佐賀県・福岡県・大分県温泉巡り(2019年6月)

まとめました。
2
shelly @shelly1129

基山ラジウム温泉 昭和31年の分析表によると16.8度、pH6.5、9.431マッヘの放射能泉。主浴槽では加温あり循環ろ過あり消毒ありで利用し、少量の白い小さな湯の華が舞っています。もう一つの浴槽(写真)は水風呂で、こちらは源泉かけ流しで利用。無色透明、無味無臭。暑い日に気持ちいい冷泉です。 pic.twitter.com/DiZFC2CkdI

2019-09-19 21:02:34
拡大
拡大
shelly @shelly1129

天然温泉大木の湯アクアス 町営の日帰り入浴施設。53度、pH8.11、総計2.94gのナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉を一部の浴槽で循環、加水あり、消毒控えめで利用。無色透明、ほぼ無味、露天はほぼ無臭、内湯は気にならない程度の消毒臭、スベスベの湯。露天のジャブジャブな水風呂が気に入りました。 pic.twitter.com/LtCWv52HDt

2019-09-20 20:45:14
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

守美温泉やすらぎの郷やまくに 宿泊もできる入浴施設。32度、pH8.0、総計0.352gの単純温泉を使用。湯使い表示は加温だけ記載ありですが、浴槽内に吸水口があって作動しています。バイブラ用の吸水口ではなさそうです。無色透明、無味無臭の湯で、湯口から加温した源泉と生源泉が交互に出てきます。 pic.twitter.com/DjAU220lTx

2019-09-21 21:20:22
拡大
拡大
shelly @shelly1129

大勢温泉 某温泉紹介書籍で紹介されている施設。分析表別表だけ掲示され、申請者は中津市長となっています。施設自体の管理は地元の方がしている模様。約30度くらいの弱アルカリ性単純温泉をかけ流ししていると思われます。無色透明、タマゴ臭、タマゴ味、弱スベスベ。ぬるくて夏場に最適な温泉です。 pic.twitter.com/Qy8tIGgp5B

2019-09-22 21:05:35
拡大
拡大
shelly @shelly1129

なかま温泉 「道の駅やまくに」に隣接する日帰り入浴施設。分析表別表(H27)しか掲示されていないので詳細は不明ですが、36.5度のアルカリ性単純温泉を加水なし、加温あり、循環ろ過なし、消毒なしで利用しています。無色透明、無味、微かに甘い香りあり、スベスベのいいお湯でした。内湯のみです。 pic.twitter.com/nJraaFH57M

2019-09-23 20:42:34
拡大
拡大
shelly @shelly1129

錦谷温泉せせらぎの郷華じ花 斉藤教授の続大分の極上名湯で紹介されたキャンプ場併設の施設。45度、pH7.1、総計1.272gのナトリウム-炭酸水素塩泉を恐らくかけ流しで利用。湯使い表示はなし。薄茶褐色透明、モール臭、金気味+モール風味、泡つき多め、ローションのようなスベスベのお湯。超オススメ pic.twitter.com/L1GD0J1HR9

2019-09-24 20:48:43
拡大
拡大
shelly @shelly1129

みしま温泉 斉藤教授の「大分の極上名湯」で紹介された日帰り入浴施設。46.3度、pH8.5、メタケイ123mg、総計0.533gのアルカリ性単純温泉を完全かけ流しで利用しています。飲泉コップあり。微黄色透明、弱モール臭、弱モール風味、スベスベ。オーバーフローも多く、気持ちの良いお湯でした。オススメ pic.twitter.com/7Myi5zqnrT

2019-09-25 21:31:49
拡大
拡大
拡大
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?