10周年のSPコンテンツ!
178
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
「戦う理由:南北戦争における奴隷所有と従軍」として追加しておいたのだ〜。 ア㊙️イさんのお尻と学ぶ統計学 - Togetter togetter.com/li/1342003
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
奴隷制の存続を巡って争われたアメリカの南北戦争では、南部の「奴隷州」は連合国として戦うことになるんだけど、果たして奴隷の所有者達は奴隷制を守る為に自らも武器を取ったのか?未だに論争が続くこの問題に大規模なデータ分析で迫った研究が最近出版されたのだ。かなり長いまとめなのだ! (1/27) pic.twitter.com/qTdm9QjFzU
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
教科書にもよく出てくるリンカーンによる「ゲティスバーグ演説」(1863年)で有名な南北戦争(1861-65年)は、奴隷制と自由貿易の存続を求める南部と、奴隷制の廃止及び保護貿易を求める北部の間で勃発し、50万人以上の戦死者を出した想像を絶する規模の「内戦」だったのだ。 (2/27) pic.twitter.com/zEGAi0hhfM
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
この南北戦争に関して未だに続いている論争の一つが、「この戦争を戦ったのは誰か?」という問題なのだ。南部で奴隷を所有していた人々が実はあまり従軍していなかった可能性を指して、南北戦争は「金持ちの為の貧者の戦争」とまで言われることもあるのだ。 (3/27) pic.twitter.com/X28wL6VZp3
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
南北戦争中は徴兵制が採用されていて、従軍すればちゃんとある程度の金銭を得ることが出来たのだ。つまり、あまり豊かでない人々には「金の為に」戦うという動機があったと考えられるのだ。じゃあ金持ちの方はどうだったか? (4/27) pic.twitter.com/InmOEv85zy
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
奴隷を所有しているような(相対的に)金持ちにとっては、従軍することで得られる収入は端金でしかないのだ。しかも徴兵制には金を使った抜け道が沢山あったから、金持ちは従軍するか否かを実質的に「選択」することができたのだ。 (5/27) pic.twitter.com/lJxPHPEwf5
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
さらに、奴隷を使って農園を経営している金持ちは、従軍する事で本業を疎かにしなければならなかったはずなのだ。つまり、従軍から得られる利益とその機会費用(本業から得られる利益)を考慮すると、金持ちは戦争に参加する動機があまり無いと考えられるのだ。 (6/27) pic.twitter.com/V6NYmjaMie
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
でもこの南北戦争は何を争って戦われたのか?そう、奴隷制の存続なのだ。もし戦争に負ければ、自分たちの飯のタネになる奴隷を失うかもしれないのだ。こうした「負けた場合の損失」は奴隷を所有しているからこそ生じるものなのだ。 (7/27) pic.twitter.com/t8mxJCg4B3
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
つまり、奴隷を所有しているような金持ちは、理論的には南北戦争を戦う動機も戦わない動機もあると考えられるのだ。じゃあ一体どちらの考えが実態に即しているのか?これは実証的に決着をつけるしかないのだ!ということでいざ実証なのだ! (8/27) pic.twitter.com/auRq7RWRQy
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
この論文ではいくつか分析を行っていて(全部は紹介できないけど)、一つ目の分析では、南部州における1850年のセンサスのデータと当時の奴隷の所有記録、さらに南軍への従軍記録を、氏名や居住地に基づいてマッチングさせたのだ。うぉぉぉ!!!!! (9/27) pic.twitter.com/2hY57t2lTn
拡大
拡大
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
統計分析の結果、南部州では奴隷を所有している人(家計)はそうでない場合と比較して南軍に従軍する確率が高かったことが分かったのだ。 …この分析だけでもホントに十分面白いんだけど、因果推論の観点からはちょっと問題があるのだ。 (10/27) pic.twitter.com/OQwtTy1tN3
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
というのも、奴隷の所有は外性的な変数ではなく、奴隷の所有と従軍のどちらにも影響を与える要因がある可能性は排除出来ないから、ここに示した関係はまだ厳密には因果関係とは言えないのだ。ランダムに豊かさや奴隷の所有が決まるような「くじ引き」があるのがベストなのだ。 (11/27)
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
そこでこの研究が行った2つ目の分析が、まさに「くじ引き」を利用したものなのだ。ジョージア州では、ネイティブ・アメリカンのチェロキー族から分捕った土地が市民に分配されていたのだ。しかもくじ引きで!! (12/27) pic.twitter.com/BOhZBxzbji
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
この研究が注目したのは1832年のくじ引きなのだ。ちょうどこの辺りの時期にチェロキー族の土地には金鉱脈があることがわかり、くじ引きに応募する人が殺到したのだ。くじ引きはジョージア州に3年以上居住歴がある18歳以上の家長なら誰でも参加することが出来たのだ。 (13/27) pic.twitter.com/KuVFNncaF1
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
くじ引きでは「どの土地が割り当てらるか」もランダムに決まったのだ。当選者は一定の手続き料を支払い、土地を貰い受ける権利を得るのだ。ただ、皆がその土地に移り住んだかと言うとそうでもなく、土地の所有権を第三者に売り渡す場合も結構あったみたいなのだ。 (14/27) pic.twitter.com/ymA9IVvt0Y
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
でも何にしろ、このくじ引きではランダムにある誰かが「豊か」になったと考えられるのだ。そしてもしそうして「偶然」豊かになった人が奴隷を買い、後に南軍に従軍しやすくなっていたとしたら、そこには因果関係があると考えていいのだ。 (15/27)
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
その関係を検証すべく、この研究では1832年のジョージア州でのくじ引きの応募者のリストと、先の分析で用いた1850年のセンサス、奴隷の所有記録、従軍記録をマッチングさせ、再び統計分析を行ったのだ。ひぇぇ〜〜!! (16/27) pic.twitter.com/tZPL3pj5hV
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
分析の結果、くじに当たった人はそうでない人と比較して、後に奴隷を所有する確率が高かったことがわかったのだ。その一方で、所有不動産価格はくじに当選したことで上昇した訳ではないのだ。これは、くじで豊かになった人のお金の使い道は奴隷を買うことだった、ということを示唆しているのだ (17/27) pic.twitter.com/4OgjnwTWNH
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
また、くじに当選した人はそうでない人と比較して、従軍する確率が高かったこともわかったのだ。 ジョージア州を対象としたこれらの分析結果は、「奴隷所有」→「奴隷制を守る為に従軍」という因果関係があることを示唆しているのだ。 (18/27) pic.twitter.com/UWaoZV4K94
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
ただ、紛争への参加をもう一度理論的に考えてみると、一つ謎が残っているのだ。奴隷の所有者たちは、何も自分が従軍しなくても他の誰かが戦って勝ってくれるのが一番得なはずなのだ。つまり、自分は従軍というコストを支払うのを避け、他人に「タダ乗り」出来たはずなのだ。 (19/27)
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
筆者たちによれば、このフリーライダー問題を抑制したメカニズムは「社会的圧力」らしいのだ。南軍への従軍者は盛大なパレードで見送られ、連合国に「忠誠」を示すことが社会的に要請される空気があったみたいなのだ。もちろんそうした空気を作り出したのは奴隷制を守りたい金持ちたちなのだ (20/27)
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
その一方で、南部で奴隷を所有していない人々は合衆国からの独立に反対の人が多かったのだ。そんな反対している人たちにまで社会的プレッシャーをかけて戦争に動員している訳だから、そのプレッシャーをかけてる側の金持ちたちも戦争に参加せざるを得なかったのだ。 (21/27)
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
一つ目の分析で用いたデータを群(County)レベルに集計し各群の奴隷所有者の平均従軍人数と、非奴隷所有の平均従軍人数の表した図をみると、両者の間には正の相関関係があることがわかるのだ(45°線よりも上側の値が多いから、群レベルで見ても奴隷所有者の方が参戦割合が高い) (22/27) pic.twitter.com/G336FVZuF5
拡大
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
この正の相関関係は、社会的圧力があったことを示唆しているのだ。もしコミュニティレベルでの社会的圧力による動員が無ければ、両者はそれぞれ別個に参戦を決めるから無相関の筈だし、奴隷所有者が非奴隷所有者に戦争の負担を押し付けていれば、両者には負の相関がある筈なのだ。 (23/27)
ア㊙️イさんのお尻 @bot99795157
その一方で、奴隷所有者たちが社会的圧力によって非奴隷所有者の動員に常に成功していたかと言うと、そうでもないみたいなのだ。各群の奴隷所有率と非奴隷所有者の従軍割合を州別にみると、かなり違いがあることが分かるのだ。 (24/27)
残りを読む(3)

コメント

myo@真面目モード @myomyo01 2019年9月24日
おもしろかったのだ。データから物事を読みとく試みは見てて興味深いですね。
negidakutamago @negidakutamago 2019年9月24日
統計を多角的に分析するとこんなに色々分かってくるのか。金持ちが圧力かけた結果自分たちも従軍しなければならなかったという背景がめちゃくちゃ面白いのだ
いぬだわん @InuWang 2019年9月24日
欧米に大昔からあるノブレス・オブリージュとかはこうした社会的プレッシャーが産んだものなんですかね。
伍長 @gotyou_H 2019年9月24日
まあ、戦争というか戦闘というかを奴隷や貧困層に丸投げすると、全員北側に寝返りましたとか普通に考えられるわけで、「誰一人として南側奴隷使用層がいませんでした」なんて状況にはできないよな。誰がババ引くか(矢面に立つか)というのはあるにせよ。
夢浦忍 @Y_SINOBU 2019年9月24日
純粋に、戦争で手柄を立てて成り上がろうとした貧困層もいただろう。西部劇の時代より前なんだから
ヘルヴォルト @hervort 2019年9月24日
Y_SINOBU そういう従軍兵は数としては多いけど、貧困層全体から見た従軍割合と、奴隷所有者全体から見た従軍割合では後者の方が多かったという話だよ
和菓子 @nkltsl2 2019年9月24日
InuWang ノブレス・オブリージュは、ヨーロッパ王侯貴族の帝王学とキリスト教的倫理観が混ざって生まれたイメージ。 実際の所は詳しくないんで分からないですけど。
和菓子 @nkltsl2 2019年9月24日
nkltsl2 ああでも宗教的倫理観が深く根付いている社会では、それを『社会的圧力』とも解釈できるか。、
あなぐま @badger2635 2019年9月24日
奴隷が解放されたとして、その元奴隷と食い扶持争う事になるのは貧困層なんだよね。奴隷解放は貧困層にとっても死活問題。そのあたりの事情は南アフリカでアパルトヘイト支持してたのが白人の下流層だった、ってあたりからもうかがえる。
かもの ねねみづ @cmnnmz 2019年9月24日
奴隷にまつわる利害で争った戦争を、先住民から奪った土地を売ってやるあたり、アメリカは業の深い国だよなあ。
中山今 @kon_nakayama 2019年9月24日
面白かった! 想像を数字で裏付けるのは楽しいなあ。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2019年9月24日
InuWang ノブレス・オブリージュ発祥の古代ローマで考えると、アエディリスが私財を持ってインフラ整備をやったりするのは、これがローマ政界(選挙で選出)への入り口だったりするのが大きいかと。すなわち人気取り。
枝豆歯車な緋蓮@低浮上? @hiyokurenri688 2019年9月24日
統計データからの考察は面白いなあ。
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2019年9月24日
それはそうとツイ主は「アヒィ」さんと呼べばよいのか。(頭の悪いコメント)
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2019年9月24日
装備自弁の時代が結構あったからなぁノブレスオブリージュ。義務っていうか財産ないと出征出来ない。
シルバー苦労 @nekoga 2019年9月24日
非常に興味深いまとめ。 社会的圧力がどの方向に向くかによって結果が変わるんだよね、そう考えると今の夜に置き換えるとジャーナリズムの持ってる力というのは本当に恐ろしいなと思うわ、特に日本だと同調圧力も強い訳で。まあ戦時中も似たような圧力もあった訳だしな
Oddball @0ddbaII 2019年9月24日
データで読めるのは面白いが、同調圧力なのか?家の財産(奴隷)守る為に戦おうって時にフリーライドはし辛いだろう。むしろそんなでも非所持層からも参戦したのがそれだけ居たってのにいつも驚かされる。奴隷所有割合が高い所は奴隷労働を軸にした経済に非所持層もシッカリ組み込まれてたんだろうね。
しゃけちゃづけ @DdHhhl 2019年9月24日
すっごい読んでて面白かった(小並感)
s.j. @uo_kawa 2019年9月24日
南北戦争は奴隷解放を媒介とした州間の主権争いだから、貧乏人が参戦しても特に不思議ではないかな。それよりも戦後、WWⅡまで南部を経済植民地にしたからな、北部は。南北戦争が奴隷解放が目的だったのなら、何で南部を経済植民地にしたんだろうか?そういえば、原爆投下反対派の反対理由は「日本を徹底的に破壊してしまったら経済植民地にできない」だったけ。アメリカさん素敵w
Stasi(シュタージ) @Mshupigeru 2019年9月24日
逆に北軍は奴隷解放を求めた戦いだったかというと、どうなのだろう?
SRA @SRA02477127 2019年9月25日
お尻さんのこの尻ーズ、楽しく読めてとても好き
障(害者雇用で働くアラ)イさん @hataraku_Arai 2019年9月25日
面白かったのだ。なぜかお尻さんにブロックされてるので久しぶりに読んだのだ。
無意識ファンネル🇯🇵🇫🇮⚓ @muishiki_fun2 7日前
Mshupigeru 北部は工業化して労働力がほしかったという事情があり、南部の富裕層にとっては奴隷は『私有財産』でもあるので、ヨソ様の財産を「俺に寄越せ」ってやっただけですな。 南部の奴隷が全員悲惨だったかというと、『私有財産だから』大事にしたって話も中にはあるので、またそれはそれで別の話ですが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする