほうがいいと思いますね
えびやん @sionchr 2019年9月22日
とりあえずALPSが未成熟/機能不全だった時期で、トリチウム以外の放射能物質が含まれる処理水については、再処理して全量検査してから海洋放出してほしいですね。可能であれば第三者機関のエビデンス付きで。
アオカビさん @Penicillium_ch 2019年9月22日
ベストかどうかはさておき、希釈して海洋投棄は現実的で妥当な解だと思う。問題は、「こんどは放射性物質が海に!もう福島産の海産物は食べられない!」「太平洋沿岸の海産物はもうダメだ!」「日本の海産物は輸入できないニダ」とかの科学的根拠に基づかない感情論が振り回されること。これはもうコツコツと説明するのが王道だと思うんで、一つ一つ解決していくしか無いかと。
name @jkgkikllh 2019年9月22日
トリチウム水は性質が水なので生物濃縮がおきないから
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2019年9月22日
本当に一番いい方法はなんとかトリチウムを分離する方法。なんといっても核融合炉の燃料になるので水から分離出来たらノーベル賞ものなので。でもそれが難しいから、じゃあどうする?水と性質が同じで生物濃縮しない。ありふれた物質である。じゃあもう薄めて流そう?となるのが自然であって。故に元々流していた物質であるから、今後も変わらず流そう。というのが最善なのは当然。
わちもふすき @wachimofsky 2019年9月22日
流行りの水素水ってそういう…?
ミキオタナカ(CV 田中幹生) @maniaxpace_mt 2019年9月22日
小学生から放射性物質のこと理科で教えればいいさ。化学系の大学院卒業して漁師になる人はたぶんいないから。
kartis56 @kartis56 2019年9月22日
逆に生物濃縮できるんなら、藻類かなんかの繁殖力あるやつで濃縮して再利用できそうだよね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする